ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)デジカメ画像をハイビジョンテレビ(HDTV)で見る


  デジカメ画像をハイビジョンテレビ(HDTV)で見る  


(2010年7月)
 デジカメ画像は印画紙に焼いて見るより、テレビで見る方がよっぽどきれいである。画面が大きいうえ、色やコントラストの再現性がよいのでこんなものまで写っていたのかと思うことがよくある。特にハイビジョンテレビでデジカメ画像を見るとなんとも美しい。
【参考】ハイビジョンというのはNHKの登録商標で、一般的な名称はHDTV(High Definition Television 高精細度テレビジョン放送)という。

 フォトフレームを購入して見る方法もあるが、画面が小さく中途半端だ。せっかく大画面テレビの時代になったのだからこれを使いたい。我が家もようやくハイビジョンテレビとブルーレイディスクレコーダを購入した。ハイビジョンテレビは去年購入したが、SDカードでデジカメ画像を見ることのできる液晶テレビという条件にこだわって、パナソニックのTH−L37G1(37インチ。40インチ以上はプラズマしかなかった)にした。他には三菱と日立のものがSDカードでデジカメ画像を見ることができたが、パナソニックの操作性が最も良さそうだったのでこれにした。
 今年はブルーレイディスクレコーダを購入したがテレビとの相性を考えてやはりパナソニックのDMR−BW680(500GB)にした。このレコーダでもSDカードでデジカメ画像を見ることができるが、CDまたはDVDででもデジカメ画像を見ることもできる。

 ハイビジョンテレビでデジカメ画像を見るにはいろいろな方法があるが、やってみるとどれも一長一短があった。
いろいろやってみた結果をまとめてみた。

【方法1】 デジカメ画像ファイル(JPEG)をSDカードやCDにそのまま書き込む

1.デジカメ画像を整理してホルダーに分けているが、そのホルダー名がくせもの
 デジカメ画像をパソコンに取り込んで、フォルダーを作って整理している人は多いと思う。パソコン上では、フォルダーを選択してスライドショーを楽しむのは当たり前にできるが、ハイビジョンテレビやブルーレイディスクレコーダではホルダー名やファイル名によってはうまくいかないことがある。フォトフレームやDVDプレ−ヤでも、「パソコンで編集した画像は再現できないことがあります」と書いてあることが多いが、これと同じ理由からだ。
 一般にデジカメ画像データは次の二つの規定に従って作られている。一つはEXIF(Exchangeable digicame-hdtv file format)で、画像ファイルそのものの様式を規定する。もう一つはDCF(Design rule for Camera File system)で、メディア間の互換性を確保するためのデータ構成を規定する。このうち、最低でもDCFで規定されているファイル名とディレクトリ名(ホルダー名のこと)を規定に合わすことが必要である。
 ファイル名やディレクトリ名に使用できる文字は、半角数字 、半角英大文字、アンダーバー( _ )のみで、半角英小文字を使用した場合は大文字として扱われる。

(1)画像ファイルのファイル名
4文字の英数字+ 4桁の連番数字 (0001〜9999)+.拡張子 (JPG)で構成する。
デジカメが出力する画像ファイル名をそのまま使えば問題ない。私の持ってるカメラでは、02110007.JPG(2月11日の7番目の画像の意か?)や IMG_0124.JPG(124番目の画像の意か?) となっていた。いろんなファイル名が混在するときや、スライドショーの表示順を変えたいときは、この規定に従って番号を書き変える。

(2)ルートディレクトリ名
ルートディレクトリ名はDCIMで固定。DCIMはDigital Camera digicame-hdtvs の頭文字をとったもので、全てのサブディレクトリ、画像データはこのDCIMホルダー内に入れてある。

(3)サブディレクトリ名
 100〜999までの3 桁の数字+ 5文字の英数字で構成し、3桁の数字は重複してはいけない。
私の持っているキャノンのデジカメでは、 2010_07_20 のようになっていた。アンダーバー( _ )を取り除けば規定通りだがこれはどうなのか?

(4)規定に合致しないファイル名やサブディレクトリ名の扱い
 カメラファイルシステムDCF2.0(2010年版)の規定をみると、規定に合致しないファイル名、サブディレクトリ名は無視してもよいことになっている。ということは、無視せずに表示してもよいということか? 実際にやってみた。

2.テレビ(TH−L37G1)とSDカードでデジカメ画像を見る
 ハイビジョンテレビ(TH−L37G1)の取扱説明書には、パソコンで編集したJPEG画像も見ることができると書いてある。ただし、文字数はサブディレクトリ名もファイル名も半角で8文字となっている。
実際にどうなのか、表1のような簡単なデジカメ画像データを作って表示させてみた。

  表1  デジカメ画像データ   
サブディレクトリ名
(3 桁の数字+ 5文字の英数字)
DCF適合 画像ファイル名
(4文字の英数字+ 4桁の連番数字)
DCF適合 結果
20100913 09130001.JPG
IMG_0551.JPG
ダリヤ01.JP
0913ダリヤ祭り IMG_0552.JPG
IMG_0565.JP
ダリヤ祭り IMG_0561.JPG
IMG_0584.JPG

サブディレクトリ名、画像ファイル名ともいろいろな形にしたが、結果はDCFに適合していないものも含めて全て表示できた。ルートディレクトリ「DCIM」は、あってもなかっても同じように表示できた。ただ、サブディレクトリ名やファイル名は半角で8文字以内(全角は2文字と計算)なので、それを超える部分は切り捨てられて表示された。例えば「0913ダリヤ祭り」は「0913ダリ」としか表示されない。
 実際のテレビ画面を下図に示す。全デジカメ画像の一括一覧表示とサブディレクトリの一覧表示があり、リモコンのサブメニューボタンで切り替える。
サブディレクトリの数や画像ファイルの数が多いときは1画面には入りきらないので、画面をスクロールして表示させる。スライドショーもできるが、スライドショー中の一時停止はできない。

全デジカメ画像の一括一覧表示


サブディレクトリの一覧表示

 この方法は、パソコン内で整理したフォルダー名と画像ファイル名をそのまま表示できる。しかし、フォルダー名が前部から日本語4文字しか表示されないので、内容がわかりにくい。


3.ブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)とSDカードでデジカメ画像を見る。
 ブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)に、同じSDカードを挿入してみた。この場合も、サブディレクトリ名やファイル名がDCF規格に合っていなくても全画像を見ることができた。ただしファイル名は元の名称ではなく、4桁の数字が順番に振られる。ルートディレクトリ「DCIM」は、あってもなかっても同じように表示できた。
 実際のテレビ画面を下図に示す。ブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)の場合は、全サブディレクトリ内のJPEG画像の一括一覧表示しかできず、フォルダー毎の分類表示はできない。これでは、その日に撮ってきたデジカメ画像をちょっと見てみる用途ぐらいにしか使えない



4.ブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)とCDでデジカメ画像を見る。
 ブルーレイレコーダ(DMR−BW680)に、同じデジカメ画像データを書き込んだCDを挿入してみた。この場合も、サブディレクトリ名やファイル名がDCF規格に合っていなくても全画像を見ることができた。サブディレクトリは一覧表示され、しかもサブディレクトリ名は日本語も含めて全部を表示できる(下図左)。任意のサブディレクトリを選択して決定ボタンを押すと、そのサブディレクトリ内のJPEG画像の一覧が表示される(下図右)。ただし画像ファイル名は元の名称ではなく、3桁の数字に置き換えられる。

サブディレクトリの一覧表示


選択したサブディレクトリ内のデジカメ画像一覧表示

 サブディレクトリの階層をもうひとつ増やしても表示できた(下図)。パソコンでは画像を年度ごとに大分類して整理しているので、その分類がそのまま使える。また、この場合もルートディレクトリ(DCIM)は無くても問題なかった。スライドショーもできるが、これもスライドショー中の一時停止はできない。


 デジカメ画像(JPEGファイル)をSDカードやCDに書き込む方法は、フルハイビジョン画質(1920画素×1080画素)をそのまま生かせるため、画質は非常にきれいである。後は使い勝手であるが、やはりブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)とCDでデジカメ画像を見る方法が最も良さそうだ。 しかし一般に、ブルーレイディスクレコーダ、DVDプレーヤ、フォトプレーヤなどではDCF規格外のホルダーをまじめにサポートしているものは少なそうである。量販店で聞いてみると、「パソコンをテレビに接続して表示させればいいよ」と言われた。そのくらいのことはわかっているのに!


【方法2】 デジカメ画像をDVDに書き込む

1.デジカメ画像をDVD−video 形式でDVDに書き込む
 デジカメ画像をDVD−video形式(市販のDVDと同じ形式)でDVDに書き込む方法は、以前にデジカメ画像をTVで見る(DVD−R) に記載している。この方法だと互換性は問題なく、どこに持っていっても正常に動作するだろうが、やはり画質が悪い。DVDの解像度は720画素×480画素で、ハイビジョンテレビの解像度は1920画素×1080画素(フルハイビジョンの場合)なのだから当然である。
目で見てどのくらい違うかを実感するため、DVD−video の場合と、CDにデジカメ画像(JPEG)を書き込んだ場合とについて、ハイビジョンテレビ(DMR−BW680)で比較してみた。
 下図にテレビ全画面とその一部を拡大した画面について、それぞれの比較を示す。樹木の枝や瓦のくっきりさが全く違うことがわかる。実際のテレビを見たときの感じは、この図以上に差がある。ハイビジョン画質を見なれると、DVD−videoの画質はもう見られなくなる。

テレビ全画面(DVD−video形式)


テレビ全画面(CDにJPEG画像書き込み)



部分拡大(DVD−video形式)


部分拡大(CDにJPEG画像書き込み)



2.デジカメ画像をAVCHD 形式でDVDに書き込む
 ハイビジョン画質でDVDに書き込む方法として、AVCHD型式でDVDーRに書き込む方法がある。
 AVCHDは、パナソニックとソニーが中心になって策定したハイビジョンビデオカメラの記録方式で、国際標準規格ではない。しかしこの方式はデファクトスタンダードとなっていて、多くのブルーレイディスクレコーダや動画編集ソフトがAVCHDをサポートしている。デジタル放送の記録方式であるAVCRECは、コピーガードなどがあって簡単にはパソコンで編集できないが、AVCHDなら多くの動画編集ソフトで編集できる。
 動画編集ソフトの一つである Corel VideoStudio12 を使って、AVCHD形式でデジカメ画像をDVD−Rに書き込んでみた。なおハイビジョンには1920画素×1080画素(フルハイビジョン。BSデジタルの画質)と1440画素×1080画素(ハイビジョン。地上デジタルの画質)とがある。
 下図は、AVCHD形式(1440画素×1080画素)で、デジカメ画像をDVD−Rに記録した時のテレビ画面の図であるが、CDにデジカメ画像(JPEG)を書き込んだ時とほとんど同じくらいのよい画質である。(1440画素×1080画素なので、1920画素×1080画素よりはわずか画質が劣る)
 しかしパソコンでAVCHDにエンコードするのにものすごく時間がかかる。DVD−videoの場合の何倍もかかるので最高性能のパソコンを購入しないとできそうにない。
AVCHD形式で1920画素×1080画素にするのは設定だけの問題なので簡単であるが、それよりもエンコードするのにさらに時間がかかる。
テレビ全画面(AVCHD形式 1440画素X1920画素)


部分拡大(AVCHD形式 1440画素X1920画素)


 AVCHD形式では、DVDを作成するのに長時間かかるという欠点の他に、もうひとつ問題があった。
ルートメニュー(2007年、2008年、2009年と年度で分類)とチャプターメニュー(各年度ごとに含まれる複数のホルダーで分類)を作り、Corel VideoStudio12 のプレビュー画面で動作させるとメニューは正常に動作したが、DVDーRに書き込んでブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)で動作させると、メニュー動作が正常には動かなかった。DVDを挿入したときはルートメニューが出て、ルートメニューからチャプターメニューに、チャプタメニューからデジカメ画像にと正常に動作するのに、いったんデジカメ画像表示状態になるとチャプターメニューまたはルートメニューに戻すことができない。そもそもチャプターメニューまたはルートメニューに戻すボタンが表示されない。
そこでDVD−videoで同じメニューを作ってみると、この場合はチャプターメニューまたはルートメニューに戻すボタンが表示され、メニュー画面に正常に戻すことができる。よほどなやんだあげく、パナソニックに問い合わせたら「そういう仕様です」とにべもない。Corel VideoStudio12のプレビュー画面では正常に動作するのに、いったいAVCHDの仕様はどうなっているのだろうか?

【結論】

 当面の結論としては、ブルーレイディスクレコーダ(DMR−BW680)とCDでデジカメ画像を見る が最も良さそうだ。パソコン内に整理してある画像ファイルを、ほとんどそのままの状態でCDに書き込んでハイビジョンテレビでみることができる。作業時間も少ない。
欠点は、他メーカのブルーレイディスクレコーダやDVDプレーヤでは正常に動作しない可能性が高い。

どうしても互換性を考えるなら、
(1)フォルダー名および画像ファイル名をDCF規格に合わせ作りかえ、SDカードかCDに書き込む。フォルダー名がわかりにくくなるのは仕方がない。
(2)DVD−video型式でDVDを作る。画質が悪くなり、作業時間がかかるのは仕方がない。
 ただしDVD−videoの場合は、デジカメ画像毎に好きな音楽をバックグラウンドに入れる、凝ったトランジッション効果を入れる、ズームやパン動作を加えて動画のような動きにするなど、面白いことが自由にできる。結婚式や各種行事のDVDディスクを作るのには適している・・・・ と思っているだけで、とにかく作業時間がかかるのであまりやっていないのが現状です。(笑)
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)デジカメ画像をハイビジョンテレビ(HDTV)で見る