ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > デジカメ画像のサムネイル表示について


  デジカメ画像のサムネイル表示について  


(2010年11月12日更新)
 デジカメ画像を画像処理ソフトで見るとき、普通はサムネイル画像で見たい画像を選択することを行う。そのため、画像処理ソフトの多くはサムネイル作成機能を持っていて、主画像を縮小してサムネイル画像を作成し、一覧表示することができるようになっている。
 一方、デジカメで撮影した画像データ(JPEGファイル)は、DCF(Design rule for Camera File system)というフォーマットで作成されている。DCFはEXIFを基本にして定義したものであり、JPEGファイルの中にデジカメの主画像とは別にサムネイル画像も組み込めるようになっている。
 一部の画像処理ソフトやフォトフレームでは、画像を一覧表示するときに主画像から作成したサムネイル画像を使うのではなく、画像データ(JPEG)の中に組み込まれているサムネイル画像をそのまま表示する。

 「デジカメ画像の回転(EXIF)について」のページで、横向きのデジカメ画像は縦向きに回転し、同時にEXIFの画像方向タグを1に変更することによって、どのような画像処理ソフトやフォトフレームを使った場合でも画像を正立させて閲覧できることを書いた。しかし回転させるのは主画像だけで、JPEGファイルの中に組み込まれたサムネイル画像がどうなるかについてはあまり考えなかった。DCF2.0(2010年版)ではサムネイル画像は「横画素数160画素、縦画素数120画素としなければならない」決められているので、基本的にはサムネイル画像を90度回転させてことはDCF規格に違反することになる。しかし横向きになったサムネイル画像を見て、そこから目的の画像を選択するとなると首を横にして見ないと見にくい。

 そこで、主だった画像処理ソフトではサムネイル画像をどのように表示しているのか、またサムネイル画像も主画像と同じように正立させるにはどうすればよいかについて調べてみた。

1.テスト用JPEGファイルの作成
 画像処理ソフトでサムネイル画像を見たとき、その画像が画像処理ソフトが主画像を縮小して作成したものか、JPEG内に組み込まれたサムネイルを表示しているのかの判断は、画像を見ただけでは困難である。そこで、主画像と組み込まれたサムネイル画像を別の画像にしたテスト用のJPEGファイルを作成した。
 図1が作成したテスト用JPEGファイルで、右回転-6はデジカメを90度右回転したとき(画像方向タグ値は6)、左回転-8はデジカメを90度左回転したとき(画像方向タグ値は8)、水平-1はデジカメを水平にしたとき(画像方向タグ値は1)の画像ファイルである。いずれのファイルも組み込んだサムネイル画像にはThumbnailの文字を付け加えて区別できるようにした。これらのファイルは、F6Exifのサムネイル画像作成機能(主画像をもとにサムネイル画像を組み込む)、EXIF削除機能、及びEXIFインポート機能 を使用して作った。

Jpegファイルの名称 右回転-6.jpg 左回転-8.jpg 水平-1.jpg
画像方向タグ値 6 (右90度回転) 8 (左90度回転 1 (水平方向)
主画像
(画像サイズ 横×縦)

2592×1944

2592×1944

2592×1944
組み込みサムネイル画像
(画像サイズ 横×縦)

160×120

160×120

160×120
図1.テスト用JPEGファイル


2.画像処理ソフトのサムネイルの表示方法
 図1のテスト画像を使って、いろんな画像処理ソフトがサムネイルをどのように表示するのか調べてみた。

(1) IfranView32
  IfranView32の画面で、ファイル(F) → サムネイル(T) をクリックし、目的のホルダーを選択すると図2のように主画像を縮小したサムネイルが表示される。サムネイルの画像の向きは、画像方向の値に従って回転されて表示される。(右回転-6と左回転-8の画像が回転して表示されている)
 このとき、オプション(O) → 基本設定(P) → JPEG/PCD/GIF → JPEGの表示方法 で、「EXIF情報に合わせて画像を自動回転」のチェックを外すと、図3のように回転しないままのサムネイル画像が表示される。


図2.EXIF情報に合わせて画像を自動回転」のチェックを入れたときのサムネイル画像


図3.EXIF情報に合わせて画像を自動回転」のチェックを外したたときのサムネイル画像


(2) JTrim
 JTrimを起動した画面で、ファイル(F) → サムネイル表示(T) をクリックすると図4の画面が出る。
 図4の画面で 表示(V) → ホルダー変更(D) をクリックして目的のホルダーを選択すると、主画像から作成したサムネイル画像が表示される。サムネイルの画像の向きは主画像の向きと同じで、回転表示機能はない。


図4.JTrimのサムネイル画像

(3) Vix
  Vixを起動して目的のホルダーを選択すると、図5のサムネイル画像が表示される。これも主画像から作成したもので、画像の向きも主画像の向きと同じで回転表示されない。


図5.Vixのサムネイル画像


(4) F6 Exif
 F6 Exif の画面で、ツール(T) → サムネイルビューア(T) をクリックし、目的のホルダーを選択すると図6のサムネイル画像が表示される。
F6 Exif の場合はJPEGに組み込まれているサムネイル画像を表示し、画像の向きは画像方向の値に従って回転して表示する。
 ただしEXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合は、主画像から作成したサムネイル画像が表示された。


図6.F6 Exifxのサムネイル画像
(5) ExifReader
  ExifReader の画面で、ファイル(F) → ファイルを開く(O) をクリックし、目的の画像ファイルを選択すると、図7のようにサムネイル画像が表示される。図7は右回転-6.jpg を選択した場合で、JPEGに組み込まれたサムネイル画像を、画像の向きは回転させずにそのまま表示している。
 EXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合は、何も表示せず「エラー EXIF情報がみつかりません」のメッセージが出た。


図7.ExifReaderのサムネイル画像

(6) AZURE automatic
 AZURE automatic は、画像ファイルを画面の右上部に画像ファイルをドラッグすると、画像ファイルの画像方向タグが1でない場合、タグ値に応じて画像を回転させて保存するソフトウェアである。
 図7は右回転-6.jpg をドラッグした場合で、ドラッグするとすぐに主画像を右回転してresultホルダーに保存する。このときサムネイル画像の回転も行うかどうかの選択ができ、図8はサムネイル画像も回転させる場合を示す。図8は回転処理後の図であるが、サムネイル画像は回転前の状態で表示されたままになっている。
  図8の処理でできた画像ファイルは、主画像、組み込みサムネイル画像ともに90度右回転されているはずで、実際に処理後の画像ファイルを同じようにAZURE automaticにドラッグすると、図9のように表示され、組み込まれたサムネイル画像が縦向きになったことが確認できた。図8の処理で画像方向タグ6は1にリセットされているので、図9の処理では主画像、サムネイル画像とも回転しない。

【備考】
図8、図9の画面で、「サムネイル画像の横回転を許すとDCFの規格外になる」と記載されているが、DCFではサムネイル画像は「横画素数160画素、縦画素数120画素としなければならない」決められていので、90度回転すると横画素数120画素、縦画素数160画素となり、厳密には規格外ということになる。


図8.右回転-6.jpg をドラッグしたとき


図9.右回転-6.jpgを90度右回転したファイル をドラッグしたとき

念の為、図8で右回転処理したJPEGファイルのサムネイル画像をExifReaderで見てみると図10のようになった。サムネイル画像は縦向きになっているが、画像の表示領域が横が160画素、縦が120画素になっているらしく、縦方向の下部が切れ、横方向の右側が空白の状態で表示されている。

図10.右回転-6.jpgを90度右回転したファイル をExifReader で見たときのサムネイル画像

 AZURE automatic は、EXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合は何も表示しなかった。



(7) Photoshop
 Adobe Photoshop(CS3)でサムネイル表示するにはBridgeを使うが、Bridgeではサムネイルの表示方法を切り換えられるようだ。Bridgeのメニューから「編集 → クイックサムネイル」を選択すると、JPEGに組み込まれたサムネイルを表示し、「編集 → 高画質サムネイル」を選択すると主画像を縮小して生成したサムネイルを表示する。いずれも画像の向きは画像方向のタグ値に従って回転して表示する。図11は、クイックサムネイルの場合の表示である。ただしクイックサムネイルを選択していても、なにか操作していると勝手に高画質サムネイルに変わってしまうことがある。
 Photoshopで画像を開くと画像方向のタグ値に従って回転して表示するが、その状態でコントラスト補正、色補正などの画像処理を行って保存すると、画像の向きは回転後の向きのままにし、画像方向タグを1に変更して保存する。しかも組み込みサムネイルは、この保存する主画像を縮小して作成したものに変えているようだ。いままでPhotoshopを長いこと使っているが知らなかった。
 EXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合は、主画像から作成したサムネイル画像が表示された。

図11.Adobe Brigerのサムネイル画像

(8) ZoomBrouserEX
 キャノンのデジカメを買った時についてくるZoomBrouserEX (V6.31)の場合は図12のようになった。
ZoomBrouserEXでもJPEGに組み込まれているサムネイル画像を表示し、画像の向きは画像方向タグの値に従って回転して表示する。回転したことを示す回転マークまで表示してあり、さすがデジカメのメーカーである。右回転-6.jpgも左回転-8.jpgも同じマークになっているが、欲を言えば、回転方向まで区別して表示したいところだ。
主画像と組み込みサムネイルの画像の向きが異なっている画像ファイル(例えばVixで主画像を回転させたときなど)の場合は、組み込みサムネイルを表示せず、主画像を縮小して作成したサムネイルを表示した。またEXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合も、主画像から作成したサムネイル画像が表示された。

図12.ZoomBrouserEXのサムネイル画像
(9) 地デジテレビ VIERA
 我が家のパナソニックの地デジテレビVIERA(THL−L37G1)は、静止画を表示することができる。VIERAにSDカードを挿入して同じテスト画像のサムネイルを表示させた。VIERAの場合も、図13のようにJPEGに組み込まれているサムネイルを表示する。画像の向きは画像方向タグの値に従って回転せず、そのまま表示している。
 パナソニックのブルーレイレコーダー(DMR−BW680)についても確認したが、SDカード、CDのいずれの場合もVIERAと同じようにJPEGに組み込まれているサムネイル画像を回転せずにそのまま表示した。
 これもEXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合は、主画像から作成したサムネイル画像が表示された。

図13.地デジテレビ VIERAのサムネイル画像
(10) Windows XP
 最後にWindowsXPについても調べてみた。WindowsXP(Windows Picture and Fax Viewer)の場合も図14のように、JPEGに組み込まれているサムネイル画像を表示する。画像の向きは画像方向タグの値に従って回転せず、そのまま表示している。
 ただし、主画像と組み込みサムネイルの画像の向きが異なっている画像ファイルだけは、組み込みサムネイルを表示せず主画像を縮小して作成したサムネイルを表示した。
 EXIFのない画像ファイル(組み込みサムネイルがない画像ファイル)の場合は、主画像から作成したサムネイル画像が表示された。

図14.WindowsXPのサムネイル画像


3.画像処理ソフトのサムネイルの表示方法のまとめ
 下表の通り、画像処理ソフトによってまちまちであった。
 JPEGに組み込まれているサムネイルを表示する画像処理ソフトでも、EXIFのない画像ファイル(従って組み込みサムネイルもない)に対しては、主画像を縮小して表示した。(ExifReaderとAZUREautomaticはサムネイルを表示しなくなるが、ソフトの目的からして表示しなくて当然であろう)

画像処理ソフト名称 サムネイルの表示方法 サムネイルと主画像の
画像の向きが異なるとき
画像方向タグ情報に合わせたサムネイル画像の
回転表示
EXIFがない画像ファイルの
サムネイル表示方法
Irfanview32 (V4.25) 主画像を縮小 --- 回転表示する、回転表示しないの選択ができる 主画像を縮小
Jtrim (V1.53) 主画像を縮小 --- 回転表示しない 主画像を縮小
Vix (V2.21) 主画像を縮小 --- 回転表示しない 主画像を縮小
F6 Exif
(サムネイルビューア)
JPEG組み込みサムネイル画像を表示 JPEG組み込みサムネイル画像を表示 いずれも回転表示する 主画像を縮小
ExifReader JPEG組み込みサムネイル画像を表示 JPEG組み込みサムネイル画像を表示 回転表示しない 「エラー EXIF情報がみつかりません」のメッセージが出る。
AZURE automatic JPEG組み込みサムネイル画像を表示 JPEG組み込みサムネイル画像を表示 回転表示しない サムネイル画像を表示しない
Photoshop (CS3)
(Bridge)
・JPEG組み込みサムネイル画像を表示(クイックサムネイル選択時)
・主画像を縮小して作成(高画質サムネイル選択時)
同左 いずれも回転表示する 主画像を縮小
ZoomBrouserEX (V6.31) JPEG組み込みサムネイル画像を表示 主画像を縮小 いずれも回転表示する
(回転表示のマークが付く)
主画像を縮小
地デジテレビ 
VIERA
JPEG組み込みサムネイル画像を表示 JPEG組み込みサムネイル画像を表示 回転表示しない 主画像を縮小
WindowsXP
(Windows Picture and Fax Viewer)
JPEG組み込みサムネイル画像を表示 主画像を縮小 回転表示しない 主画像を縮小


4.主画像、サムネイル画像とも正立して表示できるようにする
 我が家ではデジカメ画像は地デジで見ており、プリントは必要な時に必要な画像だけプリントすることにしている。しかし前記したようにVIERAではサムネイルが画像方向タグ値に従って回転しないので、横向きになったサムネイルは見にくい。
 横向きなったデジカメ画像は、主画像、組み込みサムネイルも縦向きに回転させて正立させ、同時にEXIFの画像方向タグを1に変更すれば、主画像もサムネイルも見やすくなる。

 組み込みサムネイルを何らかの方法で回転や変更のできるソフトは、ここで取り上げたものの中では次の3つだけである。、
F6 Exif  ----- 主画像から組み込みサムネイル画像を作成してJPEGに組み込む
AZURE automati ----- 主画像と組み込みサムネイルを、画像方向タグに従って同時に回転して保存し、画像方向タグを1に変える。
               (ホルダー内画像ファイルの一括処理も可)
Photoshop ----- 主画像を画像方向タグに従って回転して保存し、画像方向タグを1に変える。組み込みサムネイルは、保存する主画像を
             縮小して作成したものに変える。

いろいろやってみると、以下の方法が最も便利であった。

(1) AZURE automaticで一括回転処理を行う
 AZURE automaticで は、画像ファイルが入ったホルダー毎、画面の右上部にドラッグすると、フォルダー内の画像ファイルを順番に処理してくれる。画像方向タグが1でない場合はタグ値に応じて画像が正立するように回転させ、タグ値を1に変更して保存する。このとき「サムネイル画像の回転を許す」にチェックを入れておけば、サムネイル画像も回転してくれるので非常に便利である。また、回転処理した画像ファイルは別フォルダー(result)に別けて保存できるし、元のファイルに上書きして保存することもできる。
 とにかくAZURE automaticを使って、全ての画像ファイルの画像方向タグを1にする。

(2) 画像方向タグが間違っている画像ファイルは、F6Exifでタグ値を編集してから再度AZURE automaticで回転処理を行う
 (1)の処理を行った後、F6 Exifのサムネイルビューアで組み込みサムネイルが全て正立しているか確認する。(画像方向タグ値が全て1になっているはずなので、サムネイル画像が自動回転表示されることはない。また組み込みサムネイルと主画像の向きも同じはずである)
 デジカメの持ち方によっては画像タグが間違うこともあり、もし間違って横向きになっている画像があれば、F6 Exifを使って画像方向タグ値を画像の方向に合わせて本来の値に変更する。例えば、図1のテスト用JPEGファイルの右回転-6.jpgのように左向きになっておれば画像方向タグ値を6にし、左回転-8.jpgのように左向きになっておれば画像方向タグ値を8にする。
 画像方向タグ値を変更した後、再度AZURE automaticで回転処理を行う。このようにして全ての画像を正立させることができた。

デジカメから取り込んだ画像ファイルをそのまま処理する場合はこれでよいが、画像処理を行う場合はPhotoshopを使うとよい。組み込みサムネイルを画像処理後の主画像の状態に自動的に変えてくれる。Photoshopが無い場合は、F6 Exif を使って主画像から組み込みサムネイルを新しく作って組み込み直す必要がある。

図15〜図18は、以上のようにして図1のテスト用JPEGファイルを回転処理したもののサムネイル画像である。主画像からサムネイル画像を作成する画像処理ソフトであっても、JPEGの中に組み込まれているサムネイル画像をそのまま表示する画像処理ソフトであっても、いずれも正立した画像が表示されている。VIERAのサムネイルも同じように正立して表示されるようになったので見やすくなった。万歳!!(自己満足)


図15.IfranView32のサムネイル表示


図16.Vixのサムネイル表示


図17.WindowXPのサムネイル表示


図18.ZoomBrouserEXのサムネイル表示

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > デジカメ画像のサムネイル表示について