ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 枝広亭の雛人形展


  枝広亭の雛人形展  


(2008年2月16日)
鞆の浦のひな祭りを見た後、地域交流会館枝広亭(福山市ぬまくま文化館)の雛人形展も見てきました。枝広亭はもともとは幕末から三代続いた開業医の個人邸宅だったものを沼隈町が買い取って整備したもので、地元では枝広亭で親しまれていたそうです。
枝広亭の雛人形展も毎年開催されているよます。雛人形についての豆知識がいろいろ書いてあって面白かったので、引用して書いています。
(開催期間は 2月16日〜3月9日)。



個性的なミニ雛(左)と表情豊かなミニ雛(右)



創作人形



大内人形
山口県の特産品、大内塗りのお雛様・



裃雛 (大正時代)
親類、縁者が持ち寄る。関東一円。



御殿飾り  大正時代
神殿造りの御殿を模ったもの。



源氏枠の雛飾り  大正時代
屋根の無い御殿の中に雛人形をかざったもの。


内裏雛 (見栄っ張り雛)
展示品は明治時代の古今雛。女雛は唐辛子の刺繍のある
長い袖を付けているので、見栄っ張り雛とも呼ばれている。
長い袖をもつ雛は岡山、広島の瀬戸内海沿岸で見られる。



内裏雛  
 江戸時代末期のもので、女雛はお歯黒になっているので既婚者。
( 男雛と女雛を並べて飾る雛を内裏雛という )




内裏雛



ねずみのお雛様



まゆで作ったお雛様


唐とうがらしで作ったお雛様



雛祭りと貝
ひな祭りには蛤や貝の汁をたべ、また雛道具には貝桶の中に貝合せが
入れてある。夫と仲むつましい女性として成長することを願い、この風習が
できたといわれている。



陶器の雛人形





展示会場



つり雛
雛祭りの段飾りの左右にたくさんのつり雛をさげ、
にぎやかにお祝いをした。直径40cm前後の紅白の輪に
7個のちりめん細工やまりをつけた紐を7本ぶら下げる。  



押絵雛の人形  
人形を掛け軸に差して飾る雛。展示のものはその人形を額に入れたもの。


大正時代の段飾り
江戸時代末期に段飾りが始まった。はじめは箪笥の引き出しを
利用したり、3段飾り程度であったが、明治以降その数が増えた。

枝広亭の外観


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 枝広亭の雛人形展