ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 銀山街道の天領の町上下



  銀山街道の天領の町上下   


(2004年10月)
 広島県の山間部にある上下町に行きました。上下は島根県の大森銀山と尾道、笠岡、福山を結ぶ銀山街道の中間点にあり、銀の集積中継地として発達した町で、天領でもあったため多くの見どころが残っています。訪れるのは今回で2回目ですが、府中市を通ってかなり山中まで来たと思うのに道路標識にはまだ府中市と書いてある。よく見ると府中市上下町とあり、甲奴郡に属していたのが今回の市町村合併で府中市に合併したようです。上下(じょうげ)という地名はこの土地が分水嶺になっていて、ここに降った雨が北(上)と南(下)に分かれ、それぞれ日本海と瀬戸内海に流れ込むからだと言われているそうです。



 案山子まつり
 10月23日から案山子祭りをやっているというので、会場となっている四季の里(矢野温泉のすぐ近くの公園)へ行ってみました。
公園の係りの人の話では、例年は50個ぐらい集まるのに今年は台風が続いた為か20個ぐらいしか集まらなかったそうです。上下市街の白壁の町並みにも、案山子が展示してあるのを散見しました。
他に一休さんなど子供向けの案山子もありました。
オーソドックスな案山子
人気抜群の古田敦也選手の案山子も。
シンクロスイミングの武田選手(左)と立花選手(右)



矢野の岩海
 四季の里の奥にキャンプ場があり、さらにその奥に天然記念物の矢野の岩海(がんかい)があります。両側の山から多くの大きな花崗岩が転落して積み重なり、風化によって丸くなったものだそうです。幅30m、長さが100mもあって岩の海のようだから。
 矢野の岩海で、ヤマボクチの花が咲いているのを見つけました。ボクチ(火口)は葉を乾燥させて毛を集めて火をおこすのに使用したところから。
近くの久井町にある久井の岩海はもっともっと大規模。
矢野の岩海(がんかい)
葉に切れ込みがあるのは、キクバヤマボクチ。
ヤマボクチ(キク科)


  上下歴史文化資料館
 田山花袋の小説「蒲団」のヒロインのモデルといわれた岡田美千代の生家である旧岡田邸を上下町が買い上げ、上下歴史文化資料館となっていました。(去年できたそうです)。花袋に弟子入りした岡田美知代の生涯を水戸黄門の佐野浅夫がナレーションしたビデオや、花袋がこの家を訪れた時のことを記した紀行文「備後の山中」の展示などがあります。また、東宮侍従であった角倉志郎の展示もありました。
花袋が泊まったときの様子が、紀行文「備後の山中」に詳しく記されています。
田山花袋が泊まった旧岡田邸。手前が資料館になっている。

左端は美千代の夫の永代静雄。
岡田美知代(中)と田山花袋(右)の案山子(資料館にて)

上下キリスト協会  
上下町のシンボルは上下キリスト協会です。豪商角倉家の蔵だったそうで、広島県文化百選に選ばれています。財閥角倉家の建物は、奥行きがなんと200mぐらいもあったそうですが、戦後の道路敷設で分断されて今は一部しか残っていないそうです。
キリスト教会の牧師さんは、協会の裏手に残っている角倉家の建物に住んでおられるそうです。地元の人(観光関連の人?)がいろいろ親切に教えてくれました。
角倉家の大きな外門も残っています。
  旧警察署
明治初期の警察署で見張り櫓が残っています。現在は天領ソバなどが食べられる岡田屋という食事処になっています。

扇座 
芝居や映画をやっていた大正時代の建物で、終戦当時は大友柳太郎、高田浩吉、鶴田浩二などの有名人も出演したそうです。建物の前にあるベンチに受付の若い女の人が人待ち顔で座っていました。中は撮影禁止。
有料ですが、中が見られます。


 旧酒蔵資料館
 今は美術品商になっていますが、店の主人にお願いすると中を案内してもらえます。郷土人形を集めていると聞いていたのでそこに案内してもらいました。案内されたのは酒造に使う大きな精米機が2台残ったままになっている建物で、上下人形を初めとし、三次人形、竹原人形、出雲人形など沢山の人形が展示してありました。天神さん、金太郎、相撲取りなど子供の健やかな成長を願って飾ったものだそうで、作った地域によって作り方が少しずつ違うようです。
 建物内には高価なものを含めて実に色々なものが雑然と置いてあり、大きな酒造元であったことを窺い知ることができます。ここの主人はメダカや岩松にも凝っていて、建物の中庭で育てておられます。白いメダカや、灰色のメダカなど色々と見せてもらい、メダカの育て方も教えてもらいました。ペットやさんももらいに来ると言うことです。

左右にも人形がいっぱい。



分水嶺地点
 上下には、分水嶺の立て札がここにも、そこにも。ここに降った雨は、気まぐれで北西へ流れた場合は上下川 → 江の川 を経て日本海へ、南東へ流れた場合は矢多田川 → 芦田川を経て瀬戸内海へ流れこむ。
国道432号線沿いにあります。 甲山方面に向う403号線にあります。



  火道角礫岩
 市街地から少し離れたところにあって、火山のマグマの通り道(火道)が固まってできた露頭です。約800万年前にできたもので、全国的にも珍しいものだそうです。
403号線を甲山方面に向って約4kmのところ。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 銀山街道の天領の町上下