ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トロント旅行 > バータ靴博物館 (The Bata Shoe Museum Collection)


  バータ靴博物館 (The Bata Shoe Museum Collection)  

大手靴メーカのBata夫妻が収集した靴を展示した靴専門の博物館で、現在12,500以上のコレクションがある。古今東西の靴や有名人の靴など、ありとあらゆる靴が展示してある。博物館の建物は、カナダを代表する建築家である日系カナダ人、レイモンド・森山が設計したもので靴の形をしている。
地下鉄のSt.George 駅を下車してすぐ。



博物館の入口
博物館の外観は靴の形になっている。



館内のようす。




わらじ?





纏足(てんそく)した中国の女性用の靴
纏足とは、足の親指以外を裏側に折り曲げ足を小さくすること。
唐の末期から始まった慣習で、女性は足が小さい方が美しいと考えられた。



イスラム圏で履かれていた靴




サバトン(足を保護する装甲鋼板)
甲冑の一部で足を保護する靴。1490年代、ドイツ。



宇宙飛行士が履く靴






日本の力士が履く大きな下駄



日本の神社の神官が履く靴


The Roaring Twenties(狂騒の20年代)
2012年6月まで展示


Roaring Twentiesと呼ばれる1920年代に、
若い女性(flapper)に好まれて履かれた靴。
金色の星のデザインがほどこされている(Starburst shoe)。





Arts in Shoes
2012年4月まで展示
靴に関連した15世紀〜20世紀のアートワークを展示している。

French Officer
実物の靴を用いてユーモラスな作品にしあげている。




Bramble Boot
タスマニアのGreenwoodの作品
皮を加工して木製のように仕上げたもの。


バータ靴博物館 (The Shoe Museum Collection)  おわり


   ヒロとシーのゆうゆうシニアライフ(TOP)  > トロント旅行 > バータ靴博物館 (The Bata Shoe Museum Collection))