ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 因島大橋と白滝山



  因島大橋と白滝山   


(2005年1月)
 因島大橋を渡り、白滝山まで登りました。一月下旬の最も寒い頃(1月28日)でしたが、この日は暖かく歩いていると少し汗ばむほどでした。

因島大橋を徒歩で渡る
 因島大橋の向島側の真下に駐車場があり、そこから橋の入口まで登り階段があって歩行者はそこから橋へ入れます。階段は200段近くも有りそれを登るだけで疲れます。橋の高さの何と高いことか。
向島側から見た因島大橋の歩道  
因島大橋は二階建て構造で、上側はしまなみ街道(自動車専用道路)、下側は二輪車と歩行者用の道路になっています。緑色の部分が歩行者の通路です。 




  布刈瀬戸を行き来する船
因島大橋は布刈瀬戸(めかりせと)をまたいでいて、大小いろいろな船が行き交っています。
因島大橋は昭和58年に完成した全長1270mの吊り橋で、向島と因島を繋いでいて、尾道から四国の今治までを結ぶ総延長60kmのしまなみ街道の一部です。
向島町と因島市の境界  
橋の中程に向島町と因島市の境界表示がありました。




  大浜崎灯台
因島に近ずくと右下に白亜の灯台がみえます。
明治43年に急流の布刈瀬戸の潮流信号所として創設された非常に古い建物で、今は灯台記念館になっているそうです。
因島側から見た因島大橋の歩道  
因島側に着くと橋の入口に料金箱が置いてありました。
料金表によると、125cc以下の二輪車、自転車、軽自動車は50円、歩行者は無料です。126cc以上の二輪車は通行出来ません。
監視カメラが監視しています。監視カメラは向島側や橋の中ほどにも設置してありました。







因島大橋を渡り切ったところ  
橋を渡り切るのに約20分かかりました。
橋の全貌はこのようになっています。橋から横にそれて出ている下側の道路が二輪車、歩行者用の道路です。
この道路から一般道に出られますが、自動車道に沿って少し歩くと大浜パーキングエリアにつながっています。自動車で渡った人もパーキングエリアからここまで歩いてきて因島大橋や布刈瀬戸を見ることができます。



白滝フラワーラインを通って白滝山へ
白滝フラワーラインの途中から見た因島大橋  
白滝フラワーラインでは冬の為か自動車や人はほとんど通らず、途中で出合ったのは消防自動車が一台ゆっくり登っていったのと、途中の展望台に乗用車が一台あっただけです。




  恐竜がいた
大橋の方をみていると、左下に恐竜が!
よく見ると公園の1画にある恐竜の像でした。ここらは因島大橋記念公園の一部のようです。

白滝山と五百羅漢
 白滝山頂上のすぐ近くのフラワーライン駐車場に着くと、ここには数台の自家用車が来ていました。別のルートから登ってきたようです。
ここから白滝山山頂へは徒歩で歩いて登りました。約7分です。
山頂にある観音堂の山門が見えます  
山門の真下まで来ると瓦の落下に注意するようにとの注意書きがあり、上を見る瓦が今にも頭に落ちてきそう。かなり傷んでいて、去年の台風でよく壊れなかったものだと逆に感心してしまいました。




  釈迦三尊像と五百羅漢
観音堂(村上水軍が建立)の直ぐ横手に出ると、釈迦三尊像、五百羅漢像などがあります。五百羅漢は1827年に柏原伝六とその弟子たちが作ったとありました。ここの五百羅漢は約700体あるそうです。
奥に見えるのが展望台で、白滝山で最も高いところです。


  展望台からの眺望
展望台からみた五百羅漢、観音堂(右上に屋根が見える)とその背景。
とにかく見晴らしがよく、360度どの方向をみても瀬戸内海が一望できます。


  展望台から見た因島大橋
真中の道路がしまなみ街道で、四国へ向っています。
橋の向こうにみえる一際高い山が、向島の高見山です。
つつじの花  
まだ一月だというのに、白滝山山頂ではつつじの花がちらほら咲いていました。



  因島大橋を下から見ると
帰りも因島大橋を歩いて渡って帰りました。駐車場まで帰って来ると海面に反射した夕陽が瀬戸大橋の下部を照らしていました。
今日歩いた距離は、万歩計で約2万歩。ああ疲れた。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 因島大橋と白滝山