ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 備中神楽


  備中神楽  


(2003年9月)
9月6日(土)に、岡山県美星町にある中世夢ガ原で開催された第8回星の郷太神楽を見に行きました。私の生まれた兵庫県では獅子舞は盛んだが神楽はあまりなじみが無く、イベントの出し物として行われるスサノオの尊の大蛇退治を見たことがあるぐらいです。神楽とはどんなもの? 韓国芸能「端午グッ」との比較公演という能書きにも惹かれ、見に行くことにしました。
中世夢が原へのアクセス図

白蓋行事
白蓋行事の画像

下をクリックすると、サウンドが聴けます。(MP3ファイル)

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生

猿田彦舞
猿田彦舞の画像

 続いて、韓国訪日団による韓国芸能「端午グッ」の公演がありました。農村で豊年・多産を祈願する芸能だそうです。10人余りの若い美女が、太鼓演奏と田植え作業をなぞらえた舞踏を演じましたが、それは農村芸能としての素朴さはなく、大げさに言うと洗練された近代的で優雅なバレーのようでした。公演前の説明によると古典芸能の近代化に取り組んでいるということです。古典芸能を単に復活させるというのではなく、進化させると言う考え方も面白い。
端午グッ
端午グッの画像




 その後行われたのが国譲りの神能で、これは天照大御神が両神(建御雷の神と天の鳥船の神)を使者とし大国主の命のもとに送り、葦原の中つ国(日本のこと)を天照大御神の子である天の押穂耳の命に譲るように迫る部分です。
 舞台が進行する中で、大国主の命が"まこうよまこうよ・・・"と言いながら観客に餅やお菓子をまく場面があり、観客は争うようにしてそれを受け取っていました。舞台の側面で見るのには良いとはいえない場所に子供ずれが陣取っているのは、これが目的かと初めてわかりました。
国譲りの神能
国譲りの神能の画像


お田植神楽
お田植神楽の画像
 今回の星の郷太神楽の目玉の一つにお田植神楽の再編初公演という能書きがあり、備中地方で行われていた田植えを模した神樂を再現した公演がありました。これは3人の農民が村神主の指示に基ずいて田植えを行うのですが、農民の一人を牛に仕立てて代掻きをさせたり、観客に話し掛け、観客が声をかけるなど、舞台と客席が一体となったコントや漫才のようです。

 神楽は夕方の5時半から深夜の12時まで続き、多くの人が最後まで舞台を楽しんでいました。今回はじめて神楽を見ましたが、楽しんでいる観客を見て神楽は堅苦しい神話劇ではなく、いまでも農村に生きづいている娯楽芸能なのかと思い、なんとなく安堵感を覚えました。
 また、神話についての知識があればそれぞれの場面が理解できてもっと面白いだろうなとも思い、来年も古事記を読んでまた見に行きたくなりました。
(おわり)   


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 備中神楽