ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > KG-Chart LE でビーズ織り


 KG-Chart LE でビーズ織り 


(2005年9月)

1.図案作成ソフトウェアを使ってビーズ織り

 自分で図案を作成してビーズ織りを作ろうとすると図案とともに目数表を作る必要がありますが、少し複雑な図案になると目数表を作るのは大変な作業なので、ソフトウェアに頼るのが便利です。
 調べた結果、KG-Chart LE という便利なフリーウェアがあり、図案作成と目数表作成ができるので、使ってみました。


2.KG-Chart LE を使う

  オリジナルの図案を考える前に、「四季のクロスステッチ」(山本イレン著)に載っているクロスステッチの完成図のを参考にし、KG-Chart LE を使って図形作成、目数表作成、ビーズ織り の一連の作業がうまくできるかやってみました。

(1)ビーズの個数と出来上がりサイズを決める
 ビーズ織りのサイズを次のように決めました。
 ビーズ織りのビーズ数 −−− 横95個、縦95個
 ビーズ織りの外形サイズ −−− 横16.3cm、縦13.9cm
  <ビーズ織りのサイズの決め方>
 同じ種類のビーズを使って既に作っているビーズ織りのサイズから、1cm当たりのビーズ数を計算します。横が6.8個/cm、縦が5.8個/cm だったので、同じビーズ数だと縦長になります。この値を使って仕上がりサイズを決めました。

(2)下準備 −−− 完成図をスキャナで読み取る
 スキャナで「四季のクロスステッチ」(山本イレン著)に載っている「冬の村」の完成図(ビーズ織ではなくクロスステッチの完成図)を読み取り、ビットマップファイルを作りました。(図1)
 次に、読み取った画像ファイルをビーズの数に合わせて、横95画素、縦95画素に、リサイズしました。(図2)
 画像が粗いので図はボケてしまい、概略の構図がわかる程度になってしまいますが、これは仕方ありません。
スキャナで読み取った画像
図1 スキャナで読み取った画像

95画素×95画素にリサイズ
図2 95画素×95画素にリサイズ

(3)KG-Chart LE にファイルをインポートする
 KG-Chart LE の画像のインポート機能を使ってこの画像ファイルをインポートします。
このときのインポート条件は、布のカウント数は横6.8目/cm、縦5.8目/cm、図案の大きさは、横95ct、縦95ctにしました。(図3)
画像ファイルをインポートするときの設定
図3 画像ファイルをインポートするときの設定

この設定によりインポートした画像の縦横比は、実際にビーズ織りに仕上げた時と同じ状態(縦長)になります。(図4)
色数は11に指定していましたが、インポートするとなぜか15色になっていました。
画像ファイルをインポートした画面
図4 画像ファイルをインポートした画面


(4)KG-Chart LE で図案を作り上げる
 インポートした画像の外形をもとに、画像の外形を修正し、画素一つ一つの色を決めていきます。(図5)
色はカラーパレットから選択します。この作業を行なう時は、表示設定によりメッシュ(格子)が出るようにしておくとそれぞれの画素がわかりやすいです。
全部で11色を使用して図案を作成しまし。それぞれの色に好きなマーク(記号)を設定しますが、薄い部分は単純な記号にし、濃い部分は複雑な記号にすると、記号で図案の濃淡のイメージが表せます。
記号に数字を割り当てると目数表が見難くなったため、数字は使わないようにしました。
各画素の色を決める
図5 各画素の色を決める
図案作成作業が最も時間がかかりますが、仕掛リ状態の画像はファイル(拡張子はsth)に保存できるので、何日かかけて作成できます。
図案を仕上げる
図6 図案を仕上げる

(5)印刷してみる
 ディスプレイの画面上で図案が出来たら、完成図のイメージ図をプリンタで印刷して確認します。(図7)
ディスプレイの色と印刷した色とは、印刷のパラメータをいろいろ変えてみて試行錯誤してみましたが、なかなか合いませんでした。使用したプリンタが大昔に買ったものなので、最近のプリンタならもっと合うかもしれませんが。
ディスプレイの特性やプリンタの特性が機種によって異なることや、印刷画面は照明の種類(昼間の自然光、蛍光灯、白熱灯)で大幅に変わることなどを考えると、家庭用のディスプレイやプリンタでは完全な色合わせは無理だと思います。
またビーズ織りに仕上げた時の色の感じと、印刷やディスプレイ上での色の感じは微妙に違うので、色は作って見ながら調整するしかない?
完成図のイメージ表示(一部分のみ)
図7 完成図のイメージ表示(一部分のみ)

(6)目数表を作成する
 KG-Chart LE には、使用するビーズの使用量を表示する機能(図8)と、目数表を作成する機能(図9)があります。
ビーズの使用量を表示する機能は、各色のビーズの使用量がわかるので便利です。
目数表の表示は下段から順に表示されます。一段毎の表示が数行になるので少し見にくいです。また3桁の色番号も無いほうが見やすいのですが、仕方ありません。
 とにかくこの目数表をもとに織り機を使ってビーズ織りを行ないます。
ビーズのカウント数表示
図8 ビーズのカウント数表示

目数表
図7 目数表


3.ビーズ織りを仕上げる

 このようにして作った目数表をもとに、ビーズ織りを完成しました(作ったのはシーです)。(図8)
色はかなり違いますが、これは残っていた手持ちのビーズを使ったり、好みで色やパターンを修正した為だそうです。
何の為に色を選んだのかわからない?
 とにもかくにも、オリジナル図案を作成してビーズ織りを作る手順は何とかわかりました。
あとは、色をどうして合わすかという難題がありますが、とにかく好きな図案が自由に作れそうです。
次は、本当のオリジナルのビ−ズ織りのアップを目指します。
ビーズ織りの完成図
図8 ビーズ織りの完成図

【追記】 2005年9月
 KG-Chart のビーズ織り版であるKG-Chart for Bead Weaving (ビーズ織り図案作成ソフト)がリリースされました。代表的なビーズであるデリカビーズとトーホービーズのカラーパレットがサポートされているので、図案の色選択が大変便利になりました。目数表も改善されて大変見やすくなり、十分使えます。なんといっても、必要なビーズの数が計算されて表示されるので、ビーズの無駄がでません。ビーズ織りのビーズは結構な値段がするし、量も多く使うのでありがたいです。お奨めのソフトウェアだと思うので、是非使ってみてください。
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > KG-Chart LE でビーズ織り