ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 山波とんど


  山波とんど  


(2012年1月)
 尾道市山波町の「山波とんど」を見てきました。山波は「やまなみ」ではなく「さんば」と呼ぶ。尾道市の民族文化財になっていて毎年1月の第3日曜日に開催され、今年(2012年)は1月15日に市立山波小学校のグランドで開催された。元禄年間から行われていたとんどを近年再現したもので、稲わらで作った高さ13mのとんどの上部に、その年の干支の飾りつけをするのが特徴らしい。



大とんど2基(右側)と子供とんど2基(左側)の四つのとんどが並ぶ。



「竜ちあがれ日本」、「がんばれ東北」。



見事な竜の飾り物。



だいだいで作った飾り物。



だいだいを二つに切り、竹の棒を突き刺して作っている。



屋台も少し出ているが、売れ行きは厳しそう。



四つのとんどを担いでグランドを練り歩く。それぞれのとんどには
乗り手が乗っていて、15分間隔ぐらいに繰り返して練り歩く。
(13時から15時ぐらいまで)



時々とんどを上下に激しく揺らす。
必死にロープにしがみついている女性の乗り手。




舞台で歌う「山波囃子」にあわせて練り歩く。


子供とんども同じように練り歩く。



寒かった。グランドの端の方ではたき火で暖をとっている。



練り歩きが佳境に入ると、とんどのぶつけ合いを行う。





最後は、よいしょ、よいしょ・・・の掛け声に合わせて練り歩く。
(コンパクトデジカメで撮影)



練り歩きがおわり、とんどを燃やす準備にかかる。
干支の飾り物も燃やすが、今年の竜はできがよいので、
取り外して保存することになったらしい。



首の上のうろこは、いちょうの葉を貼り付けたもの。



いよいよ点火。

大とんどの一つが点火後すぐに倒れてしまった。
ああーあ・・・  (ため息) 

おもちを針金に結び付けて、とんどの火で焼く人も多かった。

----- 終り -----


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 山波とんど