ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 猫山の花


 猫山の花 


10月9日(2008年)
猫山スキー場の別荘地の西隣に、道路に沿って無料駐車場がある。そこに猫山登山口の立て札があり、ここから登った。この登山道はスキー場のゲレンデに沿って上まで続いているが、両側に杉が植林してあってうっそうとしており、見晴らしが全くきかない。しかしゲレンデの上端部までたどり着くとリフト降場がすぐ横にあり、そこからの眺めはすばらしい。道後山が右手前方によく見える。ゲレンデから分かれてすこし行くと、猫山大権現「山上さん」がある。登山道にはあまり花がなかったので、ここで引き返した。登山道よりもむしろ別荘地の周辺に、いろいろな花が咲いていた。


猫山スキー場



スフィンクスコースのリフト降場から



モミジガサ(紅葉傘、キク科、花期:8〜9月)
葉の形が紅葉に似ている。


キクバヤマボクチ(菊葉山火口、キク科、花期:10〜11月)
茎の下のほうの葉が菊のような葉になっている


キクバヤマボクチの花


ミヤマシキミ(深山樒、ミカン科、花期:3〜5月)
シキミ(モクレン科)に葉が似ているが、ミヤマシキミとは別種。
赤い実には毒がある。


チゴユリ(稚児百合、ユリ科、花期:4〜5月)
黒い実が熟していた。


ツクバネソウ (衝羽根草、ユリ科、花期:5〜8月)
これも黒い実が熟していた。


猫山大権現「山上さん」。




ヤマラッキョウ(山辣韮、ユリ科、花期:9〜10月)



アケボノソウ(曙草、リンドウ科、花期:8〜10月)
山のあちこちで見ることができた。


リンドウ(竜胆、リンドウ科、花期:9〜11月)



ツリガネニンジン(釣鐘人参、キキョウ科、花期:8〜10月)



ヤマハッカ(山薄荷、シソ科、花期:9〜10月)



ヨシノアザミ(吉野薊、キク科、花期:9〜10月)



センブリ(千振、リンドウ科、花期:9〜11月)



アキノキリンソウ(秋の麒麟草、キク科、花期:8〜11月)



ヤマシロギク(山白菊、キク科、花期:8〜10月)



コウゾリナ(顔剃菜、キク科、花期:5〜10月)
茎に小さい棘がありざらざらしていて、葉の縁に剛毛がある。


ワレモコウ(吾亦紅、,バラ科、花期:8〜10月)


ヤクシソウ(薬師草、キク科、花期:8〜11月)

サワヒヨドリ(沢鵯、キク科、花期:8〜10月〉
ヒヨドリバナかサワヒヨドリかについて、いつも迷います。
葉の柄が短く、鋸歯もそれほど鋭くなく、茎の色が赤紫なので、サワヒヨドリとしました。



(猫山の花 おわり)


ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 猫山の花