ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > DVDの地域コードについて


  DVDの地域コードについて  


(2004年11月)
DVDプレイヤーで映画が突然再生できなくなった
先日DVDプレイヤーでレンタルショップで借りたDVDを再生しようとするとすると、「再生できないディスクが入っています」というメッセージが出て再生できなくなりました。今まで動いていた手持ちのどのDVDで試してみても動きません。リモコンで変な設定をしてしまったかもしれないと思って取り扱い説明書を調べてみたが判りません。英語表示に変えてみたら Wrong Region というエラーメッセージだったので、地域コードが合わなくなったのだろうとようやくわかりまし。
 ヤマダ電機の特価で買った安いDVDプレイヤー(CyberHomeのCH-DVD402)なので、故障しても仕方がないかなとも思ったけれどCDやVCDは正常に動くし、まだ買って一年そこそこ(保証期間は丁度過ぎたところ)なので、こんなことで買い替えたくないし。
 代理店であるアーガスジャパンに問い合わせたところ、何らかの原因でRegion Code が変わってしまったのだろうということで、たまにそういうことがあるそうです。プレイヤーを工場出荷時の設定に戻す方法を教えてもらい(マニュアルにも書いてあった)、それで解決しました。それにしても人騒がせなRegionCodeはどういうことになっているのだろうか。よく知らなかったので調べてみました。

地域コード(リージョンコード、リジョナルコード、カントリコード、Region Code)
(1) DVDフォーラムで定められている
 DVDはデータ、画像、音声など多様な情報を記録できますが、DVD-ROM、DVD-Video、DVD-Audio、DVD-R、コピー防止など様々の規格が、世界的な業界団体であるDVDフォーラムで定められています。映画などの動画の規格はDVD-Video として定められており、DVD-Videoの媒体(ディスク)及びDVDプレイヤーは国毎に決まっている地域コードを設定することになっていて、それらが一致しないと再生できません。 例えばアメリカで買ってきたDVDディスク(地域コード1)は、日本国内で販売されているDVDプレイヤー(地域コード2)では再生できません。

(2) 具体的な地域コード
 地域コードは8個あり、そのうち7は未使用、8は国際航路等の特殊用途用です。割り当ては下表のようになっています。
 NTSC、PAL、SECAMはテレビ標準方式(映像信号の形式)を示し、国によって採用している方式が異なります。従って同じ地域コードであってもテレビ標準方式が異なると再生できません。日本の地域コードは2でヨーロッパと同じですが、テレビ標準方式が異なるためヨーロッパのDVDディスクは日本では再生できません。
 DVDプレイヤーの地域コードは1つだけだけですが、DVDディスクは2つ以上の地域コードを持つことができ、地域コードが0のDVDディスクの場合はリージョンフリーとなり、どのDVDプレイヤーでも再生できます。

コード 国、地域
NTSC PAL SECAM
0 (ALL) 全世界で再生可
アメリカ・カナダ・世界の米領島嶼部 --- ---
2 日本・グリーンランド 西欧諸国・中近東諸国・南アフリカ フランス・フランス海外県・ギリシャ・中東欧諸国・中近東諸国・エジプト
3 韓国・台湾・カンボジア・フィリピン・ミャンマー 東南アジア諸国・香港 ---
4 メキシコ・中南米諸国・西サモア・ミクロネシア オーストラリア・ニュージーランド・大洋州諸国・中南米諸国 ---
5 --- 南アジア諸国・アフリカ諸国 ロシア・旧ソ連諸国・北朝鮮・モンゴル・アフリカ諸国
6 --- 中国 ---
* IT用語辞典 e-Words から引用

DVDドライブの地域コード
 DVDディスクはパソコン上でも再生できますが、パソコン上で再生する時はDVDドライブとDVDプレイヤーソフトが必要です。以前はDVDドライブに地域コードを設定する必要は無かったのですが(RPCフェーズ1モード)、その後DVDドライブにも地域コードの設定が必要となり(RPCフェーズ2モード)、最近のDVDドライブは地域コードをチェックするようになっています。従ってDVDディスクをパソコンで再生する時は、DVDドライブ、DVDプレイヤー及びDVDディスクの全ての地域コードが合致しないと再生できません。日本国内で普通に使用する場合は、DVDドライブ、DVDプレイヤー、DVDディスクとも地域コードが2になっているので問題ないのですが、アメリカなど海外から入手したDVDディスクやDVDプレイヤーを使用する場合はそのままでは再生できないことになります。
 DVDドライブやDVDプレイヤーの地域コードは基本的には固定ですが、5回まで地域コードを変更できるようになっているものが多いようです。私のパソコンについて調べたところ、DVDドライブ(パイオニアのDVR-A06-J)とDVDプレイヤー(PwerDVD)のいずれもが、5回まで地域コードを変更できるようになっていました。また、Windows XPでは、「デバイスマネージャ」でDVDドライブの地域コードを変更することができるようです。

地域コード規格への不満
 地域コードがDVD-Video規格に追加されたのは、ハリウッドの映画業界の強い意向によるもので、映画を海外で封切りする前にその映画がDVDディスクで海外に流出してしまうのを防止するのが目的です。地域コードについては、ユーザーを無視した一方的な規則であるという不満も多く、また知的財産権と独占禁止法が関わる問題ともされています。そのためか、リージョンフリーのプレイヤーが販売されていたり、隠しコマンドで地域コードを変えることができたり、地域コードを自由に変えられるソフトウェアが売られていたりします。また、リージョンフリー対策をテーマにしたホームページも多くあります。地域コードを変えること自体は違法ではないようですが、メーカーのサポートが受けられなくなるので注意が必要です。
 CyberHomeのCH-DVD402 の場合、リモコンで、SETUP→1→3→6→9→LEFT(3回)→RIGHT(1回)を押すと地域コードを変更でき、実際にリージョンフリー(地域コード0)に変更してみましたが、正常に再生できました。このような情報はホームページから簡単に入手できます。ただしDVDディスクには、DVDプレイヤーの地域コードをチェックする機能が入っているものもあり、この場合にはリージョンフリー(地域コード0)では再生できず、地域コードをDVDディスクと合致させる必要があるようです。
   しかし、海外のDVDディスクをわざわざ取りよせて見る人がどれくらいいるのだろうか? 

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > DVDの地域コードについて