ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > お好み焼きを運ぶロボットのある店


  お好み焼きを運ぶロボットのある店   


(2006年2月)
 岡山市の東平島交差点のすぐ近くに、「真珠」という名前のお好み焼きの店があります。この店ではロボットがお好み焼きを運んできます。ロボットといっても、跳んだり跳ねたり明瞭な言葉を話したりするハイテクロボットではありません。昔のテレビ漫画に出てくるような、ずん胴で一本調子のしゃべりかたをする、昔なつかしのロボットです。しかしこれがまた、たまらなくいいから不思議です。この店には十数年前から何度か来たことがあるが、店の人に聞いてみるともう20年になるそうです。保守をきちっとやっているそうですが、それにしてもほんとうに長寿のロボットで、昔のままの姿で地道に働いています。店の内部も昔とほとんど変わっていません。ロボットのめずらしさだけでなく、味、値段とも満足できる庶民的な店だからこんなに長く続いているのでしょう。(宣伝を頼まれたわけではないです。)
店の内部

  店の内部
 中央のレールの両側にテーブルが配置されていて、ロボットがレールを通ってやってきます。
ロボットお目見え  
 突き当たりのドアが両側に開いて、ロボットが出てきます。客がテーブルにつくと、水とお絞りを持ってテーブルまで来て90度回転し、客の方を向いて「いらっしゃいませ」と挨拶をします。水とお絞りは客が手を延ばしてとります。注文を聞くのは無理なようで、店の人が聞きにきます。
ロボットが出てくるところ

ロボットが材料を運んできたところ

  名前はNUMBER-ONE-ROBO
 「真珠特製焼き」を注文すると、しばらくしてロボットが材料を運んで来ました。ロボットはこちらを向いた後、両腕を下げて取り易くしてくれます。
お好み焼きは自分で焼きます  
 お好み焼きが焼けると、関西風の流儀に従って小さい方のコテで少しずつ切り取り、コテに乗せて口に運んで食べます。
 広島県では当然広島風お好み焼きが多いが、県境を越えて岡山県に入ると、とたんに関西風お好み焼きが主流になります。広島県に住んでいますが、広島風は野菜炒めみたいな気がするので、個人的には関西風のほうが好きです。
自分で焼きます

店の外観

  店の外観
 店に入るときはまだ明るかったが、帰る時は暗くなっていました。
店の看板  
  店の看板
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > お好み焼きを運ぶロボットのある店