ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > たけはら 町並み雛めぐり  


  たけはら 町並み雛めぐり  


(2011年2月26日)
竹原市(広島県)の町並み雛めぐりを見てきました。雛めぐりは竹原市の町並み保存地区で行われていて、期間中は4つの文化施設(森川邸、松阪邸、光本邸、歴史民俗資料館)をめぐる周遊券が500円(通常は800円)で入手できます。雛飾りはこれらの文化施設を中心に公開展示されているので、最初に入った森川邸で周遊券を購入して見て回りました。
竹原市は江戸時代後期から塩田で栄えたところで、森川邸、松阪邸など塩田で儲けた人々の屋敷では、昔の豪華なお雛様を数々見ることができました。観光客もけっこう多く、特にNPO法人ネットワーク竹原が運営している旧笠井邸は、次から次へと観光客が見に来ていました。

森川邸(周遊券対象)

製塩業で財をなし、竹原町の町長だった森川八郎の邸宅。大正期に、もと塩田だった所を造成し、沼隈(福山市)から明治初期の富豪の町屋を移築して主屋とし、玄関、座敷、台所などを増築した。後世の改造が少なく、大正時代の豪邸の姿をそのまま残していて竹原市の重要文化財になっている。



森川亭の大広間。
部屋がたくさんあり、部屋ごとにお雛様が飾ってあった。





御殿雛。 昭和6年。



大正時代の御殿雛。



森川八郎の娘(千鶴さん)の初節句のお祝いの御殿雛。 大正11年。
嫁入り道具として持っていったが、その親類の方が森川邸に寄贈され、約80年ぶりに里帰りしたとの添え書きがあった。

御殿雛。 昭和11年。




旧笠井邸(入場無料)


塩田の浜主の家。現在はNPO法人ネットワーク竹原が管理している。寄贈等によって集められた、大正から昭和時期にかけての雛飾りが年代順に展示されている。ここが最も観光客が多かった。


江戸時代の内裏雛。



次郎左衛門雛。
享保年間に京都の次郎左衛門が作り始めたお雛様で、江戸時代に流行した。



次郎左衛門雛の顔。
丸顔に小さい眼、小さい口、小さい鼻が特徴。



内裏雛。 明治23年。



内裏雛。 大正11年。



昭和初期の御殿雛。



御殿雛。 昭和18年。

木目込みの7段飾り。昭和40年代。



ケースに入ったお雛さま。昭和49年。

昭和60年代の7段飾り。




7段飾り。平成6年。



松阪邸(周遊券対象)


浜旦那(塩田経営者)の豪邸。
唐破風(からはふ)の流れるような屋根、菱格子の塗りごめの窓、彫刻をはめ込んだ出格子など、重厚で華麗である。江戸時代末期の建築を明治12年に現在の形に改築した。竹原市の重要文化財になっている。


内裏雛。 昭和23年。



市松人形。明治23年。

昭和初期の御殿雛。



明治時代の内裏雛。




松阪邸の座敷。



町並み保存センター(入場無料)

源氏枠飾り。  明治頃。
源氏物語絵巻のように、天井や屋根が無くて屋内を上からのぞき見る構造。
御殿作りと並んで大正末期まで人気があった。

御殿雛。 昭和13年。



内裏雛。 明治頃。




光本邸(周遊券対象)


復古館の離れ座敷で、後年光本家が居住し、後に竹原市に寄贈された。
復古館は、頼春風(頼山陽の叔父)の養子である小園が、三男の三郎を分家、独立させてたてた建物。



折り紙の7段飾り




御殿飾り。 大正時代。



九谷焼のひな人形。



奈良一刀彫の雛人形。 昭和初期。



庄内土人形の雛人形。



土鈴雛人形。



北市硝子は小樽市の北一硝子のこと? 平成22年。



芥子雛(けしびな)。 天保8年。
江戸中期以降、年々派手になる雛祭に対して幕府は贅沢を禁止するお触れを出した。そのため、町人は小さくても豪華な芥子雛を求めるようになった。
芥子雛はせいぜい10cmぐらいの小型の雛人形だが、豪華にできている。



内裏雛。 天保14年。

内裏雛。 明治時代。






竹原市歴史民族資料館(入場無料)


歴史民俗資料館の外観。
製塩業関係を中心に、竹原の歴史、文化、民俗資料を展示している。



享保雛。 江戸中期。
享保雛は、面長な顔、切れ長の目、能面に似た静かな表情が特徴。

竈屋(かまや)模型。 竈屋(釜屋)は、おおきな釜で海水を煮詰める施設。


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > たけはら 町並み雛めぐり