ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 足守 町並み雛めぐり  


  足守 町並み雛めぐり  


(2011年3月3日)
陣屋町足守(岡山市北区)の町並み雛めぐりを見てきました。
小じんまりした町並みなので雛人形もそれほど多くなく、古いものや珍しいものは少なかったです。足守の各家庭に受け継がれてきたひな人形を集めて、町の観光施設に割り振って飾っているように感じました。保存地区のメイン通りでは、軒下や格子戸に竹筒に入れた小さなお雛様を飾っていて、町をあげて雛めぐりを盛り上げていました。

参考までに: 
足守藩の初代藩主は木下家定で、妹は木下籐吉郎に嫁いだ「ねね」。 家定の姓はもともと杉原であったが、秀吉が天下人になり「ねね」が正室「北の政所」となったため、「ねね」の実家の杉原家が秀吉より木下姓を拝名し、木下家定になった。家定はもと姫路城主であったが、関ヶ原の戦いでは合戦に参加せず、北政所を守護にあたった。関ヶ原の戦いの後、家康により足守に移封され初代足守城主となった。

足守町並保存地区のメイン通り。堂々とした商家が両側に並んでいる。


足守プラザ

足守プラザ。
足守観光の情報はここで入手。レストラン、みやげ店もある。
工房棟では、木工や陶芸の作品作りの体験ができる。

7段飾り。 昭和29年頃。



7段飾り。 昭和39年頃。




木工や陶芸で作ったお雛様。 工房棟で。
備中足守まちなみ館

備中足守まちなみ館。
足守の歴史や名所、旧跡を紹介する写真や、地元で作った木工芸品、
神楽面の展示などがある。

7段飾り。 昭和45年頃。



7段飾り。 昭和30年頃。




押し絵の雛飾り。
雛人形が掛け軸から取り外せるようになっていた。



木目込みの雛人形。

7段飾り。 昭和50年頃。


民家の格子戸や軒下の雛飾り


格子にぶら下げた雛人形。



軒下にちょこっと置いてある雛人形。

これも軒下に飾ってあった雛人形。




藤田千年治邸




藤田千年治邸。
藤田千年治は醤油製造業で成功し、醤油醸造業、肥料商として昭和の初めまで繁栄を続けた。この建物は江戸時代末期に建てられ、明治時代に現在のような本瓦葺、入母屋2階建ての 豪壮な造りとなった。明治時代の商家の形態を残す貴重な建物。




明治期の醤油工場の復元。中央にあるのは醤油のしぼり機。





玄関を入ると、7段飾りがぎっしリ。

7段飾り。 昭和11年頃



7段飾り。 昭和49年頃。



7段飾り。 昭和17年頃



内裏雛。 明治31年頃。



旧足守藩侍屋敷

旧足守藩侍屋敷。
足守藩2万5000石(木下家)の国家老杉原家の屋敷で、江戸時代中期の建築と推定され、武家屋敷の形態をほぼ完全に近い状態で残している。



玄関の間に置かれた7段飾り。




内玄関の間に置かれた7段飾り。

7段飾り。 昭和47年頃
(内玄関の間)


奥の間に置かれた7段飾り。



岡山市立足守公民館 足守地域センター


岡山市立足守公民館 足守地域センター。
足守は岡山県北区に所属する。




足守地域センターの入口に置かれた雛飾り。
(ガラス越し)



岡崎邸


岡崎邸。




格子の隙間から写真をとった。
郵便局




足守の郵便局。





内裏雛。 昭和11年頃。
入口を入ったところにこれだけ展示してあった。



近水園

近水園(おみずえん)。
旧足守藩主木下家の庭園。足守川の水を庭園の池に引き込んでいるところから
近水園というらしい。池には、鶴島、亀島がある。岡山県の指定名勝になっている。

7段飾り。年代記載なし。
近水園の池に面して建てられている吟風閣に展示してあった。


旧藤田邸


旧藤田邸。足守プラザの右隣りにある。
藤田千年治邸との関係は? 聞くのを忘れた。



雛飾り。 昭和35年頃。




7段飾り。 年代記載なし。

7段飾り。 昭和39年頃。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 足守 町並み雛めぐり