ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > サウンドの編集とノイズ除去


サウンドの編集とノイズ除去(カセットテープをCD−Rに)


(2006年8月)
サウンド編集の目的
 昔、カセットテープに録音しておいた音楽をパソコンに取り込んで、CD−Rに焼くことをやっています。
 サウンドデータは、ラジカセのイヤホン端子とパソコンのラインイン端子を接続してパソコンに取り込んでいますが、ハム音(60Hzの電源ノイズ)が乗ったり、テープのヒス音がどうしても入るので、少しでも奇麗な音になるようにノイズ除去もやっています。ここではノイズ除去について紹介します。

 (注記) このページは2004年2月に作成したものですが、その後Audacityのバァージョンが1.00 から 1.24にまで更新され、多国語化もされたので、画面や内容を見直ししました。(2006年8月)
Audacityのダウンロード
 サウンドを取り込んで編集できるソフトウェアはいろいろありますが、私はAudacity(フリーウェア)を使用しています。解りやすくて使いやすく、ノイズ除去のやり方も簡単で、フリーウェアとは思えないほどです。
 まずAudacityをダウンロードし(Audacityはここからダウンロードできます)、プログラムを開くと図1のような画面が表れます。

図1 最初にAudacity を開いたときの画画




 最初に表れる画面は英語版ですが現在ではAudacityは多国語化されており、画面のEdit → Preferences を開くとLanguage を選択するプルダウンメニューがあるので、その中からNihongoを選択します。(Japaneseを探してもありません。Nihongoです。) 一度Audacityを閉じて再度開くと、今度は図2のような日本語メニューで表示されます。
図2 日本語表示にしたAudacity の画画




ラジカセからサウンドの取り込み
 ラジカセからサウンドデータをパソコンに取り込むには、ラジカセのLine Out 端子と、パソコンのLine In 端子を接続します。ラジカセにLine Out 端子が無い場合は、イヤホン端子を使用します。
 次にウィンドウズのボリュームコントロール画面を開き、プロパティ → 音量の調整 → 録音 を選択してOKをクリックすると、図3のRecording Control 画面が出るのでLine In を選択します。この画面で音量調整と、ステレオの左右の音量バランスを行います。

図3 Recording Control 画面

Record Control 画面

サウンドの取り込み
 Audacityの画面の入力選択は Line In を選択しておきます。メニューから ファイル → 新規 を選択すると図4の画面が表れるので、録音ボタン(赤色の○ボタン)を押すと録音が始まります。図4は、約一分間のサウンドデータを取り込んだ例です。この時、サウンド波形は音が一番大きい部分でも振幅が飽和しない範囲で振幅をできるだけ大きくします。
 振幅の調整は、ラジカセの音量調節でも前記のウィンドウズのボリュームコントロール画面でもできますが、ラジカセの音量を大きくしておく方が、ノイズの影響を受けにくくなります。
図4 サウンドの取り込み 画面



サウンド波形の編集
 いったん記録すれば、後はサウンドの波形を見ながら、不用部分の削除、波形の分轄、レベル調整、無音部分の追加 などにより、希望のサウンド波形に作り上げます。Audacityのバージョンが1.24にまで更新され、非常に多くの機能が追加されています。

ノイズ除去
 ノイズ除去も簡単で、次のようにしてできます。まずサウンド波形からノイズだけと思われる部分を選択します。選択部分は少なくとも1秒程度の長さが必要なので、カセットテープの最初か最後の音楽の入っていない部分を利用するとよいでしょう。図7は、音楽が始まる直前の部分(暗くなっている部分)を選択しています。
 次にメニューから 効果 → ノイズの除去 を選択すると図5のノイズの除去設定画面が表れるので、ステップ1の「ノイズプロファイルの取得」ボタンを押してノイズプロファイルを取得します。
 次にメニューの 編集 → 選択 を選択して、サウンド波形のうちノイズを除去したい部分(普通は全波形)を選択します。(図8)
 再度メニューから 効果 → ノイズの除去 を選択すると図6のノイズの除去設定画面が表れます。 図5ではグレイアウトになっていた「ノイズの除去」ボタンと「プレビュー」ボタンが表示されているのがわかります。まずステップ2でノイズ除去をどの程度行うかのレベル設定を調整します。 最後に「ノイズの除去」ボタンを押すと、サウンド波形からノイズが除去され図7のような波形になります。
 図7と図8の音を比較して見てください。あきらかにノイズが除去されているのがわかります。なお、サウンドファイルはAudacityの「MP3ファイルの書き出し」機能を利用して、MP3ファイルで出力しています。

図5 ノイズ除去設定画面


図7 ノイズのある元のサウンド波形



下をクリックすると、サウンドが聴けます。(MP3ファイル)

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生


図6 ノイズ除去設定画面


図8 ノイズ除去後のサウンド波形



下をクリックすると、サウンドが聴けます。(MP3ファイル)

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生


コメント
 上の例は、かなり極端にノイズが乗った例ですが、ヒス音もかなり改善できます。バァージョン1.24では、さらにか「ポップノイズとクリックノイズの除去」機能も追加されています。プロの目から見たらまだまだかもしれませんが、フリーウェアでとにかく簡単にノイズが除去できるので、Audacityはお奨めのフリーウェアだと思います。整形したサウンド波形はWavファイルやMP3ファイルとして出力できます。但しMP3ファイルで出力するには、lame_enc.dllのダウンロードが必要です。

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > サウンドの編集とノイズ除去