ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 北海道旅行 4日間 > 2日目 


  北海道旅行 4日間 (2日目)  



阿寒湖、摩周湖
ニュー阿寒ホテルに泊ったが、早朝に阿寒湖沿いの遊歩道を散策した。その後、摩周湖へ直行。


泊ったニュー阿寒ホテル。後ろはすぐ阿寒湖。



阿寒湖と遊覧船乗り場。後ろの山は雄阿寒岳(1371m)



北海道の形をした湖、ペントケー

摩周湖 (第一展望台から)
雄阿寒岳の東麓に広がる湖で、阿寒湖 → 摩周湖へ行く途中、国道241号線にある双湖台から見るとこのように見える。


注ぎ込む川も流れ出る川もないのに水位が変わらない不思議な湖。
摩周湖の右に見えるのは摩周岳(857m)で、摩周湖の外輪山の最高峰。

カムイッシュ島

摩周湖第一展望台はこんなところ。
摩周湖はカルデラ湖で、中央部に突き出たカムイッシュ島は火山の頂上部。
非常に小さそうだけど、水面から30mぐらいある。



羅臼、知床峠
摩周湖を出発して国道243号線に出ると広大な牧草地が現れ、いかにも北海道という風景が続いた。


多和平。日本を代表する大牧草地。

道の駅 「知床・らうす」。
左側が道の駅で、右側に 隣接して「海鮮工房」(羅臼漁業協同組合直営店)がある。海鮮工房の昆布ソフトクリーム(350円)がとても美味しかった。
お土産の羅臼昆布もここで買った。




国後島

知床峠
道の駅 「知床・らうす」から、目の前に国後島がはっきり見える。
羅臼岳を見るのを楽しみにしていたのに、あいにくこの通り雲の中。
周囲は何も見えない。弁当のかにめしをバスに積み込むのを見ただけ。



知床五湖
知床五湖には名前が無く、一湖、二湖、三湖・・・と呼ぶ。周囲が開けていて遊歩道も整備されている一湖を散策した。


岩尾別川の河口

一湖の高架木道
知床峠から山道を降りて、知床五湖に向かう途中の風景。像の鼻のような岸壁は、流氷がぶつかってできた。岩尾別川はクマが頻繁にでるらしい。


一湖の散策は、ヒグマ対策のために両側に電気柵を取り付けた高架木道を通る。高架木道は全長800mある。



一湖のオコック展望台から見た知床連山

一湖の湖畔展望台からの素晴らしい眺め
知床峠から下に降りると、こんなに天気がよかった。



一湖の湿地では、遠くにエゾシカが見えた(望遠)。




オシンコシンの滝 → 網走
知床五湖からオホーツク海沿いの国道334号線を通って網走まで行く。途中にオシンコシンの滝、音別川などを見た。


オシンコシンの滝

オシンコシンの滝
国道334号線沿いにある滝で、日本の滝百選に選ばれている。



落差は80mで、途中から流れが2つに分かれているため「双美の滝」とも呼ばれる。階段を上って滝の中ほどの高さまで行ける。



鮭の遡上

遡上する鮭の姿がよく見えた。
音別川では鮭の遡上を見ることができた。下車して見ることができるようだが、我々はバスの車窓からの見学。


バスの座席が川を見下ろせる側だったので、車窓からよく見えた。




斜里岳(1547m)

濤沸湖(とうふつこ)
日本百名山の一つで、オホーツク富士、斜里富士とも呼ばれる。



多種、多数の野鳥が飛来することで有名で、ラムサール条約登録湿地になっている。
【ラムサール条約】 
特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約。



入丸水産で海産物の買い物

かもめが群がるオホーツク海の海岸
知床峠で、バスに弁当を積み込んだ会社。



入丸水産は、オホーツク海沿いにあった。



網走


JR網走駅の表札

網走刑務所
表札が縦書きなのは、 刑務所出所者が横道にそれないようにと祈るためのものらしい。


これは昭和59年に建てかえられたもので、映画の舞台となった木造の刑務所は、天都山に移築されて観光施設「博物館網走監獄」となっている。



オホーツク流氷館

流氷体験室
ツアーは、博物館網走監獄(天登山の麓にある)へ行く人と、オホーツク流氷館(天都山の頂上にある)へ行く人とに別れた。


今年は2月1日に流氷を入れ替えた。室内温度はこのときー14.4℃。
濡れたタオルを振り回す 「しばれ体験」 もやってみたが、確かにすぐ凍って硬くなった。


網走市街展望

網走湖と日没
オホーツク流氷館の屋上の展望台から。向こうは知床半島。夕暮れになり、少し薄暗くなってきた。


オホーツク流氷館の屋上の展望台から。日没が美しく、旅情を感じさせる。


2日目  おわり


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 北海道旅行 4日間 > 2日目