ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 無明谷の花 >  無明谷の春の花


 無明谷の春の花 


3月01日(2009年)
3月18日(2007年)
3月22日(2010年)
4月15日(2006年)
5月28日(2006年)


3月01日(2009年)


 勝山の雛祭りを見に行った帰りに、無明谷によってみました。セツブンソウ、ユキワリイチゲなど早春の花が咲いていて、いよいよ今年も山野草のシーズンが始まった。


ユキワリイチゲ(雪割一華、キンポウゲ科、花期:2〜4月)
あちこちに咲いていた。


ユキワリイチゲ


スハマソウ(洲浜草、キンポウゲ科、花期:2〜4月)
スハマソウもあちこちに咲いていた。


スハマソウ


セツブンソウ(節分草、キンポウゲ科、花期:3月)
無明谷から帰るとき、33号線沿いに「節分草自生地」のノボリが立っていた。時間が遅かったので見なかったが、この付近では無明谷以外にも「セツブンソウ」が自生しているようだ。


セツブンソウ


スズシロソウ(蘿蔔草、アブラナ科、花期:3〜5月)
まだ少し時期がは早いので、一箇所しか見かけなかった。


アオキ(青木、ミズキ科)
アオキの実が赤く熟していた。



3月18日(2007年)

 日曜日で天気もよかったので、花の写真を撮りに来た人の車が4〜5台とまっていました。最近は中年女性が大きなカメラを持って写真をとる姿をよく見かけますが、今日も男性と女性と同じくらいの人数でした。カタクリは未だ咲きはじめでしたが、キバナノアマナを初めて見ました。


スハマソウ(洲浜草、キンポウゲ科、花期:2〜4月)
スハマソウが全盛期で、無明谷のあらゆるところに咲いていました。
葉の先端が尖っているのがミスミソウ(三角草)、先端に丸みがあるのがスハマソウ(州浜草)。来ていた人が皆スハマソウと言っていたので、スハマソウらしい。


スハマソウ
葉の形には先端が中間的なものもあり、近年は全部まとめてミスミソウといっているようだ。別名はユキワリソウ(雪割草)。

スズシロソウ(蘿蔔草、アブラナ科、花期:3〜5月)
花の形がダイコン(ススシロ)の花に似ているので、スズシロソウ。


カタクリ(片栗、ユリ科、花期:3〜4月、食用)
まだ少し時期が早く、咲いていものの数は少なかったです。


カタクリ


ユキワリイチゲ(雪割一華、キンポウゲ科、花期:2〜4月)
葉はミツバに似ていて、葉に白い斑点がある。

ユキワリイチゲ


キバナノアマナ(黄花甘菜、ユリ科、花期:3〜4月)
分布は北海道・本州中部以北であるが、岡山でも見ることができる。


タチツボスミレ(立坪菫、スミレ科、花期:2〜4月)


ヤマルリソウ(山瑠璃草、ムラサキ科、花期:4〜5月)
気の早いヤマルリソウが花を咲かせていました。



3月22日(2010年)

 2009年12月に崖崩れがあり、現在無明谷は全面通行止めになってます。それでも見ることのできるとこだけでもと思って行って見ると、祝日だったせいか既に車が何台か駐車してあった。それを見て少し安心し、通行止めの中へ入って今年の無明谷の春の花を見てきました。無明谷の中に入っていくと、7〜8人の団体も含めかなり多くの人に出会った。

無明谷の入り口付近
無明谷は歩行者も含めて全面通行止め。それでも何台かの車が駐車してあり、鳥取、姫路、愛媛のナンバーの車もあった。せっかく遠くから来たのに、見ずに帰れない気持はよくわかる。


両側が絶壁になったところで落石があり、現在そのままの状態になっている。


無明谷の反対側の入り口も通行止めになっている。


カタクリ(片栗、ユリ科、花期:3〜4月、食用)
あちこちにたくさん咲いていた。


カタクリ


カタクリ


スハマソウ(洲浜草、キンポウゲ科、花期:2〜4月)


スハマソウ


ユキワリイチゲ(雪割一華、キンポウゲ科、花期:2〜4月)


ユキワリイチゲ


アズマイチゲ(東一華、キンポウゲ科、花期:2〜4月)


アズマイチゲ


スズシロソウ(蘿蔔草、アブラナ科、花期:3〜5月)


アマナ(甘菜、ユリ科、花期:3〜4月、食用)


キバナノアマナ(黄花甘菜、ユリ科、花期:3〜4月)


アオキ(青木、ミズキ科)


ヤマルリソウ(山瑠璃草、ムラサキ科、花期:4〜5月)




4月15日(2006年)

 4月にはカタクリの花がたくさん咲くということなので行ってみました。土曜日でしたが、カメラを持って花の写真を撮りにきている人が5〜6組いました。 「一週間前にも来たが、一週間で咲いてる花が随分違う」という方がいて、近くの人かと思ったら呉から片道約3時間かけて来ているということでした。 ガイド付きツアと思える7〜8人の団体も来ていましたが、こちらはどうも大阪かららしい。無明谷も結構有名なのだなあ!


チョウジザクラ(丁字桜、バラ科サクラ属、花期:3〜4月)
花が下向きに咲く。


スズシロソウ(蘿蔔草、アブラナ科、花期:3〜5月)


ヤマルリソウ(山瑠璃草、ムラサキ科、花期:4〜5月)


ヤマエンゴサク(山延胡索、ケシ科、花期:3〜4月、毒草)


シロバナネコノメソウ(白花猫の目草、ユキノシタ科、花期:3〜5月、湿地)


ヒトリシズカ(一人静、センリョウ科、花期:4月)


ジュウニヒトエ(十二単、キシソ科、花期:4〜5月、薬用)


カタクリ(片栗、ユリ科、花期:3〜4月、食用)
あちこちに咲いていました。

バイカイカリソウ(梅花碇草、メギ科、花期:4〜5月)


アマナ(甘菜、ユリ科、花期:3〜4月、食用)


スハマソウ(洲浜草、キンポウゲ科、花期:3〜4月)


イチリンソウ(一輪草、キンポウゲ科、花期:3〜4月)


ニリンソウ(二輪草、キンポウゲ科、花期:3〜4月)
葉に柄が無い。一綸や三輪のものもある)


ニリンソウ(二輪草、キンポウゲ科、花期:3〜4月)
赤味がかったものもありました) 


バイカイカリソウ(梅花碇草、メギ科、花期:4〜5月)




2006年5月28日

 春も終わりになってきたので、また違う花がさいているかもと思って無明谷にいってみました。あいにく雨上がりの曇日だったので無明谷はほんとうに薄暗くて名前の通りでした。写真も暗いところではうまく写っていないので、画質調整して何とか見えるようにしました。


コウゾリナ(髪剃菜、キク科、花期:5〜10月)

 

キヌタソウ(砧草、アカネ科、花期:7〜8月)
実がなった形が砧に似ているので砧草。
砧とはワラや植物をたたいて柔らかくする木槌のこと。

 

キツネノボタン(狐の牡丹、キンポウゲ科、花期:4〜7月)

 

アマドコロ(甘野老、ユリ科、花期:4〜5月)
茎が角張っていたのでアマドコロと思います。

 

ヤマブキソウ(山吹草、ケシ科、花期:4〜5月)
ヤマブキは花弁が5枚、ヤマブキソウは4枚。

 

ツルカノコソウ(蔓鹿の子草、オミナエシ科、花期:4〜5月)
花の姿が鹿の子絞りの模様に似ているから鹿の子草。
カノコソウの花は淡桃色で、ツルカノコソウの花は白色。

 

サイハイラン(采配蘭、ラン科、花期:4〜5月)
戦いの時に指揮をとる采配に似ているから采配蘭。
葉は一枚しか付かない。

 

マムシグサ(蝮草、サトイモ科、花期:4〜5月)


 

アカツメクサ(赤詰草、別名:紫詰草、マメ科、花期:5〜10月)
明治初期、欧州から日本へ輸出する商品の
詰め物として使用され、日本に入ってきた。

 

ホタルカズラ(蛍葛、ムラサキ科、花期:4〜5月)
無明谷の東の外れの方に少しだけありました。

 

カキドオシ(垣通し、別名:坪草、シソ科、花期:4〜5月)
花の上唇の先が浅くへこみ、下唇の内側に薄紫色の斑点がある。
花が終わりに近づき、茎が地表を這っていました。
 
 (無明谷の春の花 おわり)


ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 無明谷の花 >  無明谷の春の花