ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 世羅ゆり園のゆり祭り



  世羅ゆり園のゆり祭り  


(2007年10月)
世羅高原(広島県世羅町)の世羅ゆり園で開催中の「秋のゆり祭り」を見てきました。5ヘクタールの広大なゆり園には140種、50万本のゆりが植えてあり、日本最大級のゆり園だそうです。全天候型の屋根のあるハウスに入るとユリの甘い香りがただよってきます。ゆりは、「ダリア祭り」でみたダリアほど形状や大きさに変化はないが、それでも白、ピンク、黄、橙などの色があるし、強い芳香を出すものやほとんど出さないもの、花が上を向くものや下を向くものなどがありました。橙色の花粉が衣服に付くとなかなか取れなかったので注意が必要です。
園芸種のユリの分類について少し調べてみましたが、概略は下表のようになっています。
 世羅ゆり園は、去年できた「せら夢公園」(世羅ワイナリ)のすぐ近くにあり、入園料は600円。


ゆりの園芸種の分類
分  類 交配の元になった品種 特  徴
アジアティック・ハイブリッド エゾスカシユリやオニユリなどのアジア原産種とその交配品種。 花は上向きに咲き、花弁と花弁の間が透けている(スカシユリ系)。
花の色は黄・橙・白・桃など変化に富んでいるが、芳香はほとんど無い。
全体に小振りで、 葉の形など品種によって差異が大きい。
開花期は6月〜8月。
オリエンタル・ハイブリッド ヤマユリ・カノコユリなど日本固有種の交配品種。
ジャパニーズ・ハイブリッドとも呼ばれる。
花は下向き咲き、 背丈が大きく花は大輪で華やか。
花の色は変化が少なく、白、桃、赤がほとんどであるが、強い芳香がする。
代表品種としてカサブランカが有名。
開花期は8月頃。
LAハイブリッド 胚培養で育種。ロンギフローラム・ハイブリッド(L)のテッポウユリとアジアティック・ハイブリッド(A)の交配品種。 背丈が大きく、花はつぼみの状態から大きて長い。
LOハイブリッド 胚培養で育種。ロンギフローラム・ハイブリッド(L)のオリエンタル・ハイブリッド(O)の交配品種。 黄色の色素を持たないオリエンタルに、黄色の色素を持つトランペットリリーをかけ合わせたもので黄色が多い。、。蕾がトランペット状になっている。
ハイブリッドとは交配種のこと。



世羅ゆり園の入り口。観光バスも来ていた。




入り口にある販売所。ユリの球根、ユリの切り花などを売っている。


屋根のある全天候型ハウスの内部


整然と植えられていてユリ毎に名札があり、名称がすぐわかります。


インディアンダイヤモンド (LAハイブリッド)


アドバンテージ (LAハイブリッド)


トレソール (アジアティック)


ブルネロ (アジアティック)


プラト- (アジアティック)


ネロ (アジアティック)


カサブランカ (オリエンタル)
ユリの代名詞のような花。花は下向き。


クリスタルブランカ (オリエンタル)
花がカサブランカよりひとまわり大きくて豪華。

ティマル (LAハイブリッド)


ブライトダイヤモンド (LAハイブリッド)


リアルト (オリエンタル)


バイカルパール (オリエンタル)


ムーンウォーカー (アジアティック)


イエローウィン (OTハイブリッド)


マニサ (OTハイブリッド)


ボコタ


パピア (LAハイブリッド)

バルディゾール (アジアティック) 


イベルナ (アジアティック)


オリオロ (LAハイブリッド)


ロダン (LAハイブリッド)



ロンバルディア (アジアティック)


ウィルケアルベルティー (オリエンタル)


ソルボンヌ (オリエンタル)


リサボンヌ (オリエンタル)


ベルメール (アジアティック)


アルガルベ (LAハイブリッド)


パンドラ (オリエンタル)


ビタラ (オリエンタル)


メデューサ (オリエンタル)


ロビナ (OTハイブリッド)

ファンジオ (L/A ハイブリッド)


バティストロ (L/A ハイブリッド)


ラマンチャ (オリエンタル)


アケミ (オリエンタル)

マンボ (オリエンタル)

トロフェオ (オリエンタル)
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 世羅ゆり園のゆり祭り