ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > DVD Videoからサウンドを抽出


  DVD Videoからサウンドを抽出  


(2008年6月)
目的
映画、音楽、落語などのDVD Video からサウンドだけを抽出したいことがよくあります。
そこでフリーウェアを使ってDVD Video からサウンドを抽出することをやってみました。フリーウェアはインターネットで調べてよさそうなものを使いました。
三つの方法で行ってみましたが、それぞれ長短はあるものの簡単なのは(2)の方法かな?
パソコンはWindows XP ですが、録音の音量調整がポイントのようです。

(1) Audacity を使ってパソコン上のサウンドを録音する
 Windows Media PlayerなどでDVD Videoを再生しながら、パソコン上のサウンドをAudacityで録音する方法です。
AudacityはVer1.00の時から使っていますが、フリーウェアでは最高のサウンド編集ソフトだと思います。このホームページの サウンドの編集とノイズ除去 にAudacityの概要を載せています。
やり方は簡単で、まずAudacityを起動してMixer Toolbar (スピーカとマイクの絵がある部分)の右端にある入力選択メニューで「Stereo Mix」を選びます。CDの場合は、「CD Player」を選びます。
これらの名称は、パソコンに組み込まれているサウンドデバイスによって異なった表示になることがあるので注意する必要がありますが、いずれの場合も同意語になっています。
 次に、DVDを再生してレコードボタン(赤丸のボタン)を押すと録音が始まります。録音が始まっても信号が出てこない場合は、入力選択が間違っているので、他の設定に変えて再度録音してみます。
 録音が終わると、あとはサウンド波形の始まりと終わりの不要な部分を切り取りますが、これもAudacityで簡単にできます。
 この方法では、インターネットのストリーミングサウンドを再生しながら記録することもできます。




注意する必要があるのは音量調整です。
Audacityの画面上でサウンド波形を観測し、音が大きいときに飽和しないようにする必要がありますが、さりとて全体に小さすぎるとS/Nが悪くなります。録音の音量調整はAudacityの「Mixer Toolbar」にあるマイクの絵のバーを左右にスライドさせて行いますが、このバーはパソコンの「Recording Contorol」 画面の「Stereo Mix」に連動して、どちらを変えても他方も動きます。なお、録音の音量調整を変えても、パソコンから聞こえる音の大きさは変わりません




録音の音量調整のほかに、再生の音量調整にも注意する必要があります。再生の音量調整は「Volume Control」 画面で調整します。「Recording Control」 画面と「Volume Control」 画面の切り換えは、オプションメニューのプロパティで行います。表示するコントロールの種類も、この画面で選択します。




 Audacity画面上の波形の大きさは、「Volume Control」画面の 「Wave」を変えると変化します。このときは、Audacityの「Mixer Toolbar」にあるマイクの絵のバーは連動しません。 「Wave」が0になっているとサウンド波形も音も出ないので、ここは最大にしておきAudacityの「Mixer Toolbar」にあるマイクの絵のバーだけで音量調整するのがよいです。
また、「Volume Control」画面の「Wave Control」を変えたときは、パソコン上の音量が変わるだけでAudacity画面上の波形の大きさは変化しません。
ちなみに、MIDIの場合は 「Wave」を変えても何も変化しません。



(2)超録 を使ってパソコン上のサウンドをタイマ録音する。
 (1)のAudacityを使った方法では、録音の開始と終了は手動で行う必要があるので録音が終わるころを見計らって終了する必要があり、少し不便です。
超録 は、タイマ機能のあるパソコン長時間録音ソフトで、これをつかえば録音時間をタイマで設定しておいて自動的に録音できます。
超録はシェアウェアですが、フリーウェア版もあります。フリーウェア版では1回の連続録音時間が90分という制限がありますが、長い場合には2回に分けて録音し、あとでAudacityで簡単につなぎあわせできます。
 タイマの設定画面は下図のようになっていて、録音開始方法の選択(今すぐ開始する、指定時間に開始する)や、録音時間の設定、録音終了時の動作の選択などができます。



 メイン画面は下図のようになっていて、出力ファイルの形式選択、出力先フォルダーの選択などができます。
また無音部検出による録音分割機能もあります。
録音の音量調整ですが、超録の場合はデバイスボタンをクリックするとパソコンの「Record Control」 画面があらわれるので、「Stereo Mix」のバーを動かして 調整します。



(3)AoA Audio Extractor を使ってDVDのVOBファイルからサウンドを抽出する。
  AoA Audio Extractor を使用てし、DVDのVOBファイルからサウンド部を抽出する方法です。AoA Audio Extractor は、AoA Media.com 社が提供しているフリーウェアでvideoファイルからサウンドを抽出する専用のソフトウェアです。AoA Audio Extractorでサウンドを抽出できるファイルの種類は、 AVI、MPEG、 MPG、 FLV (Flash Video)、 DAT,、WMV、 MOV、 MP4、 3GP と記載してありますが、VOBファイルからも抽出できます 。

 まず、DVDにコピーガードがかかっているときは、DVD Shrink などを使用して暗号を解除しておく必要があります。 暗号の解除に DVD Fab HD Decrypter も使ってみましたが、AoA Audio Extractor でサウンドを抽出するとき、理由はわかりませんがVOAファイルによってはうまく抽出できませんでした。
下図は、 DVD Shrink を使用して暗号を解除したDVD Video のファイル一覧です。VOBファイルの最大サイズは1GBなので、1GBを超えるチャプターは1GBごとに区切られて2つ以上のVOBファイルになります。どのVOBファイルにどのサウンドが入っているかは、Windows Media PlayerなどでVOBファイルを再生して調べます。



AoA Audio Extractor を起動すると、下図のような画面があらわれるので、Add Files ボタンを押してサウンドファイルを抽出するVOBファイルを選択します。



ファイルの選択画面では、ファイルの種類をAll Files(*.*) に設定ないとVOBファイルは表示されません。VOBファイルを選択して「開く」をクリックすると、上図のようにメイン画面に追加したVOBファイルとサウンドの時間が表示されます。抽出するときのサウンドファイルの種類は、MP3、WAV、AC3 から選択できます。 Outoput Path で抽出するファイルの保存先を設定し、後はスタートボタンを押すだけです。



抽出時間はけっこう速く、すぐに完了します。あとは、抽出したサウンドファイルの不要な波形部分をAudacityで切り取ります。サウンドが二つ以上のVOBファイルにまたがっているときは、AudacityでこれらのVOBファイルから抽出したサウンド波形をつなぎ合わせます。Audacityを使うとつなぎ合わせに苦労することなく、簡単にできます。

(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > DVD Videoからサウンドを抽出