ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 深入山の花


 深入山の花 


9月27日(2008年)

 三段峡に行ったのですが三段峡にはあまりな花がなかったので、帰りにすぐ近くの深入山に寄ってみました。深入山ではいろんな花が咲いていて、人も多かった。時間が無かったので山頂までは行けなかったが、それでも多くの花を見ることができました。先に深入山に行けばよかった。秋は三段峡のような峡谷よりも、日当たりのよい山のほうが花が多いようです。



南登山口にある案内板



キキョウ(桔梗、キキョウ科、花期:7〜9月)
花の中心の五つの黄色い棒が雄しべ。


キキョウ
花柱の先に五つに裂けた柱頭(雌しべ)ができている。ここ花粉がつく。


キキョウ。まだ開いていない。


ウメバチソウ(梅鉢草、ユキノシタ科、花期:8〜10月)
山のあちこちに咲いていました。



オケラ(朮、キク科、花期:9〜10月)


オミナエシ(女郎花、オミナエシ科、花期:8〜10月)


ミヤマママコナ(深山飯子菜、ゴマノハグサ科、花期:8〜9月)
花の舌唇にご飯粒(ママ)のような突起が2つ付いている。


アキノキリンソウ(秋の麒麟草、キク科、花期:8〜11月)


サワヒヨドリ(沢鵯、沢火取、キク科、花期:8〜10月)


ワレモコウ(吾亦紅、,バラ科、花期:8〜10月)


ツリガネニンジン(釣鐘人参、キキョウ科、花期:8〜10月)
ツリガネニンジンは、花柱が花から長く突き出る。


シラヤマギク(白山菊、キク科、花期:8〜10月)



ホクチアザミ(火口薊、キク科、花期:8〜10月)
葉は細長い三角形で裏が細かい白い毛で覆われていて、この白い毛をキセルの火種にした。


リンドウ(竜胆、リンドウ科、花期:9〜11月)


モリアザミ(森薊、キク科、花期:9〜10月)
総苞片が極端に長く、とげ状を呈するのが特徴。葉は羽状に中裂し、縁にとげがある。(Wikipediaより)


ヤマラッキョウ(山辣韮、ユリ科、花期:9〜10月)
まだ咲いていませんでしたが、すぐに咲きそう。


ヤナギタンポポ (柳蒲公英、キク科、花期:7〜9月)
深入山には、コウゾリナとヤナギタンポポが同時期に咲いているらしい。茎がざらざらしていないのでこれがヤナギタンポポ? 草原にいっぱい咲いていた。


コウゾリナ(髪剃菜、顔剃菜、キク科、花期:5〜10月)
茎に小さい棘があり、ざらざらしているのがコウゾリナ。これはどこにでもよく見かける。登山道沿いに咲いていた。


カワラボウフウ(河原防風、セリ科、花期:8〜10月)
別名は、ヤマニンジン。小葉は細烈し、鋸歯はとがり、表面こ光沢がある。


ノギラン〈芒蘭、ユリ科、花期:6〜8月〉
花はもう終わっている。


オヤマボクチ(御山火口、ヤマゴボウ科、花期:9〜10月)
よく似たものにハバヤマボクチがある。
下部の葉の基部の形がハート形なのがオヤマボクチ、三角形の鉾状なのがハバヤマボクチ。

(深入山の花 おわり)


 ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 深入山の花