ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 矢掛の大名行列


  矢掛の大名行列  


(2004年11月)
 旧山陽道の宿場町矢掛(岡山県矢掛町)で毎年11月の第2日曜日に行なわれる大名行列を見に行きました。矢掛商店街沿い(旧街道筋)に本陣(石井家)と本陣の予備である脇本陣(高草家)が残っており、いずれも国の重要文化財になっています。本陣と脇本陣が揃って残っているのは、全国でもここだけだそうです。大名行列の役者は町の関係者ばかりで、「したにー、したにー」 の声に合わせゆっくりと、そして粛々と進みます。その中でも奴頭が見栄を切るパフォーマンスと、奴から奴に毛槍を投げて渡すパフォーマンスが大人気です。大名行列は昭和51年から行なわれているそうですが、物産市や屋台も各商店街を始めとする地元の人の出店が中心で、町を上げて行なっている様子がよくわかります。大好きな大名行列の一つです。
 矢掛の町は、道路や建物が昔の趣を残したまま整備され、行く度にきれいになっています。




   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 矢掛の大名行列