ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > HP用デジカメ画像の修正(その1:回転、切り抜き、文字追加、画像の合成)


 HP用デジカメ画像の修正(その1:回転、切り抜き、文字追加、画像の合成)


 デジカメで撮った写真をホームページに掲載するとき、撮影した画像をそのままではなく、必要な領域だけ抜きだしたり、明るさやコントラストを調整したり、画像サイズを小さくしたりしていると思いますが、何のソフトウェアを使ってどのようにしていますか?
 私もホームページを運営するようになり、デジカメ画像を載せているうちに、私なりの画像の修正方法の手順が自然に決まってきました。私のやり方は、次の通りです。
(1) 任意の角度で画像を回転させ、傾きを補正する。
(2) 画像のうち必要な部分だけを切り取る。
(3) 画質を修正する。
(4) HPに合わせ、画像のサイズを小さくする。
(5) 画像上にタイトルなどの文字を追加する。
(6) 画像を合成する。
(7) Jpegの画質設定を行い、画像をJpegファイルで保存する。
 ここでは、フリーウェアのJtrim によるデジカメ画像の修正手順を紹介します。(Jtrimでなくても、同じ機能があれば同じようにできます)
「HP用デジカメ画像の修正(その1:回転、切り抜き、文字追加、画像の合成)」 では、上記手順の(1)、(2)、(4) 、(5)、(6) について紹介します。
「HP用デジカメ画像の修正(その2:画質修正)」 では、(3) を紹介します。
「HP用デジカメ画像の修正(その2:JPEGと画質)」 では、(7) を紹介します。
画像修正に慣れていない人の参考になればと思います。

 (注記) このページは2004年6月に作成したものですが、その後Jtrimのバァージョンが1.52にまで更新されているので、画面や内容を見直ししました。(2006年9月)

1.画像関係のソフトウェアの種類

 画像処理のソフトウェアとして有名なものではPhotoshopがありますが、このような高機能のソフトウェアでなくてもフリーウェアですぐれたものがいっぱいあります。Jtrimもその一つです。
 画像関係のソフトウェアは、その使用目的によって大別すると以下のように分けられます。
(1) 画像ビューア
 画像を見ることを目的としたソフトウェアで、Bitmap、Jpeg、Ping、Gif など、いろいろなフォーマットの画像ファイルを表示したり、サムネイル表示、スライドショウ、画像ファイルの並べ換え、ファイル名称の変換 などができます。
Vix、Linar、IrfanView日本語版 など多くのフリーウェアがありますが、私はVix を使っています。
 主に画像ファイルの整理に使用しており、サムネイル表示で画像の中身を確認し、不要な画像を削除したり、並べ換えたり、ファイルネームを一括変換したりしています。操作性は非常にいいです。
(2) レタッチソフト
 画像の切り抜き、画質調整、特殊効果、文字の追加、画像の合成などをするソフトウェアで、これから説明するデジカメ画像の修正に使用するものです。私は今はPhotoshopを使っていますが、精細な補正をしたり凝った画像を作るのでなければ、フリーウェアのJtrim で十分です。
Jtrim のよいところは、任意角度の画像の回転ができる、ガンマ補正ができる、HSVカラー調整ができる、明るさのヒストグラムが見れる、文字入れができる、その他最低限必要な機能がバランスよく入っているからです。
(3) ペイントソフト
 Windows OSに標準でついている「ペイント」のような描画ソフトです。
PictBear、Pixia などの有名なフリーウェアがあります。レイヤー機能や、画像修正機能など、フリーウェアでも多彩な機能がついていることが多いです。

2.デジカメ画像の取り込み

 最初にデジカメ本体から撮影した画像ファイルを取り込みますが、これはデジカメに付属しているソフトウェアを使用している方がほとんどだと思うので、ここでは取り込んだ画像ファイルがあるものとします。
 また、画像をソフトウェアで修正するといっても限度があるので、やはり撮影時にきれいに撮影することが最重要です。もともとボケている画像の修正にも限度があるし、背景をぼかすのも撮影時しか出来ません。(Photoshopなどを使えば出来るが、時間がかかる)
 ソフトウェアで画像を修正することを考えると、デジカメで撮影する時は、最大解像度で、目的物より少し広めに撮影しておけば、あとで融通がききます。

3.任意の角度で画像を回転させ、傾きを補正する

 画像1は2048画素×1536画素で撮影したビーズ織りのバッグのデジカメ画像で、左部と上部に黒い不要な部分が写っています。また、蛍光灯の下で撮影して、ホワイトバランスがうまくいっていないので全体に青っぽくなっています。
この画像の黒い部分を除外し、バッグを少し左上がりの状態に傾け、400画素×300画素のJpegファイルにして保存することをやってみます。
 最初にバッグを左上がりにするため、画像を少し回転させます。90度単位での回転機能は大体のソフウェアについていますが、任意角度となるとついていないソフトウェアもあるので、確認する必要があります。
Jtrimでは、簡単に任意角度の回転ができます。Jtrimのメニューバーで、「イメージ → 任意角度回転」 を選択すると、画像2のようなダイアログが出ます。回転角度の値を変え、回転した画像を見ながら希望の値に設定し、OKをクリックするだけです。この場合、角度を6度に設定して右回転させました。アンチエイリアス処理(回転したときに画像の輪郭がギザギザになるのを軽減する処理)は、チェックしておきます。

画像1 オリジナル画像

画像2 任意角度の回転


4.画像のうち必要な部分だけを切り取る

 次に、周囲まで傾いてしまった画像から必要な部分だけを切り出します。Jtrimのメニューバーで、「イメージ → 切り抜き 」 を選択すると、画像3のようなダイアログが出ます。
 ここで、最終的な画像サイズを400画素×300画素(4:3の比率)にするため、まず座標1(切り抜く長方形の左上)を x:0、y:0 にし、座標2(切り抜く長方形の右下)を x:400 にするとyは自動的に300になります。これは、もともと原画像の画素サイズが4:3の比率(2048画素×1536画素)であり、ダイアログの縦横比を維持するにチェックが入っているためです。
 この状態から、右下のコーナーをドラッグし、さらに長方形全体をドラッグして(長方形の中央部にカーソルをおくと手のひらが現れる)、目標とする部分を囲むようにして切り抜き領域を設定します(画像4)。切り抜き領域が決まったらOKをクリックすると切り抜かれた画像ができます。
 原画像の横と縦の比率は4:3ですが、この画像から4:3とは異なる比率で画像を切り抜くには次のようにします。たとえば1:1の比率にするには、まず「縦横比を維持する」 のチェックを外し、座標1を x:0、y:0 にし、座標2を  x:400、y:400  に設定します。座標2は、比率が1:1であれば400でなくてもかまいせん。その後、「縦横比を維持する」 をチェックを入れてから、右下のコーナーをドラッグすると、1:1の比率を維持したまま希望の領域を設定できます。


画像3 目標画像サイズ設定


画像4 縦横比固定してトリミング

5.HPに合わせ、画像のサイズを小さくする

 4項で領域を切り取った後は画質調整をするのですが、これは「ホームページ用デジカメ画像の修正(その2)」で説明するので、ここではとばします。
画像5は、切り取った後画質修正した画像を示しています。青っぽさがなくなり、画像もすっきりしています。
4項で切り抜いた画像は、画像4の最下部に表示されているように1640画素×1230画素(4:3の比率)になっているので、これを400画素×300画素に変換します。
Jtrimのメニューバーで、「イメージ → リサイズ」 を選択すると、画像5のようなダイアログが現れます。ここで、「縦横比を固定する」 のチェックを入れたまま、横を400画素に変更すると縦は自動的に300画素に変わります。計算誤差で1ぐらい差異が出ることもありますが無視。どうしてもいやなら、「縦横比を固定する」 のチェックを外して300画素にして下さい。
「再サンプリングを行なう」 は、拡大・縮小の技術的手法の選択で、デフォルトの 「Lanczos3」 にしておけばよいです。
OKをクリックすると画像が縮小されます。画像が小さくなるので、ズームインして画像を大きくし、見やすくしておきます。


画像5 画像サイズの変換

6.画像上にタイトルなどの文字を追加する

 画像に文字を追加したい時があります。このときはJtrimのメニューバーで、「編集 → 文字入れ」 を選択すると、画像6のようなダイアログが出ます。ここで、例えば「ビーズ織り」と入力し、フォントの種類、サイズ、色、枠、背景色などを設定します。画像上に文字が現れるので文字を見ながら設定し、文字枠をドラッグして好きな位置に配置します。最後にOKをクリックすると図7のように文字が追加されます。


画像6 文字の追加


画像7 文字を追加した画像

7.画像を合成する

 Jtrimでは画像の上に別の画像を重ねて合成することもできます。
まず、貼り付けル画像のサイズを適当なサイズに変換します。例えば、先に作った400画素×300画素の画像(画像7)に貼り付けるには、貼り付ける画像はこれより小さい必要があります。画像8は貼り付ける画像を100画素×75画素にした例です。
ここでは貼り付ける画像に枠をつけることも行っています。画像に枠をつけるのには、メニューバーの 「加工 → 立体枠をつける」 を使用します。


画像8 貼り付ける画像

画像8の画面で、メニューバーの 「編集 → コピー」をクリックしてこの画像をコピーします。次に貼り付けられる方の画像を開いた後、メニューバーの 「編集 → 合成貼り付け」 をクリックすると画像9に示すように貼り付ける画像が現れます。この画像枠をドラッグして適当な位置に動かしたあと、位置確定ボタンをクリックすると画像が貼り付けられます。画像10は、このようにして作成した画像です。


画像9 合成する画像の位置調整


画像10 合成してできた画像
画像12のように、複数個の画像を位置をずらして合成することも出来ます。
この場合は、まずメニューバーの 「ファイル → 新規作成」 で、各画像を配置するための大き目の画面(白色)を作ります。この画面の上に画像を貼り付けていくのですが、画像が無い部分を透過状態にするため、この画面全体を透過に設定しておきます。メニューバーの 「イメージ → 透過状態を表示」のチェックを入れておいて、「イメージ → 透過色設定」」をクリックするとスポイドが表示され、画面をクリックすると画面が図11のように透過状態になります。
次にJtrimをもう一つ開き(画像11)、貼り付ける画像を開いてメニューバーの 「編集 → コピー」をクリックしてコピーします。再度Jtrimを切り換えて先ほどの透過画面の上に 「編集 → 合成貼り付け」 によってコピーした画像を貼り付けます。さらに別の画像を貼り付ける場合は、同じことを繰り返します。 画像12のように、透過画面の上に文字をついかすることもできます(「ビーズ織り」という文字)。透過画面が大きすぎた場合は、「イメージ → 切り抜き 」で不要部分を削除します。
最後にこの画像を保存するのですが、透過設定を有効にするにはGifファイルで保存する必要があります。画像12は、Gifファイルで作成したもので、画像の無い部分は透過してこのホームページの背景色になっています。
Jtrimにはレイヤー機能が無いので少し使いずらいですが、それでも手順を考えて作業すれば十分実用になります。



画像11 Jtrim画面を二つ開く

画像12 透過色設定を利用したGifファイル画像

8.画像をJpegファイル で保存する

 最後に、Jtrimのメニューバーで、「ファイル → 名前を付けて保存」 を選択し、Jpeg で保存します。
どうでしたか、非常に簡単ですね。次は、画質調整ですが、これは少し難しいです。

 
「HP用デジカメ画像の修正(その1:回転、切り抜き、文字追加、画像の合成)」  おわり

「HP用デジカメ画像の修正(その2:画質修正)」へ



   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > HP用デジカメ画像の修正(その1:回転、切り抜き、文字追加、画像の合成)