ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)   > 神島八十八ヶ所ミニ霊場と日切地蔵



  神島八十八ヶ所ミニ霊場と日切地蔵   


(2005年2月)
 最近四国霊場めぐりがはやっていますが、笠岡市の神島(こうのしま)にもミニ霊場があると聞いていたので、一巡してみました。神島のミニ霊場は江戸時代の中期に作られた由緒ある霊場だそうです。神島の地形は四国によく似ていて、四国の霊場と全く同じように1番から88番までの小さな寺が配置されています。
神島は、笠岡湾が干拓されてからは地続きになっているので車で簡単に行けます。
 信仰というよりはウォーキングが目的で行ったのですが、約29Kmある全行程を踏破するのに4日かかりました。普通は2〜3日で回るそうですが、昼前から出かけ、車を置いて歩くと最後には元の車のところまで戻らなければならないので4日もかかりました。春と秋には白衣に菅笠の巡礼さんが金剛杖を持って巡拝するようですが、冬なので一人の修行僧らしい人に会っただけでした。それでも全部の寺を漏らさず巡拝できたので、終わった後満足感を感じました。
 
神島大橋を渡って神島に入ったところに弘法大師の大きな像があり、ここが拠点になっています。
弘法大師の像の近くに、巡礼者用の専用駐車場があります。(無料)

第36番 青龍寺(しょうりゅうじ) 波切不動明王
小さな岬の先端にあります。

青龍寺から見た島々の眺望はすばらしいです。

遍路道には写真のような道標がたくさんあります。
昔とは異なる新しくできた道も通るので、寺が番号順になって
いないところが何箇所かあります。(寺を見落としたと思った)
 
「へんろ道」や「同行二人」などの標識が
あちこちにぶら下がっています。

第38番 金剛福寺(こんごうふくじ) 三面千手観世音菩薩海沿いの山の上にあり、前後の37番、39番からかなり離れていま。四国八十八ヶ所の金剛福寺は足摺岬にあるそうです。

金剛福寺の前は絶壁になっていてここも見晴らしがいい。
前に海水浴場と神島ナビックランドの釣り場(有料)が見えます。



第66番 雲邊寺(うんぺんじ) 千手観世音菩薩
まだかまだかと山を登っていったら、山の頂上付近にありました。
それもそのはずで、四国八十八ヶ所の雲邊寺は海抜910mの山中にあるそうです。四国の方は、今はロープウェイがあるようですがここは無い。

四国八十八ヶ所第87番の長尾寺(ながおじ)には玉泉院(日切地蔵)という奥の院がありますが、ここでも第87番長尾寺のすぐ横に日切地蔵がありました。
日切地蔵は、日を限って(いついつまでにお願いをかなえて下さい)お祈りする合理的?なお地蔵さんで、ここの日切り地蔵も多くの参拝者が来るらしく、置いてあるノートに沢山のお願いごとが記入されていました。
それでは自分もと、「次の仕事の話が2月中にありますように」とお願いしたら、本当に仕事の話がありました。たいへんご利益のあるお地蔵さんです。(巡礼者用の専用駐車場から歩いて行ける距離にあります。)

日を限ってご利益をお願いする日切地蔵


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)   > 神島八十八ヶ所ミニ霊場と日切地蔵