ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 面白いアニメーション作成ソフトウェア


 面白いアニメーション作成ソフトウェア 


いろんなソフトウェアを使って、アニメーションを作ってみました。
その中で、Pivot Stickfigure Animatorという異色の面白いソフトウェアがあったので紹介します。

1.いろんなアニメーション
(1) 文字のアニメーション
 これは、ホームページビルダーで作りました。


2005年元旦 (05-01-01)

(2) イラストのアニメーション
 個々のフレーム画像作成は、高機能なフリーのリタッチソフト「GIMP for Windows」で作り、個々のフレームからアニメーションGIFを作るGIF Animatorにはフリーウェアの「GIAM」を使いました。


暑中お見舞い申し上げます(04-7-26)

ブラウザがIEの時  
ブラウザがIE以外の時    再生


残暑お見舞い申し上げます(04-8-13)<BR>



暑中お見舞い申し上げます(05-7-18)

(3) JAVAアプレット
 画像の水面を波立たせるLake というJAVAアプレットが有名ですが、そのうちの一つを使ってみたものを「菅原神社の眼鏡橋」に載せています。


(4) Flashアニメーション
 Flashアニメーションを作ってみました。


明けましておめでとうございます。
2007年正月。


暑中お見舞い申しあげます
フラッシュアニメを作成しました (08-7-5)

2.Pivot Stickfigure Animator
 Pivot Stickfigure Animator というアニメーション作成ソフトウェア(海外のフリーウェア)を見つけたので使ってみました。単純な画面のイラストしか作れませんが、そのかわりパラパラマンガ風の面白いアニメーションGIFが簡単に作れ、アニメにストーリを持たせることも容易です。
次のアニメはPivot Stickfigure Animator で作ったアニメで、このソフトウェアにサンプルとして付いているものです。



このフリーウェアは線と円だけををつないでいって画像を描くもので、リタッチソフトを使うのに較べれば非常に簡単です。
 基本となるFigure Type が何種類か準備されており、その画像の手足や頭などの構成部分をあやつり人形のように動かしていってイラストを作ります。Figure Typeは 自分で間単に作れ、登録しておくことが出来ます。Figure Type の構成部分の線の太さ、長さ、円の大きさは自由に変えられます。
 一つのフレーム上の任意の位置に複数個のFigure Typeを配置し、それぞれのFigure Type を独立に動かしていきます。また、フレームごとにFigure Type に色をつけることができ、Figure Type の前面、背面の設定もできます。
 一通りできたらPlayでアニメの動きを確認し、不自然なところを修正し、最後にGIFファイル、又はAVIファイルに変換します。


Pivot Stickfigure Animatorの操作画面


Figure Type の例(Man)
このソフトウェアを使って下のようなアニメーションを作って見ました。川を跳び越えようとしたらボールが飛んできて頭にあたって川に落ち、もぞもぞと這い出てくるというアニメです。



このアニメを作った手順は、以下の通りです。
(1) 画面サイズを設定します。
 1000画素×800画素 にしました。イラストが作りやすいように最初大きく設定しておき、GIFに変換するときに1/4(250画素×200画素)に縮小しました。

(2) 背景画面(1000画素×800画素)をペイントソフトで作ります。

(3) Figure Type を作ります。
 人間と、ボールと、人間が川に落ちた時のしぶきと人間の水の中の部分を隠すためのブロック の三つです。


人間のFigure Type

ボールのFigure Type

しぶきと人間を部分的に隠す為のFigure Type

(4) 背景画面をロードしてフレームに貼り付けます。

(5) フレーム1から順にイラストを作っていきます。
 必用なFigure Type を任意の位置に配置し、手足を動かして希望の姿にします。フレームを作るとき、前のフレームのイラストが薄く重なって見えるようになっているので位置関係が非常にわかりやすいです。次にFigure Type に色を付け、また前面、背面の設定をします。しぶきのFigure Type は背景の水の色と同じ色にし、人間の前面に設定します。人間の水に沈んだ部分を見えなくするためです。

(6) Playを行い、不自然なフレームを修正します。

(7) 出来上がったら、GIFファイルに出力します。このとき変更オプションで、画面サイズを250画素×200画素に縮小します。
 フレーム切換時間の設定もできますが、フレーム毎の切換時間の設定はできません。

(8) できたGIFファイルをMicrosoft GIF Animatorで読み込みます。フレーム毎のイラストに分解されるので、Microsoft GIF Animatorでフレーム毎の切換時間を設定しなおします。 ( 「GIAM」でも同じようにできます)

(9)以上で完成です。インターネットエクスプローラで開いて出来具合を確認します。
 フレーム数は27枚で、できがったGIFファイルのサイズは15KBと小さいです。もう少し丁寧に作ればもっと滑らかになると思います。


もう一つ作ってみました。「武蔵と小次郎の決闘」です。フレーム数は38枚で、サイズは28KBです。


特別な知識が無くても、少し慣れれば面白いアニメーションが簡単にできそうです。
 このユニークなフリーウェアは、ここからダウンロードできます。 ――――― Pivot Stickfigure Animator


(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 面白いアニメーション作成ソフトウェア