ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 倉敷の雛めぐり


  倉敷の雛めぐり  


(2007年2月)
天領の町倉敷の「雛めぐり」を見てきました(2月11日)。 倉敷市内のおかみさん会などでつくる実行委員会が主催し、観光施設、商店、ギャラリー、ホテル、旅館などに雛人形が飾られています。倉敷の美観地区に飾られているお雛さまだけを見ましたが、他にも児島、玉島、水島、真備・船穂の各地区でも展示しており、全部で390ヶ所に1219点の雛人形が展示されているようです。創作雛などでは写真を撮らせてもらえないものもあるので、事前に確認するなど注意が必要です。期間は2月10日〜3月11日まで。
 帰りに新田、塩田開発などによって財をなした大地主、「大橋家住宅(国指定重要文化財)」(入場料500円)を見学しましたが、ここででも江戸時代と明治中期の雛人形が飾ってありました。


木目込人形のお雛さま。
観光休憩所内で。


かわいいお雛さま。
倉敷観光ホテルのロビーで。


木組みのお雛さま。
プラスワンギャラリーで。


備前焼のお雛さま。


昭和初期の御殿雛。
ギャラリー和(なごみ)で。


江戸後期のお雛様。
吉井旅館で。


めずらしい翁と媼のお雛さま。これも江戸後期らしい。
吉井旅館で。


おいしいものブティック平翠軒 (入口)で。


おいしいものブティック 平翠軒(2F)で。


昭和45年のお雛さま。
商店街のウインドウで。


大正時代のお雛さま。
えびす通り商店街のウインドウで。


昭和17年のお雛さま。
えびす通り商店街のウインドウで。


えびす通り商店街のウインドウで。


えびす通り商店街のウインドウで。


男雛(天神様)。静岡県のある旧家につたわるお雛さま。
えびす通り商店街で


明治38年のお雛様と大正10年のお雛様
ビオス憩いの広場で。

ビオス憩いの広場で。


豪華な雛壇
ビオス憩いの広場で。


    ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 倉敷の雛めぐり