ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 東城のお通り行列


  東城のお通り行列   


(2005年11月)
 東城町(広島県庄原市)で文化の日に開催された「お通り」を見てきました。「お通り」は江戸初期頃から始まった長い歴史をもつ時代絵巻ですが、戦後一時中断していたものが平成に入って復活し、今年は13回目。大名行列、武者行列、母衣(ほろ)行列、そして華童子行列(稚児行列) が街の中心街を整然と行列します。
 中でも母衣(ほろ)行列は、中学校、小学校の女の子が母衣(ほろ)とよばれる装飾品を背負って歩く華やかな行列で、文政13年の行列の記録にその名が残っている古いものです。もともと母衣(ほろ)は鎧の背につけた飾りで戦場で矢よけにした武具だったものですが、それがだんだん変化して籠の上に花飾りをつけた装飾品になったもので、全国でも東城にしかない珍しいものです。母衣(ほろ)は「母の衣で包む」という意味で、子供を病気や災難からまもる気持ちが込められています。昔は花飾りに山茶花をつかい、母の子供への愛情をあらわしたそうです。(東城町商工会のパンフレットより)


お通りのポスター

行列に先立って、東城小学校の舞台で行なわれた比婆荒神神楽

母衣(ほろ)を背負って出番を待つ女の子

母衣(ほろ)の上部には武者人形が・・・

武者行列

大名行行の先導侍

お殿様と奴


手押し車を押している人がいますが、何をしているかわかりますか。
そうです、スピーカーがついています。
「したにー・・・ したにー・・・・」
録音した声にあわせて進みます。

ブラウザがIEの時  

ブラウザがIE以外の時    再生



華麗な母衣(ほろ)行列。中学生から小学生までのなが〜い行列です。
結構重いようですが、小さい子の母衣(ほろ)は小さく作られています。
 
 多くの母親が心配そうに横について歩いています。


 かわいい華童子(はなわらべ)行列


裏千家の野点


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 東城のお通り行列