ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 長崎ランタンフェスティバル


  長崎ランタンフェスティバル  


(2010年2月)
 読売旅行のバスツアーで、長崎ランタンフェスティバル を見に行った(2010年2月21日)。 2月なのに運よく暖かくて天気もよく、祭り気分を満喫できた。
会場に到着後、すぐに媽祖(まそ)行列が進んでいるであろう付近まで直行し、うまく見ることができた。その後、中華街でチャンポンを食べようと思ったが、どこも順番待ちの状態。しかたなく店先で売っている角煮饅頭などを食べて空腹を満たした。夜になると、中華街の通りはさらにすし詰め状態で思った方向に行けない。前日の日曜日はもっとすごかったらしい。ランタンフェスティバルの期間は、中華街で食事をするのは無理なようだ。


媽祖行列(まそぎょうれつ)
貿易のため長崎に入港した唐人が、航海安全の女神である媽祖神を船から降ろして市内の唐寺にお預けするために行なっていた行列の再現。市民団体「長崎ネットワーク市民の会」が運営している。

 最初に花火師が爆竹を パンパンパン・・・ と鳴らしながら進んできた。
爆竹を鳴らすのは魔除けのため。


天上聖母の旗。その後ろには楽器隊。



楽器隊。


笹竹。


荷主(行列の主宰者)と荷主夫人。
荷主夫人は、「ロマン長崎」(長崎観光親善大使)が務める。


媽祖神の像を乗せたおみこし。


線香娘?と旗隊


最後に唐船。

 

  中央公園会場



女子高生の龍(じゃ)踊りの入場。



観客が多くて後ろからは良く見えない。カメラを持ち上げて撮った。


 
  眼眼橋



眼鏡橋周辺もランタンなどで飾り付けられている。



何かと思うとハートストーンに人だかり。



  浜んまち会場


アーケード街(大丸付近)のランタン。




アーケード街にはいろんなオブジェもあった。
オブジェの前で写真を撮ってもらっている観光客。


  
  中華街





中華街の東門。
中華料理店でチャンポンを食べようと思ったが、
夕食にはまだ時間が早いのにどこも行列待ち。



中華街の北門。
薄暗くなってくるとますます人が増えてきて中華街は満員電車なみ。

    湊公園会場

中華街に隣接する湊公園会場。


湊公園会場には干支のメインオブジェが置かれる。
今年は虎のオブジェ。


龍のオブジェ。

金鶏報暁(きんけいほうぎょう)のオブジェ。



ランタンの数々。



関帝廟(商売繁盛の神様)の祭壇には、豚の頭(本物)のお供えが・・・



  鐵橋会場

中島川の夜景。両岸のランタンの灯りがきれい。
風情を出そうと夜景の手前にランタンを入れて撮ってみた。



鉄橋のランタンやオブジェが中島川に映ってすばらしい。



  出島の夜景


観光バス乗降場側から見た出島の夜景。




   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 長崎ランタンフェスティバル