ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 上下町のひなまつり  


  上下町のひなまつり  


(2008年3月8日)
庄原市総領町(広島県)へ節分草を見に行った帰りに、上下町のひなまつり(府中市上下町)を見て帰りました。
世界遺産になった石見銀山から瀬戸内の尾道まで銀を運んだ道は石州街道(または銀山街道)と呼ばれていますが、上下宿は銀の集積中継地として栄えた宿で、天領でもありました。
銀山街道の天領の町上下 に上下町のことを書いています。

末広酒蔵資料館の
郷土人形コレクション 


訪れるのは2回目です。実にたくさんの郷土人形が集められていて、
年々増えているそうです。近くの三次市の三次人形は今でも作られて
いますが、上下人形は今では作る人がいなくて、それだけ貴重です。
店(美術品商)の主人が、いつも丁寧に説明してくれます。(無料)


上下人形を見分けるこつは、髪の毛が耳にかぶさっていること。



勧進帳の場面(義経と弁慶)


亀に乗った浦島太郎。後ろの赤い部分は亀のしっぽ。



各地の人形
長浜人形(浜田市)と日田人形




各地の人形
出雲人形(左)と久米人形(岡山)



扇座の雛人形 

扇座は大正時代に作られた芝居小屋で、高田浩吉、大友柳太郎、
鶴田浩二なども出演したようです。俳優の平幹二郎さんは上下高校の
出身(戦争中広島から疎開した)で、最近ここで公演されています。


舞台には、昭和のひな壇(10年台、40年代、50年代)が飾られていました。



客席の左右には、掛け軸が多数飾られていました。


案内の女性が奈落の入り口を見せてくれました。
舞台で演じていた役者が、ここから降りて客席の後部の
花道から出てくる。舞台は回り舞台になっています。
ちなみに「奈落」とは、舞台用語では舞台や花道の下にある
床下のことで、「奈落に落ちる」の奈落はどん底に落ちること。
(これ以上落ちようが無いこと)



舞台裏にある配電盤。今は使われていない。
昔はこのようなナイフスイッチが使われていたなあと懐かしい。





上下歴史文化資料館の雛人形 
上下歴史文化資料館にも雛人形が飾ってありました。



明治時代の雛人形



昭和初期の雛人形



原爆で焼け残ったおひなさま



御殿雛



上下人形がずらり

銀山街道上下宿の模型(街の一角で)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 上下町のひなまつり