ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > チボリ公園


  チボリ公園  


(2003年11月)
 大阪に出ている娘が久々に帰ってきたとき、倉敷チボリ公園に行ったことが無いと言うので久しぶりに遊びに行きました。チボリ公園が出来たときに2回ほど行ったきりですが、チボリタワーにあるコペンハーゲンの街の動く模型が印象的だったのを覚えていたので、また行ってみると、前と同じ状態で展示してありました。夜明けとともに模型の自動車が動き出し、昼間になるとバス、トラック、電車、船などの沢山の模型が動いていて街の喧騒が聞こえてくるようです。夏の昼は陽炎が、夜には花火の打ち上げまであり、見ていて飽きない。お奨めの展示です。

チボリタワーにあるコペンハーゲンの模型

コペンハーゲンの模型の画像



チボリ公園の夜景

チボリ公園の夜景の画像



 10月の3連休中だったので、園内のあちこちでいろんな大道芸をやっていました。また名画館で名優ジャック・ニコルソンのアバウトシュミットを上映していたので見てみました。定年退職になったシュミットが、妻の死、最愛の娘の結婚宣言と相次ぎ、孤独感に陥る。娘の結婚を阻止する為、意を決して娘の所までキャンピングカーで出かけますが、それが自分探しの旅でもあるのです。孤独な中年男性の心情が身に突き刺すようですが、ふんだんに盛り込んだユーモラスがそれを和らげてくれます。心に残る秀作でした。それにしても館内の座席の背もたれが非常に低く、座っていて非常に疲れてしまいました。
 
 夕方になり薄暗くなってきたので帰ることにしましたが、園内が一斉にライトアップされとてもすばらしい。その頃から入園するアベックもちらほら見かけました。
エステ荘の噴水

エステ荘の噴水の画像1


エステ荘の噴水

エステ荘の噴水の画像2


チボリという名前を聞くと、ローマの東部近郊(約20km)ににTivoliという同名の町を思い出します。ローマ古代に皇帝や貴族の別荘地があったところで、トラバーチンという岩石(ローマに数え切れないほどあるモニュメントの原石)の産地としても有名だそうです。ツアー観光ではあまり行くことが無いかもしれませんが、たまたま息子夫婦がローマに住んでいたときTivoliに連れて行ってもらいました。そこにエステ荘という古い建物があり、そこの庭園にある数々の噴水は本当にみごとでした。それらが電力ではなく自然の力で動いているのだからすごいものです。
 チボリという名称はいろいろなところにあるようで、ストックホルムのチボリ遊園地、パリのチボリ遊園地、ニューヨークのチボリシアター、宝塚のチボリホテル? 等々・・・。 これらはもとはと言えば、ローマのTivoli(昔はTiburと呼んだらしい)から来ている?
(おわり)


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP) > チボリ公園