ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 尾道の灯りまつり


  尾道の灯りまつり  


(2009年10月)
尾道の灯りまつりを見てきました。
10月10日の夜6時から9時まで、9会場と16の寺で約3万個のローソクが灯されます。寺の境内から参道、寺めぐりの路地までロウソクを灯した灯篭が一面に並んでいて、とても幻想的な雰囲気でした。
会場や寺では、コンサートや落語などの催しを行っており、3連休ということもあって老若男女、多くの人でにぎわっていました。
尾道はほとんど急な坂道ばかりだし、夜ということもあって歩きつかれ、東の方の西国寺や浄土寺の有名どころを見ずじまいになった。
カメラの三脚を持っていかなかったので、少し画像がぼけています。勘弁してください。






夕方5時ごろ着いたので、朱華園(尾道で有名なラーメン店)で腹ごしらえをした。あい変わらず、店先まで客が並んで待っていた。

商店街で、艮神社の行列に出会った。



尾道駅前のベルボール広場 

子供御輿が気勢をあげていた。

6時前になって、ロウソクに火をつけ始めた。

尾道ジュニア吹奏楽団の演奏が始まる。

ベルボール広場の全景。陸橋の上から。




土堂小学校 

尾道のネコ。尾道にはネコがたくさんいて、尾道にネコは欠かせないらしい。しまなみ交流館前で。


小学校入り口の階段の灯り。




持光寺、光明寺、宝土寺 

グランドでは 「光る!おもちボール」 を映写。
大きなビニール袋を空気で膨らませて、それに向かって動く画像を写していた。


持光寺の参道。

持光寺のお堂では、「月夜の灯りコンサート」が行われていた。


光明寺の参道。堂内では光明寄席と称して落語があった。
(桂小春團治、笑福亭呂竹)。有料。



千光寺 

宝土寺の境内。お堂では琴の演奏が行われていた。



千光寺へは、長い長い石階段の参道を上がって行った。
参道の途中から見た尾道の夜景がすばらしい。
手前は天寧寺の三重の塔。

階段に並べられた灯篭には、小学生〜大学生が書き込んだ絵や言葉が映しだされている。

やっと千光寺に着いた。

千光寺から見た尾道水道の夜景はすばらしい。向島の造船所のクレーンも緑色にライトアップされていて、夜見るととてもすばらしい。
向こうに尾道水道を渡る新尾道大橋(しまなみ海道)が見える。
高層ビルのように見えるのは、尾道水道に映った灯り。



妙宣寺、善勝寺、正授院、ゆとりの広場 

妙宣寺のお堂では、リコズトリオのライブ。

善勝寺の参道の灯り。

正授院の境内の灯り。
「ゆとりの広場」のローソクアート。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 尾道の灯りまつり