ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 電脳迷路ゲーム


  電脳迷路ゲーム  


(2004年1月)
 正月休みに息子家族が帰郷したとき、電脳迷路ゲームなるものを持ってきました。直径が20cm弱のプラスチック球の中に、パチンコ玉ぐらいの金属ボールを転がすレールが複雑に組み込まれていて、レールの一本道を始点から終点まで落とすことなく転がしていくものです。
 レールの両側にガードがついていたりいなかったり、上がったり下がったり曲がったり、下に配置されたレールに落としたりでけっこう難しい。終点まで100ステップあってレールに番号が書いてある。1〜25までがレベル1、26〜59までがレベル2、60〜100までがレベル3となっていてだんだん難しくなります。

 プラスチック球を両手に持って、前後左右に傾けながら金属ボールを転がしていくが、金属球が見えにくくなって、傾けて見ようとすると手がおろそかになりポトンと落ちて初めからやり直し。何回もやっているうちに傾ける角度や転がすスピードなどがわかってきて、なんとかレベル2まで出来るようになりました。しかしレベル3がどうしても出来ない。しかもこの電脳迷路ゲームは、いらいらさせる音まで出します。同じように始めた娘は早々と100まで出来、ゲーム機についているタイマーで完了時間を競っています。やはり年とともに集中力が悪くなっているためか。

電脳迷路ゲーム本体の画像


こんな音が出ます。(MP3ファイル)

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生


なぜ失敗するかを考えてみると、
1.最初はコースがわからないので、ボールがどこへ行ったのかに気をとられてしまい、傾きなどがおろそかになる。これは何回もやっているうちにわかってきた。
2.どの方向にどのくらい傾ければよいかのノウハウが未熟。もっとも安全な角度や速度があるはず。
3.どれくらい傾いているかの監視が不十分。これはボールを目の高さに置けば傾きがよくわかることに気がついた。
4.集中力が持続できない。いままで出来ていたところが急に出来なくなることがたびたびあり、そのとき初めて気を抜いていたことに気が付く。集中力の持続は難しい。

 屁理屈だけはこねてはみるがやはりできない。もう少しと言うところでポタンと下に落ちることが度重なり、だんだんいらだってきます。冷静さの持続が出来ません。日ごろの生活の縮図みたいなものです。

 息子はこの憎らしい電脳迷路ゲームを置いて帰ってしまいました。どうも、やりだすといつまでもこれにはまってしまう為らしい。私も最初ははまってしまったが、とうとう100まで出来ず、今は部屋の片隅に転がっています。

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 電脳迷路ゲーム