ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 総領町の節分草


  総領町の節分草  


(2008年3月8日)
庄原市総領町(広島県)には、春を告げる花、節分草(キンポウゲ科)の日本一の自生地があります。テレビで節分草祭りをやっていると報道していたので見てきました.
節分草は北向きの半日陰の山裾を好み、下草を刈り続けないと咲かないそうです。


道の駅リストアステーション(国道432号線沿い)で、
節分草祭りの催しをしていました。


節分草の説明会


のぞき福寿草(キンポウゲ科)も咲いていました。 


セリバオウレン(芹葉黄連、キンポウゲ科)も咲いていました。

葉っぱがセリの葉に似ているのでセリバオウレン


全開した節分草



ぎっしり咲いた節分草の花


観光バスが着くと、人でいっぱい。節分草が咲いたら
毎年TVニュースになるので、観光客も多い。


節分草を見にきた観光客たち。
鉄パイプは、冬の雪よけに使用したもの。


当たりのよいところは、満開。


ここは日当たりがあまりよくないので、まだ咲きかけ。
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 総領町の節分草