ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 立山・黒部アルペンルートの花


立山・黒部アルペンルートの花


(2005年7月)
 
立山・黒部アルペンルート縦走のバスツアーに参加し、高山植物を見てきました。立山駅側からケーブルカー、高原バスを乗り継いで弥陀ヶ原まで行き、弥陀ヶ原の湿原と立山カルデラ展望台を散策。あいにくの曇り空で雨がすこしバラツきそうな天気だったのですが、多くの花が咲いていました。タテヤマリンドウの花がすぼんでいたのが残念。その日は弥陀ヶ原ホテルで一泊。翌日はなんとか晴れて高原バスで室堂駅まで行き、みくりが池周辺を散策。、そのあとトロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカーを乗り継いで黒部ダムまで行ってダムを見学。最後にトロリーバスで扇沢までおりました。弥陀ヶ原は1930m、室堂は2450mの高地ですが、今回は室堂の方がお花畑のように多くの花が咲いていました。ただバスツアーなので室堂のほうはゆっくり見る時間が無かったのが残念。
 乗り物がルート全体に渡って開通しているので、縦走するには非常に楽ですが、そのかわり何と人の多いことか! さらにケーブルカーやロープウェイの駅にあるみやげ物売り場は、まるででデパートの地下の食料品売り場のようで、試食のオンパレード、かしましい売り声、すこし興ざめでした。


弥陀ヶ原で見た花(2005−7−29)


キヌガサソウ(衣笠草)、ユリ科


ベニバナイチゴ(紅花苺)、バラ科


イワイチョウ(岩銀杏)、ミツガシワ科


ゴゼンタチバナ(御前橘)、ミズキ科


マイズルソウ(舞鶴草)、ユリ科


タテヤマウツボグサ(立山靭草)、シソ科


ヤマハハコ(山母子)、キク科


ワタスゲ(綿菅)、カヤツリグサ科


チングルマ(稚児車)の実、バラ科
弥陀ヶ原では実になっているが、室堂では花を見ることができた。


ニッコウキスゲ(日光黄菅)、ユリ科
別名ゼンテイカ


タテヤマリンドウ(立山竜胆)、キョウチクトウ科
雨模様だったため、花がしぼんでいた。残念!


タケシマラン(竹縞蘭)、ユリ科


クモマニガナ(雲間苦菜)、キク科



餓鬼田(大小3000個の餓鬼田がある)
立山信仰によると餓鬼道に落ちた亡者が飢えをしのぐために田植えをするが、穂はできずに枯れてしまう。


室堂で見た花(2005−7−30)


ウサギギク(兎菊)、キク科


コイワカガミ(小岩鏡)、イワウメ科


ダイモンジソウ(大文字草)、ユキノシタ科


アオノツガザクラ(青の栂桜)、ツツジ科


ミヤマキンバイ(深山金梅)、バラ科


チングルマ(稚児車)、バラ科


コバイケイソ(小梅尅吹j、ユリ科


シナノキンバイ(信濃金梅)、バラ科


ヨツバシオガマ(四葉塩竃)、ゴマノハグサ科
室堂ではもっといろいろ花が咲いていたけど、ツアーなのでゆっくり写真を撮る間がなかった。またいつか、個人でゆっくり行ってみたい。
(おわり)


 ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > 立山・黒部アルペンルートの花