ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 無明谷の花 > 無明谷の秋の花


 無明谷の秋の花 



9月23日(2006年)



ヤマゼリ(山芹、セリ科、花期:8〜10月)
ヤマゼリは大形で50〜100cm。
セリ(花期:7〜8月)は小形で20〜50cm。 


ツルニンジン(蔓人参、キキョウ科、花期:8〜10月)
根が高麗人参の根に似ている。


スズムシバナ(鈴虫花、キツネノマゴ科、花期:9〜10月)
花は朝開いて、午後には散る。


シギンカラマツ(紫銀唐松、キンポウゲ科、花期:7〜10月)
カラマツソウとは葉の形状が異なる。


サイハイラン(采配蘭、ラン科、花期4〜5月)
春に見た采配の形の花は、果実になっていました。


メナモミ(雌菜揉み、キク科、花期:9〜10月)
茎や葉に毛が多い。小形で毛が少ないのはコメナモミ。


ナンテンハギ(南天萩、マメ科、花期:8〜10月)


アキチョウジ(秋丁字、シソ科、花期:8〜10月)
秋になるとどこにでもよく見かけます。


マネキグサ(招き草、シソ科、花期:8〜9月)
花の形が招き猫の手の形に似ているのでマネキグサ。

ハナタデ(花蓼、タデ科、花期:9〜10月)
花のつきがまばらで、はの先端が急に細くなる。

ヨシノアザミ(吉野薊、キク科、花期:9〜10月)
近畿、中国地方で普通にみられるアザミで、備中 高梁出身の吉野善介が発見した。ちなみに、ナツアサドリも吉野善介が発見。


ママコノシリヌグイ(継子尻拭、タデ科、花期:8〜10月)
葉の形状は三角形で角がとがっている。
葉の裏の葉脈にも刺があり、これで継子のシリを拭くとは!
手で茎を触ると刺がささります。

ミゾソバ(溝蕎麦、タデ科、花期:8〜10月)
葉の形状は、牛の額に似ている。


ジャコウソウ(麝香草、シソ科、花期: 8〜9月)
茎を揺するとほのかな麝香の香りがするのでジャコウソウ。初めて見ました。


ゲンノショウコ(現の証拠、ミコシグサ科、花期:8〜10月)
西日本には赤花が多いですが、ここではほとんで白花でした。


ツリフネソウ(釣船草、ツリフネソウ科、花期:8〜10月)


キツリフネ(黄釣舟、ツリフネソウ科、花期:6〜9月)
キツリフネはツリフネソウほど見かけませんが、ここにではたくさん咲いています。


キバナアキギリ(黄花秋桐、シソ科、花期:8〜10月)
咲き始めたところで、蕾の状態のものがあちこちにありました。


ヤブラン(薮蘭、ユリ科、花期:8〜10月)
花が終わり、緑色の実がなっています。これがやがて鮮やかな濃紺色になる。


ミズヒキ(水引、タデ科、花期:9〜10月)


ツルボ(蔓穂、ユリ科、花期:8〜9月)



ナガミノツルキケマン(長実の蔓黄華鬘、ケシ科、花期:8〜10)
ナガミノツルキケマンは、種子が一列に並ぶ。


イワタバコ(岩煙草、イワタバコ科、花期:6〜8月)
お目当てのイワタバコですが、花は終わっていました。

(無明谷の秋の花 )


ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 無明谷の花 > 無明谷の秋の花