ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 岡山県立森林公園


  岡山県立森林公園  


(2005年4月30日)
 岡山県立森林公園でミズバショウとザゼンソウを見ることができるとテレビのニュースで言っていたので、さっそく見に行きました。朝10時半ごろにつきましたが、五月の連休が始まったばかりということもあり、第二駐車場までほぼ満車でした。トレッキング姿のグループや夫婦連れが多く、ここでも若者や子供よりは中年のほうが多かったです。入口を入ったところにある管理センターで園内の地図をもらい、また今咲いている植物の写真が掲示してあったので参考になりました。
 岡山県立森林公園は、奥津温泉から約10Kmの距離で、海抜が約1000mの山中にあります。今年は雪が多かったらしく、暑いくらいの気温なのにあちこちに残雪が残っていました。公園は非常に広く、園内周囲の尾根部分も含めると334ha(甲子園の約90倍)もあります。入園料は無料。
 園内には多くの植物が自生しており、ザゼンソウは環境がよほど合っているのか園内のあちこちで見ることができました。ミズバショウは自生ではなく開園した時に植えたものだそうで、公園入口に近い湿地に咲いていました。遊歩道が整備されている一方、いろんな植物を自生したままの状態で見ることができ、非常に良い公園です。
 帰りに森林公園の近くにある上斎原温泉「クアガーデンこのか」に寄って汗を流して帰りました。


岡山県立森林公園入口

 
ミズバショウ(水芭蕉、サトイモ科)


ザゼンソウ(座禅草、別名ダルマ草、サトイモ科)
僧が岩穴で座禅を組んでいる姿に似ている。


リュウキンカ(立金花、キンポウゲ科)



コチャルメルソウ(小哨吶草、ユキノシタ科)
開いた果実がチャルメルに似ているから。


キクザキイチゲ



キンキエンゴサク(近畿延胡策、ケシ科)


タムシバ(モクレン科)


ショウジョウバカマ(猩々袴、ユリ科)


ハシリドコロ(走り野老、ナス科)


サンインシロカネソウ(山陰白銀草、キンポウゲ科)


ミヤマカタバミ(深山傍食、深山片食、深山酢漿草、カタバミ科)


キクザキイチゲ(青色、キンポウゲ科)



バイケイソウ(梅恵草、梅形草、ユリ科)
有毒。花は未だ咲いていませんでした。


エンレイソウ(延齢草、ユリ科)



大やまざくら(エゾヤマザクラ、バラ科)
樹齢約500年だそうです。


見事なからまつ林

遊歩道にも残雪がありました。

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 岡山県立森林公園