ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 鯉が窪湿原の花


  鯉が窪湿原の花  


 鯉が窪湿原(岡山県新見市哲西町)は、江戸時代に築造された潅がい用水池の上流部分を中心とする湿原で、昭和54年に国の天然記念物に指定され、「西の尾瀬沼」て呼ばれています。300種以上の多くの植物が自生していますが、中でもオグラセンノウやビッチュウフウロが有名です。昔は池のすぐ入口に小さな管理小屋があった程度ですが、現在は鯉が窪池のすぐ下側も湿地として整備され、入口はその湿地の手前に移っています。資料室も整備され、湿原の花の写真や、ビデオが見られるようになっています。入場料は200円。〈2009年8月)


7月17日(2004年)
8月27日(2005年)
8月20日(2009年)



7月17日(2004年)
エゾミゾハギ
エゾミソハギ(蝦夷禊萩、ミソハギ科、花期:9月)
鯉が池には、多くの鯉が放流されている。

チダケサシ
チダケサシ(乳蕈刺、ユキノシタ科、花期:7〜8月)


オグラセンノウ
オグラセンノウ(小倉仙翁、ナデシコ科、花期:7〜8月)
絶滅危惧種。

ハンカイソウ
ハンカイソウ(樊カイ草、キク科、花期:6〜8月)


ドクゼリ
ドクゼリ(毒芹、セリ科、花期:6〜8月)


ノハナショウブ
ノハナショウブ(野花菖蒲、アヤメ科、花期:6〜8月)
花菖蒲の原種

シモツケソウ
シモツケソウ(下野草、バラ科、花期:6〜7月)

コバギボウシ
コバギボウシ(小葉擬宝殊、ユリ科、花期:7〜8月)

クサレダマ
クサレダマ(草連玉、サクラソウ科、花期:7〜8月)







8月27日(2005年)

エゾミソハギ(蝦夷禊萩、ミソハギ科、花期:9月)



サギソウ(鷺草、ラン科、花期:7〜8月) 

ヒツジグサ(未草、スイレン科、花期:6〜9月)


サワギキョウ(沢桔梗、キキョウ科、花期:8〜9月)
有毒。



オグラセンノウ(小倉仙翁、ナデシコ科、花期:7〜8月)
絶滅危惧種。

キセルアザミ(煙管薊、キク科、花期:9〜10月)



ミヤコアザミ?(都薊、キク科、花期:9〜10月)


フシグロセンノウ(節黒仙翁、ナデシコ科、花期:8〜10月)



オミナエシ(女郎花、オミナエシ科、花期:8〜10月)



ツルリンドウ(蔓竜胆、リンドウ科、花期:8〜10月)



ビッチュウフウロ(備中風露、フウロソウ科、花期:8〜9月)




ギンリョウソウ(銀竜草、イチヤクソウ科、花期:4〜8月)
別名 幽霊茸



アギナシ(顎無、オモダカ科、花期:8〜10月)



コバギボウシ(小葉擬宝殊、ユリ科、花期:7〜8月)



ゲンノショウコ(現の証拠、フウロソウ科、花期:8〜10月)
下痢止めの速効薬。別名御輿草。






8月20日(2009年)

4年ぶりに鯉ヶ窪湿原に行ってみました。湿原の笹が多くなってきて少し荒れてきているように思った。
管理人の方の話しだと、オグラセンノウの茎は昔はもっと太かったが、最近は細くなってきているとのことでした。

エゾミソハギ(蝦夷禊萩、ミソハギ科、花期:9月)



キセルアザミ(煙管薊、キク科、花期:9〜10月)



オミナエシ(女郎花、オミナエシ科、花期:8〜10月)

オグラセンノウ(小倉仙翁、ナデシコ科、花期:7〜8月)
絶滅危惧種。



無人の鯉のえさ売り場(50円)が近くにあるので、人が近づくと鯉が寄ってくる。

チダケサシ(乳蕈刺、ユキノシタ科、花期:7〜8月)



ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草、ユリ科、花期:9〜10月)



ゲンノショウコ(現の証拠、フウロソウ科、花期:8〜10月)



ツルリンドウ(蔓竜胆、リンドウ科、花期:8〜10月)



サワヒヨドリ(沢鵯、キク科、花期:8〜10月)



コオニユリ(小鬼百合、ユリ科、花期:7〜8月)



コバギボウシ(小葉擬宝殊、ユリ科、花期:7〜8月)



サワギキョウ(沢桔梗、キキョウ科、花期:8〜9月)



ビッチュウフウロ(備中風露、フウロソウ科、花期:8〜9月)



湿地のかなりの部分に笹が生えてきており、湿地が荒れてきている。



シラヒゲソウ(白髭草、ユキノシタ科、花期:8〜9月)



ヒツジグサ(未草、スイレン科、花期:6〜9月)



サギソウ(鷺草、ラン科、花期:7〜8月)



アギナシ(顎無、オモダカ科、花期:8〜10月)



ユウスゲ(夕菅、ユリ科、花期:7〜8月)
別名はキスゲ。夕方から咲き始める一日花。


鯉が池湿原から帰る途中、湿原の近くで野生猿の群れを見た。


(おわり)


  ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 鯉が窪湿原の花