ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 能登原とんど


  能登原とんど  


(2010年1月)
 福山市沼隈町の「能登原とんど」を見てきました。阿伏兎(あぶと)岬にある観音堂(阿伏兎観音)への奉納行事で、毎年1月の第2日曜日に開催される伝統ある行事です。今年(2010年)は、1月10日に開催されました。梅や牡丹で飾った「飾りとんど」を担ぎ、太鼓を鳴らしながら家々を練り歩くもので、福山市無形民族文化財になっています。
各地区を練り歩いたあと、14:00頃に能登原小学校のグランドに集結し、とんどの競い合いをします。曇り空の寒い日でしたが、スタッフがコーヒと生姜湯のサービスをしてくれていて、ありがたかった。久々に見た素朴な伝統行事で、大変面白かった。


最初のとんどがグランドの入り口に到着した。
「とんどだよー、とんどだよー 」と掛け声を出しながら入ってきた。



とんどの全長が10mぐらいもあって、大勢で担いで運ぶ。




グランドに着くと垂直に立てる。



次のとんどが入って来た。
このとんどは、台車に乗せて運んできた。



3つ目のとんどが到着。
とんどの中で子供が太鼓をたたいている。



このとんどはトラックに載せて運んできた。
きっと小学校から遠い地区から来たのだろう。
(それとも単なる手抜き?)


到着すると、それぞれ決まった位置に立てる。



全部のとんどが到着した。全部で六つのとんどが一列に並ぶ。
とんどの構造や飾りつけは、ほとんど同じで様式が決まっているようだ。


とんどの中から外を覗く子供たち。


責任者の挨拶のあと、阿伏兎だいこ の披露。
子供と女性が太鼓を打ち鳴らす。


お母さんもがんばって太鼓を打っている。



可愛い小さな女の子も混じっている。



太鼓が終わると、今度は全部のとんどが運動場を練り歩く。



とんどに付けた綱を持ってとんどの周りを走り回り
とんどをぐるぐる回して勢いを誇示する。


そのうち、あたり(とんどととんどのぶつけあい)が始まる。
お神輿のぶつけ合いに似ている。



全てのとんどに的が着いているが、これは弓の名手である
能登守教経の故事に由来するとある。〈地名由来)
(保存会のチラシより)


倒れると負け?



ここでもぶつけ合い。



倒されまいと懸命に頑張っている。



ぶつけ合いにも疲れ、グランドを出て帰って行くとんどもある。
グランドではとんどを燃やさず、各地区に戻ってから燃やすらしい。


スタッフ席の近くに、大正時代の能登原とんどの写真が展示してあった。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 能登原とんど