ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > スイスツアー(3大名峰と氷河特急の旅) > 2日目


 スイスツアー(3大名峰と氷河特急の旅)  

   2日目   



 いよいよ今日から現地のツアーが始まる。今日はバスに乗っての観光めぐり。
バス内では、アイスクリームを食べたり食事をしたりしてはいけないと注意があった。バスが汚れるかららしい。日本ではバス内で弁当を食べることもよくあるのに、マナー優先の国のようだ。


ホテル出発  

ヒルトン・エアポート
せっかくよいホテルなのに、前夜遅く到着し、早く出る。もったいない。 




ラインの滝
  

すぐ近くのボーデン湖からライン川に流れ出たところにある。落差23m、幅150m、ヨーロッパ最大の滝らしいが、それほどでも。あまり知られてなくて、観光コースには入らないことが多いらしい。








マイエンフェルト  

ハイジの泉 → 昼食 → ハイジハウス 

ハイジの泉
泉というから、もう少し大きいと思っていた。1953年にハイジの作者ヨハンナ・シュピリを記念して作られた。

ハイジの泉の近くにあったハイジドルフの宣伝看板。もう少し可愛いらしく描いたらいいのに。


昼食はここのレストランで、ロシティとソーセージを。ロシティはジャガイモとソーセージを炒めた郷土料理。


ハイジハウス。ハイジが過ごした家を再現したもの。入場券は隣にあるショップで買った。 (CHF7.00)


ハイジハウス内にある人形。



 マイエンフェストに行くまでのバスの中で、添乗員さんがハイジの物語の一部を朗読してくれた。すなおに聞いていたら、なんだか涙が出そうになった。
 ハイジハウス内に掛けてあったヨハンナ・シュピリの写真。



ルツェルン  

市街観光 

ライオン記念碑
フランス革命の最中に、マリー・アントワネットの警護をしていたスイス人傭兵786人が全滅したのを記念して造られた石造。天然の岩に刻み込んである。


カペル橋。長さ200mの屋根つきの橋。
1333年に作られたヨーロッパ最古の橋であったが、1993年に大半を消失した。欄干に飾ってある花がきれい。八角形の水塔は見張台として作られ、拷問所になったこともある。


カペル橋の屋根の下には、三角形の板絵(宗教画)が取り付けてある。


旧市街地にある建物とフレスコ画。


このフレスコ画もすばらしい。



二つの尖塔を持つホーフ協会と湖の取り合わせが美しい。湖の名前はフィーアヴェルトシュテッテ湖。舌を咬みそう。



インターラーケン  

インターラーケンで夕食。ヨーデルとアルペンホルンの夕べ。 

カジノ・クアザールのレストランで夕食。
客席は日本人、韓国人、中国人のツアー客でいっぱい。画像のように、ヨーデルや民族楽器のショーを見せる。食事は何を食べた? 印象に残らない程度のもの。



ショーの始まり


アルプスの楽器といえばホルン


太鼓のバチのような棒を手であやつり、ほうきの柄をたたいてリスムを奏でる。 頭の後ろ側と前側を交互にたたくのが難しそう。


この女性は、ヨーデルも歌った。男のような声も出る。




ジュースのビンのようなものを入れたビンケースを振ってリズムを奏でる。 スイスの女性(ドイツ系?)は力持ち。


 いろんな音色のカウベルを振ってエーデルワイスの曲を奏でる。このショーは日本でもよく見かける。


ラウターブルーネンまでバスで行き、ここから登山電車に乗ってホテルがあるウェンゲンまで行った。ウェンゲンは、自動車で入ることが禁止されている。電車か電気自動車のみ。
ウェンゲンからみた、ユングフラウヨッホの夕景。ウェンゲンはユングフラウヨッホに最も近い村。

スイスツアー 1日目へ
スイスツアー 3日目へ
スイスツアー 目次へ

   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > スイスツアー(3大名峰と氷河特急の旅) > 2日目