ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 私のパソコンセキュリティ対策


  私のパソコンセキュリティ対策  


(2010年1月)
 パソコンのセキュリティ対策は内容が難かしく面倒なので、被害にあわないかぎりおろそかになりがちです。私の場合も実際に被害にあって初めて対策するという泥縄式から始めましたが、実際のところどこまで対策すればよいのかわかりません。いずれにしてもインターネット通販、インターネットバンキング、インターネットトレードなどがごく普通に行われるようになったので、何らかのセキュリティ対策は不可欠です。私は、ウィルスメール攻撃を受けたこと、スパムメールと闘ったこと(今はほとんど無い)を除いては大きな被害にあったことはありませんが、今までに散発的に対応してきたセキュリティ対策をマトメてみることにしました。
 パソコンのセキュリティ対策については多くのサイトから情報を得ることが出来ますが、下記のサイトなどが参考になります。
1.個人ユーザ向けセキュリティ : Microsoft
2.警察庁セキュリティポータルサイト : 警察庁
3.情報処理推進機構:セキュリティセンター : (独)情報処理推進機構。IPA。

Windows Update
 Microsoft Windows Update は、1ヶ月に2〜3回程度、重要な更新のみ行なっています。昔はUpdateによってパソコンが不安定になることがたまにありましたが、最近ではそんなことは無いようです。Updateしなかったらどうなっているのか確認のしようがありませんが、セキュリティに対してWindowsプログラムの脆弱な部分を改修する不可欠な対策ですから、無条件に行なっています
ウィルス、スパイウェア対策ソフト
  以前はウィルスバスターを使っていましたが、2009年10月にマイクロソフトからフリーのMicrosoft Security Essentials が出たので今はこれを使ってみています。画面がシンプルで動作も軽く使いやすいです。
 もう一台のパソコンは、これも2009年10月にリリーストAVG Anti-Virus Free Edition 日本語版 使っています。

ウィルス検出テスト
  ウィルス対策ソフトが正常に動作しているかどうかをテストするため、EICAR(エイカー)をダウンロードして使っています。これは、ウイルス対策ソフトがウイルスと判定するかどうかをテストするためのファイルで、ウイルス対策ソフトはウィルスとして検出するが、このファイルがパソコンのシステムを破壊したり、ファイルを消去したりするようなウィルス機能はありません。パソコンがこのファイルにアクセスしようとするとウィルスとして検出するので安心です。

ウィルスメール、スパムメール対策
 ホームページを公開しているものにとって、スパムメールが一番やっかいものです。私は以下のような対策を行っています。
1.ホームページに載せるメールアドレスをフリーメールにする。
 以前にメイルソフト(Outlook Express)でメールを受信すると、ウィルスが検出されましたというメッセージが出てきたことがあり、それを契機に毎日同じところから数通のウィルス付きメールが来るようになりました。やむを得ずメールアドレスを変更しましたが、ウィルス対策ソフトのおかげで感染はしませんでした。しかしメールアドレスの変更は相手に連絡する必要があり大変です。それ以降信用の有る相手に対してはプロバイダからもらうアドレスを使用し、ホームページに載せるアドレスはフリーメールアドスを使用するようにしました。フリーメールのアドレスは簡単に変更できるからです。

2.ウィルスメールの発信元を調査し、発信元が属しているプロバイダーに対策を依頼する。
 メールアドレスを変更後しばらくはよかったのですが、その後またもやウィルスメールが頻繁に送りつけられてきました。たびたびメールアドレスを変えるのも嫌なので、ウェブサイトで調べてみたら発信元を検索できる無料ツール集を紹介しているサイトがありました(迷惑広告メール(spam)苦情先探索ツール集参照)。
 そのうちの 迷惑メール(spam)対策用メールヘッダ解析 を使用して検索すると、ウィルスメールはNIFTYの特定のユーザから送られてきていることがわかりました。そのユーザ自身が、ウィルスメールをアドレス帳の宛先に自動的に送信するウィルスに感染しており、本人もそれに気がついていないという状況のようでした。このツールによりNIFTYの苦情を受け付ける部門のメールアドレスがわかるので、そこに状況を通知して対策を依頼すると、調査して当該ユーザに連絡するとの返信があり、まもなくスパムメールも来なくなりました。このツールはメールのヘッダ部分を解析して発信元を調査するものですが、一般にはヘッダ部分が偽装されていることが多いので、いつもこのようにうまくいくとは限らないようです。

3.ホームページに公開しているメールアドレスをエンティティ表記にする。
 ホームページに公開するメールアドレスを、ホームページビルダーなどでリンクして配置すると、ソースファイルでは、例えば href="mailto:abc@yahoo.co.jp" のようになり、メールアドレス収集ツールによって簡単に収集されてしまいます。これを防ぐため mailto:abc@yahoo.co.jp の部分をエンティティ表記という方法で記載しています。エンティティ表記にするとブラウザでは元のとおり表示されるがメールアドレス収集ツールでは収集できなくなります。エンティティ表記にするには、HTMLエンティティ生成-スパム・迷惑メールを防止するフリーソフト を使用すれば簡単に変換できます。mailto:abc@yahoo.co.jp をエンティティ表記すると、mailto:abc%40%79a%68o%6F
.co%2e%6a%70 のようになります。 
 他の方法として、mailto:abc@yahoo.co.jp の部分を画像にして貼り付けてしまえばメールアドレス収集ツールで収集されることはありませんが、メールを出す方ではキーボードでアドレスを入力することが必要になります。いずれにしてもメールアドレス収集ツールで収集されることは防げても、手動で操作すればメールアドレスは収集できますから完全には防げません。

5.フォームメールを使用する
ホームページ上でメールアドレスが見えないようにするためフォームメールに変更しましたが、これでほとんどスパムメールが来なくなりました。これについては、フォームメールでスパムメール対策 のページに詳細を記載しています。

6.メールソフトのフィルタ機能を利用してスパムメールをスパムホルダーに自動的に移動する。
 メールソフトには Mozilla Thunderbird を使っていますが、メッセージフィルター機能を使って特定の言葉を含むメールを削除したり、特定のホルダーに移動したりできます。スパムメールの多くは、出会い系サイトや猥褻系サイトの宣伝、猥褻ビデオの販売、在宅ワークの宣伝などですから、出合い、逆援助、セックス、人妻などの言葉を含むメールはいったん迷惑ホルダーに移動し、必要なメールが含まれていないか確認してから削除するようにしています。
またMozilla Thunderbird には迷惑メールの学習機能があります。最初に英文メールを迷惑メールとして手動で迷惑ホルダーに移動するようにすると、10〜20個ぐらいでその後は自動的に英文メールはすべて迷惑ホルダーに移動するようになりました。

7.その他の注意事項
 スパムメールに対する注意事項として、不信なメールに対しては以下のことをしないようにします。
・ スパムメールには返信せず無視する。
  相手はこちらのメールが実在するかどうかわからないので、返信すれば実在することを知らせることになる。
・ 添付ファイルは絶対に開かない。ウィルスがあるかも知れない。
・ メールに記載されているURLをクリックしない。危険なサイトに誘導されるかもしれない。

不正アクセス対策
1.パソコンのセキュリティチェックサイトを利用する
  常時接続(ADSL)によりインターネット接続をしていますが、外部からパソコン内を覗かれる危険があります。私はルータ機能付きのADSLモデムを使用しているので基本的には内部が見えず、問題ないはずです。しかし念のため、自分のパソコンのセキュリティをチェックできるWebサイトを使ってチェックしています。例えば下記のようなサイトがあります。
・ パーソナルセキュリティ研究所

2.重要なデータはリムーバブルディスクに保存する
 パスワードや個人情報などの重要なデータはリムーバルディスク(MO)に保存し、必要な時だけ接続するようにしています。これが一番わかりやすくて安心。

その他
・ インターネット通販を利用する時は、代品引換えかインターネットによる銀行振込を利用し、クレジットカード決済は絶対しないようにしています。
・ 人に見られてまずいような情報は、フリーのファイル暗号化ソフトEDを使用して暗号化して、送信や保存をしています。

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 私のパソコンセキュリティ対策