ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 岡山県の加茂大祭


  岡山県の加茂大祭   


(2006年11月)
 岡山県の加茂大祭を見てきました。加茂大祭は、岡山県吉備中央町加茂市場の総社宮で毎年10月の第3日曜日に行われている由緒ある祭りです。平安時代から始まったといわれており、江戸時代に一時期中断したこともあるもののその後復活し、940年の伝統を誇るそうです。岡山県重要無形民俗文化財に指定されており、岡山県三大祭りのひとつにもなっています。
 町内にある八つの神社から御神輿が総社宮にあつまり、古式豊かな神事が繰り広げられます。複数の神社が寄り集まって行う寄宮祭という形式は全国的にも珍しいようです。地元の人以外に、観光客、カメラマン、報道関係者などで大いに賑わいます。いかにも昔ながらの神事絵巻は、日本の祭りそのもので、一見の価値は十分あると思うのでぜひ見に行ってください。( 岡山道賀陽 ICより 15km)
 なお、岡山県三大祭りは次のとおりで由緒ある祭りばかりが指定されています。
  吉備津神社春季(秋季)大祭七十五膳据神事(岡山市)
  加茂大祭(吉備中央町)
  吉川八幡宮当番祭(吉備中央町)
下をクリックすると、祭りの鐘や太鼓のサウンドが聴けます。

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生





臨時駐車場から県道31号線を横切って総社宮へ向いますが、総社宮前の道は出店でいっぱいです。
(県道31号線沿いにある近くの加茂川中学校の運動場も臨時駐車場になっています。)


今年(2006年)の加茂大祭の執行予定表が総社宮に掲示されていました。雨でも日延べはしないようです。
御神輿などの入御(お入り)は早朝の7時からはじまります。
八つの神社が入御するのに11時ごろまでかかりますが、各神社が鳥居から入御るすときにそれぞれ神前で棒使いや、獅子舞の奉納をするためです。


行列が各神社から総社宮へ向けて出発する時間と道程の図です。化気神社は夜中の2時に出発します。(吉備中央町のホームページから引用)

朝の9時半頃には着いたのですが、すでに鴨神社、化気神社、松尾神社の三つの神社は入御が終わっており、神輿が所定の場所に置いてありました。総社宮境内の左右にある広場に、それぞれ神輿の安置場所が作ってあります。
全ての御神輿がそろった後、この広場で太刀振り、獅子舞(つぎ獅子)、棒使いのお遊び行事が行われます。




早く入御した神社の鬼面をつけた若者が、棒使いの演技を行っているところです。




素盞鳴神社が鳥居の前で神技を行っている間、次に入御する八幡宮の行列が総社宮の前の道で待っています。 獅子舞、太鼓、御神輿をはじめとして棒使い、薙刀、傘、大鳥毛、笛、手拍子など 80人ぐらいからなる行列です。待っている間も絶え間なく横笛、太鼓、手拍子(小型のシンバルのような楽器)を鳴らし、祭り気分を盛り上げます。ちなみに、入御の順番は 鴨神社〜化気神社〜松尾神社〜日吉神社〜素盞鳴神社〜八幡宮〜天計神社〜三所神社 と決まっています。




入御するときは、鳥居の付近で棒使い、獅子舞、鳥毛練りなどが奉納され、御神輿が最後に境内に入ります。 このうち獅子舞がけっこう面白く、最初は猛々しく舞っていますが、徐々におとなしくなってついにはうつ伏せになってしまいます(神の御威光のため?)。 しばらくうつ伏せになっていますが、そのうち耳をピクピクさせ、徐々に動きだして再度舞をまいます。



入御する側の神社の宮司と総社宮司との挨拶が行なわれます。




最後に御神輿が高く低く揺さぶられながら勢いよく入っていきます。

全ての神社の入御が終わると休憩になり、それぞれ近くの宇甘川河原で弁当を食べます。各社割当ての区域が定められているようです。 神社に参拝する人は、その間に参拝します。奉納を行っているときには絶対に神前に入ったり横切ったりは出来ません。警固とよばれる警備係りが青竹を持って厳しく見張っています。


休憩時間にも、境内で横笛、手拍子に合わせて休み無く太鼓をたたいています。






休憩が終わると、神社の左右の境内でお遊び行事が始まります。
まずは太刀振りで、神社の代表が順番に出て太刀を振り回し、悪魔払いの仕草をします。


次は獅子舞(継ぎ獅子)で、獅子頭を持つ人が台になる人の肩に乗って高さを競います。もっとも盛り上がる演技で、クライマックスを撮影しようとカメラを向ける人でいっぱいです。


最後は棒使いです。鬼面をかぶり、色鮮やかな更紗の衣装をつけ、六角棒をもって演技します。小さい子供も出ています。

お遊び行事が終わると、次クライマックスの御神幸です。笛や太鼓の音が社叢に響き渡るなかで、8社の御神輿が一斉に境内に繰り出し、ウオーという声を出しながらお神輿を高く差し上げます。境内内は掛け声と砂ぼこりで地響きがするほど盛り上がります。

各神社の宮司が神前に立っています。向っている反対側には総社の宮司が向かい合って並んで座っていました。なんの儀式かよくわかりませんでした。





全ての行事が終わると、いよいよ還御(お立ち)で、各神社が決まった順番で帰っていきます。帰るときも神前で奉納を行います。


帰っていく順序は、次のように決まっています。入御した順序とは関係ないようです。
三所神社〜鴨神社〜天計神社〜八幡宮〜化気神社〜松尾神社〜日吉神社〜素盞鳴神社 の順。
竹の棒を持っているのは、警固とよばれる人で、大祭の警備を行います。観光客や参拝者が行列の前を横切らないように厳しく警備します。

帰る順番を待っている間も、境内の広場では、横笛、太鼓、手拍子の音でにぎやかです。


  ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 岡山県の加茂大祭