ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > おかやま花だより


  おかやま花だより  


(2009年4月)
おかやま花だより(2009年3月20日〜5月24日)を見てきました(4月5日)。 正式名称は「第26回全国都市緑化おかやまフェア」で、毎年都道府県を持ちまわりしている。第1回が大阪府、去年は群馬県、来年は奈良県の予定。
 メイン会場は西大寺市のカネボウ岡山工場の跡地。 駐車場がないため、岡山ブルーラインの西大寺ICを降りたところに臨時駐車場があり、そこから無料のシャトルバスが出ている。会場まで7〜10分。日曜日だったけれど、ほとんど待たずに乗れた。
 造園業者や個人が工夫を凝らして作ったミニ庭園を多数展示しているところがあり、金賞、銀賞、銅賞などの入選作もよいがまとまり過ぎていて、素人の個人が造った庭のほうが、かえって見ていて楽しかった。
多田欣也先生の「春の寄せ植え」の実演スペシャルスクールや、岡山出身の有名な造園学者である重森三玲(1896年〜1975年)が造った日本庭園の写真展も興味をもって楽しめた。


メイン会場の全景。



「おかやま花だより」のテレビニュースで写る場所。



チューリップが満開。


金加計学園グループ出展の好適環境水。(テーマ館)
金魚と熱帯魚が同じ水槽内で泳いでいる。好適環境水という特殊な水をつくると、淡水魚も海水魚も両方生きられるらしい。養殖産業への応用が目的。


サントリー出展の青いバラ。(テーマ館)
「花弁にはほぼ100%の青色色素を含む」とある。

ヒースバンクシアというオーストラリアの木の花。
ブラシのような花穂が面白い。強健で育てやすいらしい。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > おかやま花だより