ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 阿波踊り


  阿 波 踊 り   


(2008年8月)
 テレビでしか見たことが無かったので、徳島の本場の阿波踊りを見てきました。(2008年8月12日)
読売旅行の日帰りツアーに参加しましたが、バスは2台で、出発は11時20分福山発、帰ったのは深夜の24時前。
昼間は「アスティとくしま」で、阿波踊りの実演を見て(14:00〜15:00)、夜は「南内町演舞場」の有料席で楽しむ。
有料、無料の演舞場がたくさんあり、街は祭り気分一色で大変な賑わい。連の数もすごく多いが一体いくつぐらいあるのだろうか。
下をクリックすると、阿波踊りのサウンドが聴けます。(MP3ファイル)
ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生


アスティとくしま  
 
アスティおどりひろば(有名連と踊れる4日間)
徳島県観光協会主催。 無料。

有名連の阿波踊りの実演



阿波踊りの説明。姿勢が大事で、一直線に筋が通っていること。



男踊りは、相手に攻撃を仕掛けるかまえ。



女踊りの脚さばきは、自転車をこぐ要領。



最後に、有名連と一緒に踊る。


南内町演舞場にて  

 指定席はA席で、踊りが出て行く側に近いところ。
座席は最上段だったので、全体がよく見えた。


一番手は藝茶連の演舞。



うずき連の演舞。


眉山連では、映画に出演した宮本信子さんも参加。



サントリー・ザ・プレミアムモルツ連には林家一平が参加。



娯茶平の演舞。



日亜連では三味線、鉦、笛などに発光ダイオイードをつけて
光らせていた。(日亜化学工業は青色発光ダイオードで有名)


阿波扇の扇踊り。



まんじ連の整然とした踊りはみごとできれい。
着物に卍のマークがついている。



まんじ連の男踊り。




扇連の演舞。



トリは、えびす連。えびす連の女踊りも整然としてきれい。



えびす連の男踊り。
他にもたくさんの連がつぎつぎと出てきた。 
企業の連も多く、宣伝だけが目に付くものもあった。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 阿波踊り