ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 壱岐の島バスツアー



  壱岐の島バスツアー 


(2007年1月)
 今年の正月は子供たちが帰ってこなかったので、正月早々から読売バスツアーで壱岐の島に行きました。1月2日からの一泊二日グルメの旅で、民宿で大魚盛や鯛の浜焼きを食べるというツアーです。あいにく二日とも曇り、時々雨の天気だったので写真も余り奇麗には撮れなかったけど、現地のガイドさんが面白く説明してくれて島の風情を満喫できました。民宿は海水浴場に面した夏向きの古い建物で、食事はよかったけれど建物はいまいちでした。



一日目(1月2日)

 福山を朝6時に出発し、尾道、三原の参加者を乗せて本郷から山陽道に入りました。山陽道から中国道に入り、福岡ICから都市高速、福岡前原道路、二丈浜玉有料道路を経由して呼子港まで行き、そこからフェリーに乗りました
 
呼子港からフェリーに乗る  
港には広島からきた読売旅行のツアーバスが止まっており、やはり壱岐グルメの旅となっていました。読売旅行広島と読売旅行福山で同じ企画のバスツアーを組んでいるようです。




  郷ノ浦港に着く
約1時間20分で郷ノ浦港に着く。呼子港からのフェリーは印通寺港へ行くのが正規の航路なのだけれど、印通寺港が工事中のため今は郷ノ浦港へ着きます。郷ノ浦町は壱岐の島で最も賑やかな町です。
海の中から突き出た柱状節理の岩礁  
もう夕方だったけど、民宿に行く途中で八幡半島の突端にある左京鼻を見学。海蝕断崖が続く岬で、晴れていたら素晴らしい景色だったでしょうが、あいにく小雨が降っていて風も強いので、早々にバスに戻りました。







  はらほげ地蔵
海岸にある6体の地蔵で腹部に小さな穴が開いている。「ほげる」は穴が開くという意味。写真の左端のお地蔵さんの中央のくぼみが穴で、他の地蔵は前掛けがしてあるので穴が見えません。潮が満ちると身体の半分ほどが海水につかる。なぜ穴が開いているかはよくわかっていないそうです。この地蔵は何度か場所を移されており、2005年の地震でも被害を受けて写真のように足元が整備されたそうです。
二日目(1月3日)

 午前中は壱岐の島の名所をいくつか観光し、昼はウニ工場(あまごころ本舗)を見学してウニ飯定食をたべました。あまごころ本舗の売店では、いろんなウニ製品の試食ができます。ここでほとんどの人がお土産をたくさん買い込みました。午後は丘の辻に登って壱岐の島の全景を眺め、そのあとフェリーで帰路に着きました。小さな島だけれども見どころがたくさんあり、特に元寇の遺跡が大事に保存されています。バスガイドさんが「朝青龍は強いけど好きになれない・・・」と言っていたのが印象的でした。蒙古軍によって壱岐の島のほとんどの人が虐殺された歴史があるため、モンゴルに対しのてしこりがぬぐいきれないようで、その気持ちがわかるような気がしました。
民宿の部屋からの明け方の眺め  
民宿(白鴎荘)の部屋の前は直ぐ海で、部屋からの眺めはすばらしいです。夕食も船盛り、オコゼのから揚げ、鯛の浜焼きなどよかった。ただ、建物は古い海の家そのもので快適感は皆無。夏には海水浴に大勢来るようで、ロビーなどに多くの寄せ書きが貼り付けてありました。




  民宿から出発
民宿は一階建て。すぐ横(右側)が飛行場なので、2階建ての許可が出ないそうです。
民宿に隣接した飛行場  
一日に2便しかないので、騒音は気にならない。




  小弐公園から見た瀬戸浦
1271年の弘安の役では、ここから蒙古軍が攻めてきた。激戦の結果、壱岐軍は全滅した。
小弐資時の墓  
壱岐の守護代であった小弐資時(しょうにすけとき)の墓で、「ショウニイサマ」と呼ばれている。まだ19歳であったが一軍の将として勇敢に戦い、遂に戦死した。




  元寇の碇石
中国製の石で、元の船の碇石ではないかといわれている。
壱岐神社  
弘安の役で戦死した小弐資時を祀った神社。昭和19年に造営された比較的新しい神社。




  小弐資時の像
元寇千人塚  
二度の元寇(文永の役と弘安の役)で、壱岐の人々は壊滅的な最後を遂げた。この付近は激戦地の一つで、多くの遺体を埋葬した塚と言われている。ここの新城千人塚以外にも5箇所の千人塚が残っている。


  鬼の窟
6世紀後半〜7世紀前半頃に築造された横穴式石室古墳。石室は壱岐最大(全国12位)で全長16m、天井石は4mもある。当時の豪族の墓らしいといわれている。
黒崎砲台跡  
戦艦土佐の40センチ主砲を取り付けて作られたもので、弾丸の直径40cm、弾丸の重量1000kg、射程距離は35kmであった。実戦では一度も使用されることなく、戦後取り壊された。写真の二つの砲弾模型のうち向こう側のものが黒崎砲台のもので、手前のものは戦艦大和の砲弾模型(46cm)。




  黒崎砲台の構造図
東洋一の巨大な地下要塞だったようです。以前は中の方まで入って見学できたが、2005年の地震で中の方が危険になり、途中までしか入れなくなったそうです。
上側から見た黒崎砲台の巨大な穴跡  
猿岩展望所側の山道を少し登ったとこから見ることが出来ます。




  黒崎砲台の穴跡
人間と較べるといかに巨大だったかわかります。
猿岩  
黒崎砲台跡に隣接して猿岩があります。高さ45mの玄武岩で、海蝕により横を向いた猿にそっくりの形をしています。むりやりなんとか岩という名前を付けたような岩は数多いが、ここの岩はほんとうに猿(ゴリラ?)にそっくりです。




  丘の辻の展望所からみた郷ノ浦
壱岐で一番高い山が丘の辻。高さは213mしかないので丘にある辻、すなわち丘の辻。
郷ノ浦港からフェリーで帰途につきます  
ふつうは、バスに乗ったままフェリーに乗り込むことが多いですが、ここのフェリーでは乗客はバスから降りて別に乗り込みます。乗り口は一箇所だけ。



  玄海灘の荒海
帰りの玄海灘は3mの荒海で、フェリーはすごくゆれました。客室に入っていると間違いなく酔うと思ったのでデッキに出ていました。客室にいた人の話では、座っていると尻がすべるほどゆれたそうです。

(おわり)

   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 壱岐の島バスツアー