ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > スイスツアー(3大名峰と氷河特急の旅)


 スイスツアー(3大名峰と氷河特急の旅) 


(2008年7月)
スイスアルプスを歩くという長年の夢がついに実現。
阪急交通社のツーアで7月22日〜7月29日の8日間の旅に参加しました。
ツアーの人数は参加者31人と添乗員のKさん1人の合計32人。ほとんどが定年前後の夫婦で、新婚さんが1組いました。
とにかく天候に恵まれ、3大名峰を全部見ることができ、2回のハイキングでは高山植物がお花畑のようにいっぱい咲いてたいへん満足しました。
ホテルも全部いいホテルで快適でした。
あえて難を言えば、食事がまずまずだったことと、スイスの物価が高いことです。
しかし、車窓からスイスの絵のような風景を見ているとそんなことは忘れてしまいます。
もし雨が降っていたら悲劇かも。スイス旅行は少し高くついても絶対にベストシーズンに行くべきです。雨が降ったら無駄金使いになってしまいます。

ツアーのコースは次の通りです。リンク文字をクリックすると、画像のページへジャンプします。

1日目 広島空港 → 成田空港 → パリシャルルドゴール空港 → チューリッヒ  チュウリッヒ空港近くのヒルトン・エアポートに宿泊
2日目 ラインの滝観光 (シャフハウゼン)、
     ハイジの泉、ハイジの家観光 (マイエンフェルト)
     ルツェルン観光 (瀕死のライオン像、カペル橋、旧市外)
     インターラーケンへ移動し夕食 → ヨーデルとアルペンホルンの夕べ
     ウェンゲンまで行って、ホテル・レジーナ・ウェンゲンに宿泊。 
3日目 ウェンゲンから登山鉄道に乗り、ユングフラウヨッホの展望台へ。
     ハイキング(アイガーグレッチャー → クライネシャイデック 電車の一駅区間)
     ブリエンツまで行って、ロートホルン観光SL乗車(オプション)  に参加。
     ウェンゲンで連泊
4日目 ウェンゲン → フルカ峠 → グリムゼル峠 → アンデルマット へ
     氷河特急 (アンデルマット → ツェルマット) 
     ツェルマットのナショナル・ホテル に宿泊
5日目 ツェルマットから登山鉄道(ゴルナーグラード鉄道)に乗って、ゴルナーグラード展望台へ(マッターホルン展望)
     ハイキング(ローデンボーデン → リッフェルベルグ  電車の一駅区間)
     午後は自由j行動なので、ツェルマット市街を散策)
     フォンデュディナーの夕食(オプション)に参加。
     ツェルマットで連泊
6日目 ツェルマット  → ターシュへ (電車)
     ターシュ → シャモニー(フランス)へ  (バス)
     ロープウェイでエギューユ・ドゥ・ミディ 展望台へ(モンブラン展望)
     シャモニー → ベルンへ  (バス)    ベルン市街観光
     アレグロ・ベルン に宿泊
7日目 午前中自由行動(ベルン市街散策)
     ベルン → チューリッヒへ  (バス)
     チューリッヒ → パリシャルルドゴール空港
8日目 成田空港着 → 広島空港

【 高山植物の名前 】
 高山植物の写真をいっぱい撮ってきましたが、さてホームページに載せようとすると名前がさっぱりわかりません。
 ガイドさんの説明も忘れてしまって、インターネットなどで調べてみましたが、またこの名前がスイス名、俗名、和名などがあってややこしい。
 大勢のツアーだったので、ゆっくり見る時間もなかったし、葉の様子など全く写真に撮っていないので余計わかりません。
 それらしいものを当てはめてみましたがく、間違いがあると思うのであまり参考にしないでください。 判明すれば修正していく予定です。

【 スイスで感じたこと 】
 とにかく景色がきれい。郊外では緑の草原に赤い屋根の民家が点在し、絵本のよう。
 涼しい。平地でも蒸し暑くない。冬は知らないけど。
 ホテルやレストランだけでなく、民家でも窓辺に赤い花(ゼラニューム)を飾っている家が多い。
 日本人観光客がやたら多い。韓国人や中国人も多い。
 物価が日本より高い。スーパー(COOPなど)ではそれほどでもなかったが。
 レストランでは、ミネラルウォータがビールより高い。
 東の方はドイツ語、西の方はフランス語。英語も通じる。観光地では日本語だけで何とかなる。
 犬を大事にしているのか、犬が多い。 猫は一度も見なかった。
 蚊が全くいなかった。そのかわりハエがあちこちにいた。
 高速道路の通行料が無料。ただし、年間にいくらかは払うらしい。
 川の水が白く濁っている。氷河が岩を削る時に出る石灰成分のためで、氷河の下にある川は全て白い。
 郊外では信号機が少ない。交差点は独特のロータリ構造になっている。


有名な逆さマッターフォルンが見れて感激。早朝は雨だったからなおさら。


スイスツアー 1日目へ


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > スイスツアー(3大名峰と氷河特急の旅)