ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 花菖蒲



  花 菖 蒲  


(2008年6月)
 春日池公園(福山市)で菖蒲が咲いています。たいていの菖蒲園は入園料がいりますが、ここは市営の公園の中にあって無料なので、散歩やウォーキングがてらに大勢見にきています。私も毎年見に行っていますが、この何年間かで春日池公園で見た花菖蒲を一覧にしてみました。
春日池公園にある花菖蒲は、江戸系、肥後系がほとんどで、伊勢系はほとんどありません。
花菖蒲の名前のつけ方が面白いけれど、何と読むのかよくわからないものも多かったが、今年(2008年)はひらかなが追記してありました。気配りに感謝!


江戸系     江戸系の花菖蒲一覧はこちら
花弁があまり垂れず、江戸っ子好みですっきりしている。三英花(三枚の花弁)が多い。菖蒲園に植えて群生を楽しむように作られたもの。
確かに三枚の花弁で、すっきりしたものが多いです。種類も多く、最もたくさん植えられています。名前をつけた人の気持になって見てみると面白い。「小町娘」は小町娘に見えるから不思議・・・。

小町娘(こまちむすめ)

肥後系     肥後系の花菖蒲一覧はこちら
江戸系を肥後(熊本地方)で改良したもので、大輪で堂々とした六英咲(六枚の花弁)が多い。鉢に植え、室内での鑑賞用として発達した。
これも、江戸系についでたくさん植えられています。

紫鳳殿(しほうでん)

伊勢系
伊勢の松坂を中心に改良されたもので、花弁はちりめん地で深く垂れるものが多く、女性的で柔和な感じがする。
これも鉢に植えて室内での鑑賞用として発達した。
伊勢系は、一種類しか見当たりませんでした。栽培が比較的難しく、雨や風にも弱いようです。

神路の誉

外国系
外国系の花菖蒲は、下図の4種だけでした。

ステップルドリップルス(米国系) 07-6-23


ナイトバイオレット(米国系) 08-6-15


ベネチャンべルベット 08-6-15



ピンクフロスト(米国系) 08-6-15


いずれがあやめかきつばた 
 あやめ、かきつばた、花菖蒲の一番簡単な見分け方は、花びらの付け根の部分の色を見ればよいようです(あやめは白と黄の網目、花菖蒲は黄、かきつばた白)。たしかに、写真でも花菖蒲の花の付け根は全部黄色になっています。
 また、あやめが乾燥地に咲くのに対し、花菖蒲、かきつばたは湿地で咲きます(花菖蒲は畑地も可)。
 咲く時期は、かきつばた(5月上旬)、あやめ(5月中旬〜下旬)、花菖蒲(5月下旬〜6月下旬)の順に咲きます。
  あやめ、かきつばた、花菖蒲はすべてあやめ科ですが、しょぶ湯などで有名なしょうぶだけはさといも科で、これらとは全く別物で、花もずんぐりむっくりした全然別の形状をしています。
 菖蒲と書いて「あやめ」とも「しょうぶ」とも読むし、ほんとうにわかりにくい。これらのことは、日本花菖蒲協会のホームページに詳しく書いてあります。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 花菖蒲