ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > せら夢公園の湿地の花


 せら夢公園の湿地の花 


〈2009年8月17日)
せら夢公園は、広島県立せら県民公園、ワイナリ、レストラン、夢高原市場などの公園全体の総称で、2007年にできた新しい公園です。1年遅れて2008年4月にせら県民公園の中に、自然観察園がオープンしました。自然観察園は世羅台地の自然の保全と学習のためのフィールドで、「日本の重要湿地500」に選ばれている世羅高原の自然を学ぶことができます。まだできたばかりで、これから徐々に整備されていくでしょうが、いまでもいろいろな花が咲いていました。

現在地と書いてあるところが自然観察園の入り口で、
トンボ池からメダカ池まで湿地を見ながら下っていくようになっている。


トンボ池のすぐ下の湿地には、サギソウがぎっしり咲いていた。


サギソウ(鷺草、ラン科、花期:7〜8月)


サギソウ


ミミカキグサ(耳掻草、タヌキモ科、花期:7〜9月)
地下茎や上葉に捕虫嚢をつけ、プランクトンを捕食する。


ホザキノミミカキグサ(穂咲の耳掻草、タヌキモ科、花期:7〜9月)
ホザキノミミカキグサの花は受け口で、ムラサキミミカキグサの花は大きく開く。


ムラサキミミカキグサ(紫耳掻草、タヌキモ科、花期:7〜9月)
ホザキノミミカキグサよりも少し色が濃い。
環境庁RDBで準絶滅危惧種に指定されている。


キセルアザミ(煙管薊、キク科、花期:9〜10月)


オグラコウホネ(小倉河骨、スイレン科、花期:6〜9月)
環境省RDBで絶滅危惧II類に指定されている。


ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉、トンボ科)
体長さが20mmぐらいの日本一小さいトンボ。

ハッチョウトンボ

サワギキョウ(沢桔梗、キキョウ科、花期:8〜9月)


ガマ(蒲、ガマ科、花期:6〜8月)


ミソハギ(禊萩、ミソハギ科、花期:9月)


ヌマトラノオ(沼虎の尾、サクラソウ科、花期:7〜8月)
オカトラノオは花穂が曲がっているが、ヌマトラノオは花穂が立っている。


アカバナ(赤葉菜、赤花、アカバナ科、花期:7〜8月)
夏が過ぎると葉が赤くなる。


サワヒヨドリ(沢鵯、キク科、花期:8〜10月)


サワシロギク(沢白菊、キク科、花期:8〜9月)
湿地に生える菊で、咲き始めは白いがやがて紅紫色に変化する。
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > せら夢公園の湿地の花