ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > ムービーのサウンドをHPに貼り付け


  ムービーのサウンドをHPに貼り付け  


(2003年10月)
目的
 HPにサウンドを貼り付ける場合、ファイルサイズが大きくなってしまいます。備中神楽のページを作るとき、雰囲気を伝えるためムービーのサウンドを貼り付けようとしましたが、25秒のWavファイルでサイズがなんと4.4MBもありました。サウンドも静止画並に減らせないかやってみました。

使用したソフトウェア
 WavファイルからMP3ファイルに変換することにし、変換にはLIFE(フリーウェア)を使用しました。
ムービーからサウンドを抜き出すのは、Video Studio (ビデオ編集ソフト)を使いました。

作成方法
 ムービーファイルからVideo Studioを使ってサウンドを抜き出すと、サンプリングレート44.1KHz、16ビット、ステレオのWavファイルでした。これをLIFEを使って、パラメータは自動設定のままでMP3ファイルに変換するとファイルサイズは約一桁小さくなりましたが、それでもまだまだ大きい。そこで音質を最大限?犠牲にし、LIFEで設定可能な最小値までサンプリングレートとビットレートを小さくしました。サンプリングレート8KHz、ビットレート8KHz、モノラルの設定でMP3に変換すると26KBまでに減りました。オリジナルの音と比較すると全く音がわるいですが、何とか聞けます。備中神楽のページで聞いて見てください。
 Wav ファイルからMP3ファイルに変更するとき、 LIFEの場合、オプション画面でパラメータ設定を簡単に変更できます。サンプリングレートとビットレートを大きくしていくと音が良くなっていきます。使ってみてください。

LIFEのオプション設定画面

LIFEのオプション設定画面

その他
MP3ファイルでHPに貼り付けたとき、ブラウザで再生しないことがあります。普通はWindows Media Player で再生しますが、再生するサウンドファイルの形式の設定で、MP3のチェックが外れていると再生しません。このときは、Windows Media Player を開き、ツール→オプション→ファイルの種類で、「MP3オーディオファイル」がチェックされているか確認して下さい。
 サウンドを貼り付ける場合、BGSOUNDタグ(バックグラウンドで再生)とEMBEDタグ(画面に埋め込んで再生)がありますが、BGSOUNDタグの場合ページを開くといきなり音が出てくるので良くないです。EMBEDタグだとコントロールパネルが表示され、スタート、ストップや音量が自由に設定できるのでこの方がお奨めです。

参考
Wavファイル: Windowsのサウンドデータの標準的なファイル形式。
MP3: MPEG1という動画の圧縮方式において、音声部分の圧縮に使用されている圧縮方式。音質の劣化が殆ど無い設定でもデータ量が10分の1ぐらいに減る。
LIFE(Lame Ivy Frontend Encoder): K5さん作成のWAVファイルとMP3ファイルの互換変換ができるフリーウェア。最高水準の音質を誇るフリーのMP3エンコードエンジンLAMEを使用している(LAMEは、キーボードを使って設定を入力しなければならないが、このソフトを使うと、マウスで簡単に操作することができる)。
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > ムービーのサウンドをHPに貼り付け