ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 帝釈峡の花


 帝釈峡の花 


 国定公園である帝釈峡は、石灰岩の台地を帝釈川が侵食してできた約20Kmにも及ぶ峡谷で、白雲洞(奥行き200mの鍾乳洞)や雄橋(岩でできた巨大な天然の橋)など見どころが多く、春や秋の紅葉の頃は大勢の観光客で賑わっています。入口の帝釈天永明寺から素麺滝付近までは帝釈川沿いに遊歩道が整備されていますが、そこから先は通行止めになっています(山道を迂回するルートはあるが岩場があって歩きにくい)。 この遊歩道と下流の神龍湖付近で見つけた山野草を載せています。 花の名前については「神石・帝釈峡花ごよみ」を参考にさせてもらいました。
 もっと下流の下帝釈は、まだ開発が進んでいない秘境ですばらしい自然が残っているそうです。道が整備されていないので行ったことがないですが、ぜひ一度行ってみたい。
 ちなみに、帝釈峡の上流の白雲洞や雄橋は東城町(今は庄原市東城町)に属し、下流の神龍湖付近は神石町(今は神石高原町)に属しています。

帝釈天永明寺(えいみょうじ)。709年に行基が開山したといわれている古刹。


 春/初夏の花 

 秋の花 



   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > 帝釈峡の花