ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > HP用デジカメ画像の修正(その3:JPEG圧縮と画質)


 HP用デジカメ画像の修正(その3:JPEG圧縮と画質) 


 「HP用デジカメ画像の修正(その2)」で修正した画像を、最後にJPEGファイルに圧縮して保存しますが、そのとき圧縮後のファイルサイズを小さくする為、画質の選択ができるようになっているソフトウェアが多いです。言い換えると、高画質を選ぶと圧縮後のファイルサイズが大きくなり、低画質を選ぶと圧縮後ノファイルサイズが小さくて済みます。
 ホームぺージのメモリ容量を有効利用するためにも、またホームページを見るときに画面が早く表示されるようにする為にも、ファイルサイズは小さければ小さいほどよいのですから、必要十分な画質設定にすべきです。
 以下、JTrim(フリーウェア) の場合と、iJPEGComp(フリーウェア) を使った場合の画質選択について紹介します。
(他のソフトウェアでも大体同じような考え方で設定できます)

1.JPEG圧縮について知っておきたいこと

 まず最初に、JPEG圧縮について知っておきたい項目は、以下のとおりです。
(1) 非可逆圧縮
JPEG圧縮は、いったん圧縮するともう元の画像に戻すことができない非可逆圧縮方式です。従って、元の画像は今後使わないと決めていない限り、バックアップを取っておくようにします。
(2) JPEG圧縮する毎に画質は劣化する
 同じ画質設定であっても、JPEG圧縮を繰り返す毎に画質は劣化していきます。デジカメから取り出した画像も、画像を修正してJPEG圧縮して保存する毎に劣化していきます。従って画像の修正段階ではできるだけ高解像度のまま修正し、BITMAP ファイルで保存するか、JPEGファイルで保存するときも最高画質の設定で保存します。JPEG圧縮の画質設定を低くするのは、最後にホームページに貼り付ける画像を作るときに行います。
(3) 画質劣化の症状
 低画質を選択して圧縮率を上げていくと、次のような画質劣化が目立つようになります。
 ・ ブロックノイズ --- ブロック状(タイル状)のノイズ。
 ・ モスキートノイズ --- 画像の輪郭部分の、もやもやしたノイズ。
                 (蚊の大群がまつわりついているように見えるところから)
2.JTrimによるJPEG圧縮

 JPEGで保存する場合の画質の選択方法は、0〜100 や 0〜10 の中から選ぶようになっているソフトウェアが多いです。また同じ数値に設定しても、画像の内容によって画質劣化の目立ち方が異なるため、画像ごとに実際にJPEG圧縮して再表示してみないと圧縮後の状態はわかりません。
 JTrimの場合は、メニューバーから 「ファイル → 保存オプション」 を選択すると、画像1のようなダイアログが出るようになっています。このダイアログで 「品質を数値で指定する」 を選び、0〜100 の数値から画質を選択してOKをクリックし、次にメニューバーから 「ファイル → 名前を付けて保存」 を選択して保存すれば、設定した画質で保存できます。
(注記)
 ダイアログにあるJPEG2000とは、従来のJPEGよりも画質、圧縮率が改善されたJPEG圧縮方式ですが、演算にコストがかかる割にはサイズがあまり小さくならないなどの理由により、当初の期待に反してあまり普及していません。現状では標準設定のブラウザでは表示できないので、ホームページ用画像には使えません。


画像1 JTrimのJPEG画質の設定ダイアログ


 画像2はパッチワークの画像を品質設定100で、画像3は品質設定50で、画像4は品質設定10で、画像5は品質設定2でそれぞれ保存した画像の例です。画像3及び画像4のパッチワークの輪郭部分にもやもやした部分が見えますが、これがモスキートノイズです、画像5で四角のタイル状の部分が多く見えますが、これがブロックノイズです。 画像2〜画像5の画像を、品質設定100にして再度圧縮して保存しても、もうもとの画像には戻りません。
 ファイルサイズは、それぞれの画像の下に記載しているように、18KB、13KB、5KB、3KB と減っていきます。


画像2 JTrimで画質設定100の時、18KB


画像3 JTrimで画質設定50の時、13KB


画像4 JTrimで画質設定10の時、5KB

.
画像5 JTrimで画質設定2の時、3KB

3.iJPEGCompによるJPEG圧縮

 JTrimは、画質設定した結果どうなるかは、実際に設定して保存し再度表示して見てみないとわかりませんが、圧縮後の画質及びファイルサイズを確認しながら圧縮できるiJPEGCompという便利なフリーウェアがあります。
 画像6は、iJPEGComp の画面で、画像2と同じパッチワークの画像を表示した画面です。JPEG圧縮の画質は、上部の「保存画質」に数値を入力することにより設定します(又はスライドバーで設定)。 
 画面の左上画像がオリジナル画像の等倍画像、左下がオリジナル画像の2(縦)×2(横)倍の拡大画像、右上は、設定した保存画質で圧縮した時の等倍画像、右下はその2(縦)×2(横)倍の拡大画像です。オリジナル画像サイズが大きいときは縮小表示して全体表示できます(上段の左右の表示)。 拡大画像については、拡大する画像の位置の選択や、拡大倍率を簡単に設定できます(下段の左右の表示)。
 画面の下端に、元のファイルサイズと圧縮後のファイルサイズ表示されます。


画像6 iJPEGCompで画質設定100の時

 画像7は、保存画質が50の時の画像です。 等倍画像では目だたなくても、拡大すると輪郭部のモスキートノイズがよくわかり、精度よく選択できます。また実際の画質を見ながら数値設定でき、しかもファイルサイズもすぐわかるので、非常に便利です。


画像7 iJPEGCompで画質設定50の時

4.プログレッシブJPEG

 iJPEGCompのメニューバーから 「編集」 を選択すると、「プログレッシブ」 という表示があります。これをチェックする(有効にする)と、プログレッシブJPEGでの圧縮が出来ます。
 プログレッシブJPEGとは、画面を表示するときに上端から下端にも向かって順々に表示していくのではなく、まず全体画面をぼんやりと表示し、時間ととも鮮明になっていく表示方法です。画面表示の早い段階で何の画像かがわかるので、画像表示時間が長くかかるとき待ち時間のイライラが軽減できます。最近の常時接続ではあまり問題にならないでしょうが、ダイアルアップ接続に対しては有効です。

「HP用デジカメ画像の修正(その3:JPEG圧縮と画質)」 おわり


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > HP用デジカメ画像の修正(その3:JPEG圧縮と画質)