ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 音楽をSDカードにコピーして楽しむ


  音楽をSDカードにコピーして楽しむ  

(2013年2月)
音楽CDやアナログ録音した音楽などから好きな曲だけをを集め、MP3ファイルに変換してSDカードやUSBメモリにコピーし、オーディオプレイヤーやカーナビなどで聞くことが多い。備忘録も兼ねて、そのやり方をまとめてみた。使用するソフトウェアは全て定番のフリーウェアであり、入手方法や使い方はインターネットで検索すればすぐにわかる。ここでは入手方法は記載していないし、使い方も省略しているところが多いのでご勘弁願いたい。

1.音楽ファイルの収集
(1)音楽CDの音楽をMP3ファイルにして取り込む

Exact Audio Copy を使えば、簡単に音楽CD内の音楽ファイル(wavファイル)をMP3ファイルに変換してパソコンに取り込める。
図1は、Exact Audio Copy を起動して音楽CDをパソコンのドライブに挿入した時の図で、その音楽CDがfreedb(無料のインターネット音楽CDデータベース)に登録されておれば、インターネット経由で登録内容を取り込み、音楽CDのデータが図のように表示される。

図1 Exact Audio Copy のメイン画面

その中から自分が欲しい曲だけにチェックマークをし、保存するホルダーを適当に作って指定することにより、CD内の音楽ファイルをMP3ファイルに変換して保存できる。図2は、オーディオデータ取り込み中の画面である。なお、MP3ファイルのエンコーダは、定番の lame.exe をダウンロードしてExact Audio Copyと同じホルダーに配置しておけばよい。

図2 オーディオデータ取り込み中の画面

音楽CDがfreedbに登録されていない場合には、図3のようにトラック名のところがトラック01、トラック02・・・のようになり、他の部分も表示されない。このまま取り込むとファイル名もトラック01.mp3、トラック02.mp3 ・・・となるので、後からファイル名を書き換える必要がある。
なお、音楽CDのリッピングソフトは、Exact Audio Copy 以外にも CDex、FreeRIP など多数ある。

図3 音楽CDがfreedbに登録されていない場合

(2)インターネットから動画をダウンロードし、音声部を抽出してMP3ファイルにする
インターネットから動画をダウンロードするソフトウェアはいろいろあるが、例えば Real Player を使えば、YouTube 、にこにこ動画 などから簡単に動画をダウンロードできる。図4は Real Player の場合で、動画画面にマウスを乗せると画面の右上に「このビデオをダウンロード」のボタンが出て、これをクリックするとダウンロードが始まる。

図4 動画の右上に「このビデオをダウンロード」のボタンが出る

ダウンロードが完了すると、図5のようにダウンロードしたファイルのリスト画面が出る。リストからファイルを選択すると「MP3に変換」のメニューが出る。これをクリックすると Real Player Converter が起動し、音声だけを抽出してMP3ファイルを生成する。また選択により、Apple iPad などMP3以外にも変換することができる。
しかし、2012年10月1日から著作権法に反した違法な動画や音楽などをダウンロードすると、ダウンロードした者にも罰則が科せられるようになったので注意が必要である。

図5 ダウンロードリストからファイルを選択し、MP3に変換する

(3)パソコン上で動画を再生し、音声をアナログ録音してMP3ファイルにする
動画をパソコン上で再生しながら、Audacity などのソフトウェアでアナログ録音し、それをMP3ファイルにすることができる。
インターネット上での動画の再生、DVDの再生、デジタルテレビの番組(1回録画)をBD-RやDVD-RW(VR形式)で録画し、それをパソコンで再生するなどの場合にこの方法が使える。作業が面倒であり音質も劣化するが、個人で楽しむ分にはこれで十分だ。
パソコン上で動画を再生させながら、図6の Audacity のメイン画面で左上の赤丸のボタンを押すと録音が始まる。録音をやめたいところで黄色の四角いボタンを押すと、録音が停止する。このとき、記録した波形が適当な大きさになるようにマイクの絵のついたスライダーで音量を調節しておく。
そのあと、「ファイル→書き出し」 をクリックし、ファイルの種類からMP3を選択し、保存ホルダーを決め、ファイル名をインプットすれば、MP3ファイルを書き出すことができる。

図6 Audacity でアナログ録音し、MP3ファイルに変換する

(4)カセットテープに録音していた音楽をMP3ファイルにする
カセットテープに録音していた音楽は、サウンドの編集とノイズの除去 に記載している方法で、MP3ファイルに変換して保存する。


2.MP3ファイルのタグを編集する
MP3ファイルには、音楽データとともに曲名やアーティスト名などの情報を管理するデータがID3タグに組み込まれており、プレーヤではこれを用いて曲名やアーティスト名を表示する(安価なプレ−ヤでは表示できないものもある)。 Super Tag Editor を使えば、このID3タグを簡単に編集できる。Super Tag Editor はもともとはmercuryさんの著作であるが、それを haseta さんが改良し(STEP)、さらにそれを mimura さんが改良している(STEP_M)。 機能的には大きな違いはないようだが、ID3タグの仕様も徐々に変わってきているので、ここでは最新のSTEP_Mを使用する。
図7は、C:\songs のホルダーを作ってそこに好みのMP3音楽ファイルを 保存し、STEP_M で表示したものである。音楽ファイルごとにMP3ファイルのタグ情報が異なっているので、表示される内容はバラバラだ。
Super Tag Editor を使ってこれを編集するのであるが、エクセルと同様の手順で転記や貼り付けができるので、非常にわかりやすい。

図7 収集したMP3音楽ファイルのタグを、STEP_M で表示

編集のやり方は人によってさまざまであろうが、私は以下の手順で行っている。

(1)SIF/ID3v2ボタンの選択
MP3のタグの仕様には、昔のID3V1(ID3V1.0、ID3V1.1)と拡張仕様のID3V2(ID3V2.1、ID3V2.2、ID3V2.3、ID3V2.4)とがある。
古いプレーヤでは、ID3V1しかサポートしていないものもある。幸いなことに、ID3V1はファイルの末尾に、ID3V2はファイルの先頭に配置するので、両方同時に組み込んでおける。両方組み込まれている場合は、ID3V2が優先して読み込まれる。図7の「ファイルの種類」の欄で、MP3(ID3v2.3+v1.1)と表示されているMP3ファイルには、両方のタグが組み込まれている。
ID3タグの仕様のうち、現時点では ID3V2.3、UTF-16(文字コードの仕様)が無難なようなので、このID3仕様で編集する。 
編集にかかる前に、ID3TAG(ID3V1のことらしい)ボタンとSIF/ID3V2(SIFはsummary information field)ボタンから、SIF/ID3V2ボタンを選択しておく。

2)トラック名、アーティスト名を編集する
トラック名、アーティスト名がないものは、「ファイル名」欄に表示されているファイル名から、必要な文字部分をエクセルと同じようにコピーし、トラック名、アーティスト名のところに貼り付ける。トラック名がトラック01、トラック02のようになっているファイルは、Exact Audio Copyで取り込むときに音楽CDがfreedbに登録されていなかった為で、元の音楽CDを見て、トラック名、アーティスト名を手で入力する。

図8 トラック名、アーティスト名の編集

3)アルバム名とジャンルの編集
「アルバム名」の欄は、1番目のファイルに自分の好きな名称を入力し、下のファイルにも同じ内容を転記する。転記方法は、転記範囲を指定して、メニューから「編集→下方向へコピー」 を実行することにより行える。エクセルと同じように、Cnt+D でもよい。
「ジャンル」欄はプルダウンメニューから選択できるが、「演歌」などの日本語のメニューはない。日本語の追加は、「オプション→オプション設定→ジャンル設定→追加」 で行える。一番上のファイルのジャンルを指定したら、後はアルバム名とおなじようにして下のファイルにも転記する。

図9 アルバム名、ジャンルの編集

(4)TrackNoの編集
音楽の再生順を決めて、再生順に TrackNo の番号を書き換える。その後、「TrackNo」の表題部をクリックすると、ファイルがTrackNoの順に並び換えられる。

図10 TrackNoの編集

(5)ファイル名の編集
ファイル名はトラック名と同じにし、さらにその先頭に連番(再生順。TrackNoと同じ)を付ける。連番を付けるのは、SDカードなどに書き込んだときに番号順に再生できるようにするためである。
まず、ホルダー(C:\songs)を選択する(ホルダー内の全てのファイルに同じ処理が実行される)。次に、「変換→デフォルト変換→トラック名=>ファイル名」 を実行すると、ファイル名がトラック名と同じになる。
さらに、ファイル名を全て選択し、「編集→下方向へ連番を追加」 を実行して連番を追加する。図11がその結果である。

図11 ファイル名の編集

(6)ID3タグを ID3V2.3+V1.1、UTF-16 にする
ID3タグの仕様を ID3V2.3 にし、文字コードは世界標準であるUnicodeのUTF-16 にする。
「オプション→プラグイン」を選択して「プラグイン設定」画面を開き、「STEP_mp3」 を選択して「設定」ボタンを押す。(図12)
「STEP_mp3 オプション設定画面」で「その他」のタブを開き、「ID3V2の保存形式」および「ID3V2の保存形式(新規作成時)」のバージョンは V2.3 を、「文字コード」は UTF-16 を選択する。

図12 プラグイン設定画面

図13 STEP_mp3 オプション設定画面

次にメイン画面でホルダー(C:\songs)を選択し、「変換→ID3v2形式に変換」 を実行すると、MP3のタグはID3V2.3仕様でUnicodeのUTF-16で書き換えられ、図14の「ファイルの種類」の欄のように表示される。なお、タグ情報の更新も同時に行われてファイルに保存され、ファイル先端部にある赤色のチェックマークも消える。

図14 ID3V2.3仕様、UnicodeのUTF-16で書き換え

(7)Exact Audio CopyのMP3エンコーダーの設定
Exact Audio CopyでMP3ファイルにエンコードするとき、ID3タグの設定を、タグ仕様をID3V2.3に、文字コート゛をUTF-16にしておくことができる。
メニューから、「EAC→エンコードオプション→ID3タグ」を選択し、「D3V1.0タグの代わりにID3V1.1を使用する」と「ID3V2タグをUTF16で書き込む」にチェックを入れておけばよい。

図15 Exact Audio Copy のエンコードオプション



3.MP3ファイルの音量を均一にする
いろいろな音楽ファイルをまとめると、音量がそれぞれ異なることがあるので、定番のMP3Gainを使って音量を均一にする。

(1)音楽ファイルの追加
MP3Gainのメイン画面で、「フォルダ」ボタンをクリックして音楽ファイルを保存しているフォルダー(C:\songs)を指定すると、フォルダー内の音楽ファイルが全部追加され、図16の画面のようになる。

図16 MP3Gainのメイン画面

(2)音楽ファイルの音量の分析
メイン画面で、「目標”標準”音量」の設定のデフォルト値は89.0dBとなっている。この数値は、ピーク値がクリップされないと予想される標準的な音量の数値だそうだ。
メニューバーから 「分析→トラック分析」 を実行すると、図17のようになる。6個の音楽ファイルのうち赤色の3個のファイルはもとから最大値がクリッピングされていることがわかる。市販の音楽CDは、最初から少しクリッピングされるまで音量を大きくしてあるものが多いようだ。「トラックゲイン」の欄に示されている数値は、目標”標準”音量にするために必要な調整値で、「無クリップ最大ゲイン」は、クリップしない範囲で最大の音量にするための調整値である。いずれの調整値も1.5dBの倍数になっているが、これはMP3ファイルの仕様からの制限のようだ。(ゲイン調整は、サウンドデータを構成する各フレームにあるlobal Gain の値を変えることによって行い、サウンドデータそのものは変えない。そのGlobal Gainの値が、1.5dBずつしか変えられないため)

図17 トラック分析結果

(3)音量の変更
「ゲインの変更→トラックゲインの適用」 をクリックすると、Global Gain が書き換えられて、各ファイルの音量はほぼ89.0dBに統一される。(図18)
なお、図17の解析結果はMP3ファイルのID3とは別のAPEというタグに書き込まれる。これは、Undo操作(ゲインの変更→Undo Gain Changes)によって音量をもとの状態に戻せるようにするためである。しかい、プレイヤーによっては、このAPEタグがあるとID3タグと混同して音楽情報をうまく表示できなくなるものも、たまにあるらしい。

図18 音量の変更結果

このような場合には、「オプション→Tags→Ignore(do not read or write tags)」 にチェックをいれておけば、APEタグに書き込まない。図19は「オプション→Tags→Ignore(do not read or write tags)」 にチェックをいれた時の図で、画面の右横に「NO UNDO」の表示が出ているが、音量の変更の結果は図18の場合と同じである。
音量の変更を複数回行う場合はGlobal Gainを何回か変えることになるが、元のサウンドデータは変化しないので音質は劣化しない。こう考えると、音楽情報をうまく表示できなくなるリスクを避け、「NO UNDO」にしておく方がよさそうだ。

図19 音量の変更結果(NO UNDO)

(4)音量の確認
メイン画面で音楽ファイルを選択して右クリックし、メニューから「Play mp3 file」 をクリックすると音楽の再生が始まり、実際の音量を耳で確認することができる。やってみると大体同じくらいの音量になるが、たまに少し大きかったり小さかったりする。
くりくう
図20 音量の確認

音量が他のものと異なる音楽ファイルだけを再調整するには、図21のように「目標”標準”音量」を変更し、その音楽ファイルだけを選択してマウスを右クリックし、「トラックゲイン適用」を実行すればよい。そして再度耳で音量を確認し、気に入るまでこれを繰り返す。

図21 特定の音楽ファイルの音量だけを再調整する


4.音楽ファイルをSDカードに書き込む
このようにして編集した音楽ファイルを、SDカードリーダ−/ライターを使ってSDカードに書き込む。音楽ファイルには再生順に応じてファイル名の頭に連番を付けているが、SDカードへの書き込み方やプレーヤーの種類によってはこの通りの順に再生しないことがある。
SDカードに一括で書き込んだあと、UMSSort を使えば、名前順(番号順)にソート(並び換え)してくれるので、音楽ファイルの番号順に再生できるようになる。
やり方は簡単で、SDカードリーダ−/ライターに書き込んだ後、UMSSortを起動して「まとめてソート」タブを選択し、SDカードリーダ−/ライターのドライブを指定する。(図22)

図22 UMSSort のメイン画面

あとは、「名前順でソート」にある「昇順」のボタンを押せば、音楽ファイルがソートされて図23のように音楽ファイルが表示され、番号順に再生されるようになる。音楽ファイルを複数個のフォルダーに分類してSDカードに書き込んであっても、「まとめてソート」 を選択すればフォルダー順も含めて一括に並べ換えてくれる。
音楽ファイルを、USBメモリやプレーヤの内部メモリに書き込む場合でも、UMSSort を使ってSDカードと同じように並び替えができる。

図23 名前順にソート

(おわり)

   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 音楽をSDカードにコピーして楽しむ